2020年05月29日

新型コロナウイルス、104才で完治(韓国)

韓国での新型コロナ感染者の中で、最高齢である104歳のチェ・サンブンさんが5月15日に退院した。感染判定を受けて67日ぶりとなる。チェさんは数回の検査を受けて、3回の陰性結果が出たため、最終的に完治したとの判定を受けた。退院後、再感染した事例がよく発生しており、数回の検査を行ったと医療陣は説明している。

チェさんは3月10日、慶山ソリン療養院で感染の判定を受けた。この後、慶北道立浦項医療院に移送され集中治療を受けた。チェさんには喘息など基礎疾患があり、認知症状もあったためだ。若い感染者も苦痛を訴える疾病だが、チェさんは元気に治療を受けてきた。韓国日報によると、医療院でチェさんの別名は「お花のおばあちゃん」である。チェさんは、医療陣に会う度に花のような微笑みを見せていた。

医療陣も力を込めた。主治医と看護師、そして看護助務師たちは、24時間3交代でチェさんを守った。 随時話しかけ、チェさんが落ち込むことがないようにも気を使った。 5月8日の「両親の日」には、チェさんにカーネーションをプレゼントした。

退院の日、浦項医療院にはチェさんの退院を祝う意味で「国内最高齢感染者104歳のおばあちゃん完治退院、おめでとうございます。お大事に」という垂れ幕が掲げられた。医療院職員たちのお祝いと応援を受け、退院した。チェさんは療養院に戻る。


出典:ハフポスト日本版 2020/05/28
posted by Nina at 00:16| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

大きな社会変容、「ニューノーマル」

今日は5時過ぎ、我孫子では虹が見えましたね。それだけで明るい気分になる、ちょっとした良い事のようで、まだまだいいことはあると。


私達は、かつて経験したがこと無い危機に突入しているのでしょう。多くの企業が決算発表を行い、半数が企業業績を悪化させています。
リーマンショック、東日本大震災を遥かに超える経済危機が迫っていると認識しなければならないでしょう。コロナ以後の世界を見据えて、今を考える必要があります。コロナウイルスの感染者数と死亡者の数は、欧米中心から東アジアへの転換を認識させます。

 早稲田大学の平田竹男教授は、サッカーにたとえると「フェーズ1は無観客試合解禁」、「フェーズ2は国内試合解禁」そして「フェーズ3は国際試合解禁」とのこと。6月1日をフェーズ1の始まりにしていくと思います。北海道は、一度は緊急事態宣言の終了を宣言しましたが、その後、第二波の感染増加を受けいますから、結果として経済的に高いモノにつく可能性があります。まず、物の流れ、サプライチェーンの素材の生産から部品の生産、そして製品の生産、物流と輸出入が流れるようになるには、時間がかかります。さらに今回の危機を受けてサプライチェーンの再設計が必要になります。その立ち上げには、時間がかかります。特に中国に過大に依存をしていたサプライチェーンは、見直しが必須です。例えば、パソコンやスマートフォンの生産は東南アジア、インド等に拠点を分散させることになるでしょう。

 従来の小売業がコロナ危機で縮小し、雇用を減らす中で、アマゾンをはじめとするECは大量採用でビジネスを拡大しています。買い物はアマゾンで、食料品はネットスーパーです。一方、佐川に断られヤマトに取り扱いを減らされたアマゾンは、個人事業主等を活用した宅配網を充実させて、この好機をつかんでいます。ヤマトは自分の独占的な地位を過信して、個人事業主を組織するという、すでにアメリカのUberがやって見せた“すでに起きた未来”を他人事としたのでしょう。

 アメリカは雇用契約が日本と違いますので非熟練の労働者は解雇が容易なため、失業保険の申請が3000万件を超えたと伝えられています。失業率でいうと大恐慌並みです。コロナ自粛が明けても、皆が元の職場に戻れるわけではないでしょう。また農業は、季節という時間的な制約があります。この機会に企業もビジネスモデルの刷新を図るでしょう。

 リモートワーク、サテライトオフィス、シェアオフィス、ネット会議、オンライン授業、全てがコロナ危機の後の日本の日常になるでしょう。一方、社会の価値観が変わり、色々な行動、消費も変わるでしょう。混乱も生じるでしょうが、これを乗り越え新しい世界が開けます。規制緩和も進み、かつて難航した遠隔診療とか行政の電子政府化等進むでしょう。

 この間に、リモートワークで自宅で仕事が出来ることが認識されたので、日々、満員電車で通勤することなく、数回の出社ということになると、郊外の仕事部屋・書斎が確保できる大きな戸建てに住もうとする人も出てくるでしょう。今でも余裕がある人は、軽井沢に住んで、必要があれば新幹線で東京のオフィスや会議室に来る人が結構います。思い切って田舎に住むということになると、そうした地域活性化という話も出てきます。JR駅の有無は拠点の選択に効いてきますね。

 社会という人間の集団的な存在と活動がネット上に展開される社会、これは“すでに起きている未来”です。スマホは出現して10年で社会を変えました。令和に一気に進む可能性があります。ただし新しい社会や生活、コミュニティ、隣人関係は、試行錯誤で形成されていくのでしょう。前に向かい合わず身体的距離の確保、マスク着用、手洗いの3つの基本がある。



出典:俯瞰メルマガ100号(抜粋)
posted by Nina at 16:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

ロックダウンと解除、AorBプラン

緊急事態宣言解除が25日に発表された。
各国の禁止・罰金の様子をネットの画像などで見聞し、第2波がおきたりすることもあるというので、これからもチームジャパンで立ち向かって、再発防止、自身を守る感染防止の手洗いだけは気を緩めずに続けるべきは明らかだ。出歩く時は「マスク・エチケット」がもちろん望ましい。6月19日から県外への移動も解禁する考えを示された。

欧州で最も深刻な被害のイタリアは、3月10日より北部諸州からロックダウン。イタリアで要不急の事業を閉鎖するよう指示したことから、最近では経済崩壊を防ぐため企業活動再開を要望する業界団体の声が強まってきている。コンテ首相は、規制の緩和は入念な調査と科学的データに基づいて実施されるとし「世論の一部および特定の業界や個別企業、特定地域を満足させるため」に行うものではない、と述べた。その後、ロックダウンを全土に拡大した。外出は、やむをえない仕事、食料品、薬の買い出しのみしか許されず、違反したら最高5000ユーロの罰金。また、ふたり以上で出かけることも禁止。散歩やジョギングは、ソーシャルディスタンスを保つ範囲で許されたが、人があつまる公園は次々に封鎖、それでも公園の周りや川沿いに人が集りだすと、それも許されなくなった。検問にあった人は、政府発行の移動自己宣誓書と身分証明証、更に外国人は滞在許可証まで提示を求められる。

 イタリアがロックダウンすると、スペインの感染が大幅に増加したのも衝撃だった。一時的にでも、スペインがイタリアの感染者数を超えるようになったので、3月14日に外出禁止令を発令。イタリアでは4月21日に公表されたデータで、新型ウイルスによる感染症(COVID-19)を現時点で発症している人の数が、2日連続で減少した。そして5月4日から段階的に緩和、6月3日のロックダウン解除の日程に向けている。
 
 他方、3月17日フランスでのロックダウンは、生活必需品の買い物や近所での運動は例外として認めるが、外出時は理由を記した証書の携帯を義務付け、悪質な再犯者には最高3750ユーロ(約45万円)の罰金と禁錮刑を科し、それでも死者数が4月23日以来の水準を超えることもあった。そこで外出制限の解除は5月11日にした。

  ベルギーは3月18日から4月5日まで全土で封鎖措置を導入した。 外出は緊急時、もしくはスーパーマーケットや薬局、病院、銀行、郵便局、ガソリンスタンドに限定される。散歩やサイクリングなどの運動を除き、屋外での人々の集まりは禁止され、屋外での運動は他人と1.5メートルの距離を置く必要がある。

 感染者増加が食い止められない英国も3月23日からロックダウンを始めた。一時、コロナで生死の境をさまよったジョンソン首相であったが復帰、一部の措置について緩和を始めたいと述べ、10日に緩和計画の完全な声明を発表した。11日に全国的なロックダウンを一部緩和し、外出の自由を拡大するが、企業は社会的距離を維持したままでの活動回復は難しいと警告した。

 5月に近づくと、英国とイタリアでは新型コロナ感染症(COVID19)による1日当たりの死者数が3月以降では最少となってきた。
ドイツやオーストリア、チェコそれぞれ、事業や教育機関に対する制限を徐々に緩和し始めた。

  韓国のナイトクラブ関連の感染者数は計168人に増加した。

  中国の17日の新規感染症例は7件で、そのうち国内感染は吉林省と上海で国内感染計3件

 米国では西部カリフォルニア州を皮切りに21州が外出制限に関わる措置をとり、感染者数が最多のニューヨーク州は「100%在宅勤務命令」を実施。22日から薬局、食品、銀行、報道など「必要不可欠」の業種以外は、従業員や社員を全員自宅勤務させるよう義務付けた。16日には飲食店での店内飲食禁止、ジムや映画館の封鎖を命じた。

 ニューヨーク市は外出禁止令に当たる「屋内退避命令」を検討したが、州側がパニックへの懸念から反対し出勤禁止命令に。住民は可能な限り自宅にとどまるよう求め、すべての集まりを禁止。他人との距離を6フィート(183センチメートル)保つよう求めた。地下鉄やバスは「緊急で必要な時以外は使わない」よう呼びかけており、利用者は激減した。スーパーで食料品や日用品は買えるが、混雑を避けるため入場制限を実施。外出しても個人に罰則はなく、公園が多くの若者で混雑する事態も起きている。

 5月中旬ごろから、アメリカの一部の州がロックダウンを解除し始めた、感染が落ち着きをみせていることから、米国の経済活動が各地で徐々に再開されてきた。米ニューヨーク州は16日、新型コロナウイルスの新たな感染者について、大部分が必要不可欠な職業の従事者ではなく、買い物や運動、人との交流のために外出した人だと明らかにした。同州では州内10地域のうち5地域で15日にロックダウン(都市封鎖)緩和に向けた第1段階の措置が実施され、建築・製造施設の操業再開が認められたばかりだった。

つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

手洗いを続ける「新しい日常」

7週間におよぶ緊急事態宣言、残った7都県も含め全国解除との発表がありました。小池都知事は「新しい日常」ステップ1でのをお願いしますとの発言、19日まで県境を越えての都内との行き来は減らしてほしいとのこと。図書館が利用できるのは何より!あさってから、午後10時まで飲食店の開業がOK。その他、業界によっては感染の再発がないのを見て段階的に解除。

自粛解除後も、手洗いが重要です。感染する可能性の要所を抑え、きちんと続けていれば、神経質になることはなさそうです。

神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授が「どこにでもウイルスがいる前提で考える」で、どこかを触ったらアルコールで手指消毒をすれば大丈夫と説明しています。もし外でウイルスと接触しても、自分の手に付いているウイルスさえ死んでしまえば、目をこすったり、鼻を触ったり、ものを食べたりしても体内にウイルスが入ることはありません。アルコールで消毒でコロナウイルスは、すぐに死にます。ですから、どこにウイルスがいても結局は手指に着けていないなら関係ないです。コロナウイルスの場合は麻疹とは違い、飛沫の飛距離はせいぜい2メートルぐらいですから、感染をブロックすることは容易です。

床とか机とかからとウイルスが舞い上がることはない。例えば床にウイルスが付いていても、別に靴の裏を舐めたりしなければ感染しないわけです。靴にくっついてるウイルスが口まで飛んでくることはないですから。そこをちゃんとイメージできると、ウイルスにどう対処すればいいか正しく判断ができるようになります。街で普通に日常生活を送っているとスーツやシャツにどんどんウイルスが付いてしまう、という心配をする必要はありません。

ですから、症状が軽いか無症状の感染者は、病院に入院するのではなくて自宅で療養していてください、という方針がようやく取られるようになりました。その場合、感染者が脱いだ服にはウイルスが付いている可能性がありますが、ウイルスは熱湯で死にますので、熱湯に漬けて5分くらい置きましょう。その後は普通に洗濯機で洗濯しても大丈夫です。

例えば、医者は重症の患者の治療をするので新型コロナウイルスの患者さんを診るときにはガウンを着て、手袋をしますけど、靴は普段の靴のままで、履き替えません。履き替えると、むしろ、靴を脱ぐ行為のほうがウイルスに触ってしまうリスクがあります。要は、目鼻口につけぬよう、手指さえ清潔にし続けていればいい。

家の中の消毒をどこまでやればいいか、気になっている方も多いと思います。消毒したいのなら、手すりやドアノブなど手で触れるところを中心にして、床は普段のとおり掃除すればいい。見た目がきれいであればそれでいいでしょう。それよりも、手指消毒さえしっかりしていればどこを触っても問題ないので、家のドアノブをきれいにするという発想よりは、手指消毒をしっかりするという発想のほうがより正しいんです。

むしろどこにでもウイルスがいる前提なので、範囲が広すぎて全部は出来ないなら、効率よく手指消毒をして、鼻や口には触らないようにすることでリスクをヘッジしたほうが、疲弊を避け、より旨いやり方なんです。

上記は、『新型コロナウイルスの真実』(KKベストセラーズ)

全く症状のない感染者のケアのためにまで、たくさんの看護師や医師が目を血走って、寝不足で働かされている。そのせいで彼らが体調を崩したら、本来医療を受けるべき患者さんだって困りますよね。だから、やらなくていいことはどんどんやめて、意味のあることにリソースを集中したほうがコロナ対策でも正解なんです。



出典HP:
https://toyokeizai.net/articles/-/347664つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

新型コロナウイルスはどのように感染するのか

◎峰宗太郎氏は医師(病理専門医)、薬剤師、博士(医学)。京都大学薬学部、名古屋大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒。国立国際医療研究センター病院、国立感染症研究所等を経て、米国国立研究機関博士研究員。専門は病理学・ウイルス学・免疫学。
ワクチンの情報、医療リテラシーを詳細なレポートにWeb公開していたので目次をご紹介しておくので、下記掲載のURLから気になる項目をチェックしてみて欲しい。

・今回の新型コロナウイルスの名前について
・そもそもコロナウイルスとは
・コロナウイルスの性状
・新型コロナウイルス SARS-CoV-2 の設計図(ゲノム)の構造と成分
・新型コロナウイルスSARS-CoV-2の細胞への侵入の仕方
・新型コロナウイルス SARS-CoV-2 はどこからやってきたのか
・新型コロナウイルス SARS-CoV-2 の感染力について
・新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の重症化率と致死率


参照HP:https://news.yahoo.co.jp/byline/minesotaro/20200421-00174406/


◎日本総研でも、新型コロナウイルスの日本の公表死亡率が大幅に低下する可能性について興味深い調査論文を公表している

参照HP:https://news.yahoo.co.jp/byline/minesotaro/20200421-00174406/
posted by Nina at 02:36| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

解除後、スペインは第二波の可能性

スペインの感染者数は5月14日時点で累計22万9540人。世界で2番目に多い。
ただ、集団免疫を獲得するには十分な水準ではなく、感染拡大抑制策が順守されなければ、5月2日の解除後、感染拡大第2波が懸念されている。

スペイン外務省筋はこの日、政府が感染の第2波回避に向け、7月まで国外への渡航を制限する計画を明らかにした。スペインは3月半ばの非常事態宣言以来、フランスとポルトガルとの国境を閉鎖している。

スペイン保健省は14日、新型コロナウイルス感染症による死者が217人増加し、2万7321人になったと発表した。死者数は前日の184人から増加し、8日以来初めて200人を上回った。保健省の緊急警報調整局のフェルナンド・シモン局長は、死者増加の理由は不明としながらも、新たな死者の半分以上がカタルーニャ州に集中していると指摘。「死亡日時を特定し、実際に新たな死亡例だったのか、過去の死亡例が遅れて報告されたのか調べている」と述べた。

スペイン保健当局が13日発表した新型コロナウイルス抗体検査で、全国から抽出した6万人に対し実施した抗体検査の結果から、4500万人の人口の約5%に当たる230万人が新型ウイルスにすでに感染した可能性があることを意味し、公式発表の感染者数の約10倍に相当する。

また、フランスは、累計の死者数は米国、英国、イタリア、スペインに次いで世界で5番目に多い。増加ペースは4日ぶりに鈍化したが仏保健当局は、同国の新型コロナ感染症による死者が前日から83人(0.3%)増え、2万7074人に達したと発表した。


出典:Reuters/NACHO DOCE(5/14)
posted by Nina at 23:47| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

日本の感染致死率が注目

 百年前には、米国が感染源ではないかと言われるが、戦争していた国ではデータを明かさなかったため、当時に交戦国ではなかったスペインでの記録によって、スペイン風邪と称されて、パンデミックになるまでの経緯が語られるようになった。現代は、世界 中に感染症が拡大することを警告し合うが、広まりを止めることはできないので、「新しい生活様式」を実践していくことに尽きる。
 
 厚労省が公表している「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」(4月30日版)の数字で計算すると、致死率はイタリアが13・6%、イギリスが15・8%などとなる。一方、季節性インフルエンザの致死率は0・1%程度といわれているので、新型コロナは、感染症としては、むしろマイルドな部類に入ってしまう。29日時点での新型コロナウイルス感染症による都民の犠牲者は117人なので、致死率は0・016%。伊英と日本とは相当の違いがある。

 そこで、都内のクリニックが希望者200人を対象に抗体検査を実施した例をみると、陽性率が5・9%(一般市民4・8%、医療従事者9・1%)だったという記事が4月30日付の東京新聞朝刊に掲載されていた。このデータを東京都の人口は約1400万人に当てはめると、一般市民に限っても、約70万人がすでに感染していた計算になる。集団免疫という点に到達したのか、それを確認するためにも、広範な抗体検査を実施しないと何とも言えない。

 中国・武漢で謎の肺炎が発生したのが昨年11月下旬。米国では1月21日にワシントン州で 初の感染者が判明した後,2月2日に中国からの入国を禁止にした。しかし、米国が欧州からの入国 を禁止にしたのは6週間後の3月16日で,昨年12月から本年3月までの間 に300万人が欧州から入国していた。同じ時期、ヨーロッパにも中国人観光客が押し寄せていた。

 たとえば、イタリアと日本での結果を見ると、相当な違いが出ている。イタリアにしても中国人旅行者数は2019年で320万人/年であり、日本の3分の1強でしかない。武漢からの空港別旅行者数ランキングも、日本の成田(第3位)、関空(第7位)に対し、イタリアの空港はトップテンに入っていない。イタリアへの中国系移民は32万人と日本の約半分に過ぎない(2018年)。中国人の数は日本と比較では少ないのだ。

 日本では、ほとんど無警戒のまま、旧正月「春節」を含む昨年11月〜今年2月末の間に184万人以上の中国人が来日したとの推計もある。日本の中国からのビザ発行停止は3月9日であった。これだけの中国からの来訪者の数からすれば、イタリアより日本のほうが多くが感染していたはずなのに、結果はそうなっていない。そこで、ウイルスの毒性が弱いコロナウイルス時点で感染になったため、ほとんど無症状の免疫を獲得して、集団感染になっていたのではという説も出ている。

 その他にも、BCG(結核ワクチン)の接種の際の元株により摂取した日本やアジアの国でも新型コロナの死亡率が少ない。
 日本は、日清戦争の頃より、外地への派兵で感染病に罹患する兵士が増えたので、公衆衛生の基礎がしっかりとある。
 また、欧米では肥満が原因となる糖尿病や高血圧といった慢性疾患は新型コロナの重症化リスクになり、肥満の人は集中治療室に入院するリスクが高い。肥満度(BMI>30)を比較すると、アメリカ37・3%、イギリス29・5%、イタリア22・9%。一方、日本人はわずか4・4%、である等から、いくつかの仮説が立てられている。

 
参照:日刊ゲンダイ(5/8 長浜バイオ大学医療情報学・永田宏教授)
  つづき
posted by Nina at 21:38| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

手洗い強化の好影響か、その他の感染症激減

  政府は21日、「直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり0・5人程度以下」との緊急事態宣言の解除の目安が示した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を継続してきた8都道府県のうち、新規感染者数が大幅に減少している大阪、京都、兵庫の近畿3府県で宣言を解除した。残る東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の5都道県の解除の可否を25日にも判断する考えを示し、31日までの期間を待つことなく解除すると表明した。 

 一方、埼玉県衛生研究所のまとめで、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、3月ごろから県内で他の感染症にかかった人が例年に比べて大きく減っていることが判明した。インフルエンザなど感染者数が多い18の「定点把握対象疾患」について、地域別の数字を毎週公表している。患者数が多く、比較しやすい六つの疾患を見ると、3月から目に見えて減り始め、4月は落ち込みがより顕著になっている。担当者によると、溶連菌は例年、夏休みの時期に減少するという。担当者は「臨時休校で子供たちの接触感染が減ったことも一因では」と話す。

 例えば感染性胃腸炎の第14〜16週(3月30日〜4月19日)は、2019年の3637人に対し20年は792人と4分の1以下に減少した。同期間の他の疾患では、水ぼうそう98人(昨年同時期222人)▽RSウイルス21人(同191人)▽溶連菌(A群)467人(同1202人)▽りんご病38人(同421人)と、いずれも大きく減っている。

 インフルエンザも54人(同1413人)と大きく減っているが、国内で新型コロナが話題になる以前の1月からすでに減っており、第4週(1月20〜26日)は4335人で、昨年同時期(2万1527人)の5分の1程度だった。国の分析がまだなされておらず、はっきりした要因は分からない。担当者は「小児感染症の多くが例年に比べ少ない。手洗いなど、それぞれの感染症に共通した感染予防策の効果があるのでは」と言う。また新型コロナの感染拡大で、国や県は受診前に電話相談するよう求めていることから「病院へ行く人そのものが減った可能性もある」としている。


 日本は、常に災害に見舞われる地形にある。火山噴火、地震、津波、台風、洪水、島国のどこでも何らかの自然災害に見舞われる、超危ない島国だ。しかし、山から流れる水は豊かで、木々が田畑が潤い、海に波の音が聞こえ、流氷が流れ、珊瑚礁まである、自然の変化に富んだ良さと、温泉が楽しめる。自然の驚異に頭を垂れ、そして、もたらされる数知れない恩恵にも感謝してきた。他の国にはない絶え間なく訪れる地震や自然災害の住みにくさと、それでも徒然に気まぐれに「自然な良さ」に遭遇するので、常に不安を抱え、明日の天気に左右されて、真面目にやるしかないと考えるようになっている、のだと思う。

 31日まで、そして、その後も、ガンバレNIPPON !!つづき
posted by Nina at 11:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

どんでん返しの定年延長

東京高検の黒川弘務検事長(63)が賭けマージャンをしていた疑いがあると週刊文春が20日にインターネットで報じた。
また、朝日新聞社は20日、同社の50代男性社員が黒川氏とのマージャンに参加していたとして「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられた状況下でもあり、極めて不適切な行為でおわびする」とのコメントを出した。

自民党幹部も「賭けマージャンは駄目だ。辞めざるを得ないだろう」と話した。自民党の中谷元・元防衛相は、取材に「事実であれば、政府が国民に自粛をお願いした期間中の行為で言語道断だ。直ちに辞職してほしい」とした。東京都では一人でも感染者を少なくするよう、三密にならないように自粛生活を度々お願いしていたし、安倍総理もマスクで国民に不要不急でなく出歩く事、集まる事は極力しないようにとお願いしていた。

与野党から事実であれば辞職すべきだとの厳しい指摘が相次いだ。公明党の石田祝稔政調会長は20日の記者会見で「事実であれば、職務を続けられる話ではない」と述べている。検察中枢からも辞職は不可避との声が出ている。

女性記者の連日の張り込みでのスクープだと言うのだから、証拠になる状況写真も撮ってある。
検察庁法改正案も、コロナ禍で攪乱されて、他の新聞見出しに国民が目もやる間もない中でも、この件は進み、森まさこ法相の答弁が終って、採決か、という時に500万ツイートがメディアに報道された。その影響もあって衆議院内閣委員会は、休憩中に野党による武田良太・国家公務員制度担当相に不信任決議案提出で先週末は散会、 採決は今週にもということに、となっていたところだったが・・・。



posted by Nina at 18:47| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3502)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)