2019年10月30日

世界に評価される日本女性、緒方貞子さんの功績

人道支援に尽力した緒方貞子さんが亡くなったことが、29日に明らかになった。92歳だった。
緒方さんが2003年から9年近く理事長を務めた国際協力機構(JICA)によると、緒方さんは今月22日に亡くなった。
緒方さんの講演を聴講する為に、「女性のための政治スクール」という講座に参加したことがあり、大変に感銘を受けたことを思い出す。

緒方貞子さんの活躍ぶりは、当時に内戦状態であったサラエボに防弾チョッキ一枚で視察にいくというようなそれまでの高等弁務官の発想にない、仕事をされた映像が象徴的です。女性初のUNHCR (国連高等弁務官)となり、日本の知的エリートとして、留学経験、博士号を取得、大学教授として指導するそれまでの経歴がありながら、高級官僚の椅子の一つであった難民高等弁務官事務所を難民保護実行組織に作り替えてしまいました。当時天下り的、官僚的だった組織をぶちこわし、難民救済に真に貢献できる機動力のある組織に生まれ返させた功績は非常に大きいと評価されます。

サラエボに降り立ち現地視察をして、援助物資を決めたのも彼女、クルド難民の問題で「国内難民」の定義を世界ではじめに作ったのも緒方さん(当時難民とは国を追われた人間しか援助を受けることができなかった)これらの彼女の行動には当初は国連内部からすごいバッシングがありました。現場主義・実践主義で先進各国政府に働きかけて予算を取る、難民保護の現場が各国派遣軍司令官の思惑などで制限を受けると、乗り込んでいって、直接交渉し、現地の難民高等弁務官事務所スタッフが思いっきり活動できるような体制が取れるようにしたりするなど、それまでの男性が成せなかった組織改正をする上で先頭にたって実践されました。10年の任期後、世界は彼女の貢献に敬意を示しました。特にヨーロッパの知識人に彼女の名前を言えば、たいていの人間は知っている人です。
日本メディアによると、葬儀は29日、東京都内の教会で営まれた。親交のあった上皇后さまも弔問に訪れた。



参照:BBC ジャパンNews
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

八千草薫さん逝く

日本の理想の女性”と呼ばれ、24日に88歳で亡くなった女優、八千草薫さん。 清純なマドンナから優しい母親、上品なおばあさん役…。年齢とともに役柄は変わっても、可憐で初々しく、かわいらしい笑顔は終生変わらなかった。“

 昭和6年、大阪に生まれた。幼い頃は体が弱く、空気の良い兵庫・六甲山麓の祖父の家に預けられた。大阪のミッションスクール在学中に終戦を迎え、宝塚歌劇団に入団した。

 清純派の娘役として「源氏物語」などの舞台で評判を取るかたわら、映画「宮本武蔵」にお通役として出演し、その清楚な容姿から人気を博す。32年に宝塚歌劇団を退団すると、映画だけでなくテレビドラマや舞台にも引っ張りだこの存在となり、夫を支える楚々とした「理想の妻」「理想の母」を演じることが多くなる。日伊合作映画・蝶々夫人にも出演して、その可憐な日本女性の姿を西欧世界に印象付けた。

 40代になっても、マスコミの取材にはにかんだ様子を見せることも。スキャンダルはゼロ。幅広い世代から支持され、ある企業が行った「好きな俳優」女優部門のナンバー・ワンに選ばれたこともあった。

 その後も母親役、おばあさん役として映画、ドラマには欠かせない存在となり、80歳を過ぎ、たて続けに映画に主演する。産経新聞の「朝の詩」の投稿で話題となった“100歳の詩人”柴田トヨさんを演じた映画「くじけないで」では、「その役が好きになって、何となく自分の中に溶け合ってくる」と役作りの極意を口にしていた。平成29年には連続ドラマ「やすらぎの郷」で戦前からの大スター役を好演した。

 私生活では昭和32年、映画「乱菊物語」(31年)に出演して出会った19歳年上の映画監督、谷口千吉氏と結婚し、生涯、「先生」と呼んだ。一緒に山登りを楽しむなどおしどり夫婦として知られた。平成19年、50年連れ添った夫と死別。

 29年暮れには膵臓がんが発覚し、翌年1月に手術を受ける。術後の経過は順調で、舞台「黄昏」の主演などをこなしたが、31年に再発。主演の予定だったテレビドラマを降板した。治療に専念し、「帰ってまいります」と誓っていたが、希望はかなわなかった。

 所属事務所によると、八千草さんは亡くなる前日も食事を取り、テレビドラマや政治の話などをし、当日も看護師の問いかけに応じていた。「お別れの会」などは未定だが、八千草さんは「開かないでほしい」と話していたという。

 年末公開の映画「男はつらいよ」の新作には47年前の八千草さんも登場する。山田洋次監督は28日、「僕たちの世代にとって若い頃から長い間、心の人であり続けた。(新作に出てくる)八千草さんの美しいクローズアップを通じて、お別れを言ってください」と語った。


posted by Nina at 01:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

我孫子でレモンが実る秋!!

つくし野の街並みを歩いて見ていると、レモンが実っているお宅が2軒もありました。
やはり気候変動の影響でしょうか。
例年の我孫子の選挙は夏の終わりから秋も深まる頃となるので、10月後半はコートが必要だったりするのですが、今年は朝夕の駅頭でさえ、ホカロンも要りません。

DCIM0200.JPG
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

ラ・カンパネラ

フランツ・リストのピアノ曲「ラ・カンパネラ」は、独奏曲として大変にゆうめいです。ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれたということです。名前の Campanella は、イタリア語で「鐘」という意味である。

posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

我孫子「いいね!」

CIMG4758.JPG

CIMG4764.JPG
我孫子ショッピングセンターのセントラルコートの傍のコーナーには我孫子の和菓子店・福一(湖北本店)もあるので、時々、お土産などに買っている。新作「我孫子ジェンヌ」のパッケージデザインが、和の感じを文字で印象付け、深紅のバックの色に引き立ち目を引きます。米粉をもちいて、あんこをあしらった洋風の感じの和洋菓子。そのほかにも、我孫子にこだわった「うな吉さん」など、和菓子らしい意匠をこらしが我孫子の味わい、楽しいエントリーが加わって「いいね!」です。

こうして、地元を素敵にアピールしてくれる美味しさがどんどん創作がされると、仲間、友人らと集まりも豊かになり、秋の語らいも深まっていきますね、

「いいね!」がいっぱいの街、嬉しい秋、小さな秋みつけた〜♪ ちょっと、ご紹介まで。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

徴用工問題に韓国研究者が異論

東京都内で10月6日、シンポジウム「韓国『徴用工』問題の真実」が開かれた。

注目は、韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究員が動画で講演したことだ。李氏は、国連で「朝鮮人が奴隷のように使われたという主張はまったくのウソ」と発表した人物である。李氏は、徴用工は「合法的な戦時労働者」だった。基本的に賃金は成果給で、日本人より朝鮮人の賃金が高い場合もあったと説明した。そのうえで、「『労働環境においての民族差別』という主張は、多くの経験者の証言に反している」「反日主義的先入観に基づく主張は事実と合っていない」「生活はとても自由で、夜通し花札をしたり、仕事が終わると市内に出かけ、飲みすぎて次の日に出勤できないということもあった」などと解説した。

韓国および日本の一部政党やメディアは「徴用工=奴隷労働」のようなイメージを吹聴するが、李氏の調査研究では「歴史的事実とまったく違っている。誇張を超えて歴史歪曲、強く言えば『捏造』といえる」「(日本企業に支払いを命じた韓国最高裁の判決は)明白な歴史歪曲によって発生した、とんでもない判決だ」と断言した。

シンポジウムを主催した1人で麗澤大学客員教授の西岡力氏は「日本は歴史認識に踏み込んだ国際発信が足らない。『日韓請求権協定で解決済み』というだけでなく、『徴用工は強制連行、奴隷労働ではない』という歴史的真実を広く伝えていくべきだ。韓国側が最近、しきりに提案をしてくるのは、日韓関係の悪化で自国の不利益が大きいと分かった。」という。韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は、いわゆる「元徴用工」問題の解決策として、日韓両国の企業や個人からの寄付を集める基金設置という私案を出したが、文議長の妄言が基礎となっおり、文議長が示した基金設立に、日本政府や企業は応じてる必要はないとの判断を示した。


出典:産経デジタル(11/8)





posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

カフェ・風

つくし野コミュニティーホールのある2階に讃岐うどんの美味しいお店がオープンしました。

DCIM0158.JPG

DCIM0159.JPG
行ってみてください、なかなかお洒落な作りのお店で、ゆったりできますよ(#^.^#)

DCIM0110.JPG

DCIM0160.JPG
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

まつりごと

海外の人と話をしていると、結構、政治の話に なることもたくさんあります。
ところが、日本では、 なんとなく政治の話はタブーだったりする。

おかしい。
自分の国のことなのに。
自分たちに関係あることなのに。

でも、かつてのわたしも立候補などとは考えも及ばなかったが
出馬への決断、周囲からの了解、そして当選に向けての準備がいかに
大変なことか知ってみると、 政治なんてまったく無関心などと言わないで
一人でも多くの人が投票してくれるよう願いたい。
政治は無関心でいられても、私たちの生活に関係しているのだから
政治の成り行きを無視することは自身が不利になるということもある。

そこで、「どうしたら、楽しく政治に興味を持って もらえるか」
初当選以来、わたしの一大テーマでもある
なぜなら、我孫子ですら半数の人が選挙に足を運ばなくなってきた。

地域の課題が地元の議会・行政と関わっているのだから
みんなで考えようとの意識を持ってもらい、政治が生活に直結しているのだと
大事な選択なのだと、特に18歳の新有権者に棄権しないで投票所に行ってくれるよう
学校や地域で意識喚起して欲しい
posted by Nina at 15:53| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

我孫子駅前事務所

我孫子駅北口至近に、以前よりお願いしておりました物件を選挙事務所を貸して頂けることになりました。

通りがかった少年とお母さんとも気軽にお話(英語)できたり、色々な人が通るので事務所に最高の場所です。
DCIM0259.JPG

駅周りを見て観ると、ガールスカウトの駅前美化活動の案内板をみつけて、さすがと感心でした。

私どもも、事務所内および周囲の清掃に心掛けています!!

DCIM0275.JPG
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

日本、フィンランドの出生数の減衰

厚生労働省が発表した人口動態統計によれば、2019年1月から7月の日本の出生数は前年同期比5.9%減の51万8590人で、今年の出生数は90万人割れする可能性が高く、予想していたよりも、少子化のスピードが加速している。子どもを産みたいと考える人に対してのアプローチ(子育て政策)が充実していても、そもそも国民が「子どもを欲しい」と考えなければ、その政策も意味がない。「少子化」という現象の裏に隠された男女格差、将来への雇用不安など、別の社会課題がよりクリアに見えて、少子化改善の手がかりがそこにはあるかもしれない。

女性たちは結婚・出産適齢期の25歳を超えては出産不利の強迫観念からも解放され、男女雇用均等法で男性と同様程度に経済的に自立できる選択が加わった。社会の風潮であった結婚か仕事かの選択も迫らなくなって、25歳を超えても結婚しない世間の風あたりも今や無風になり、30歳を超えても出産が可能だと当たり前に思うようになっている。しかし、20代での妊娠出産、育児が母体には有利であっても、さほどに子どもが欲しいという感情は滅多に起きない。このような考えの男女が増えているならば、まずはその声を改めて聞いてみるのが大事かもしれない。


北欧のフィンランドは国連の幸福度ランキングで2年連続トップを維持している国で、これまでも高福祉の国として子育て政策には力を入れてきた。2002年から2010年まで順調に出生数を伸ばしていたが、その後、急減している。ある研究者によれば、フィンランドは「ヨーロッパの新しい日本」になりつつあるという。フィンランドの大手メディア、ヘルシンギン・サノマットは「少子化が進みすぎて、近々人間の出生数よりも子犬の出生数が上回るだろう」と予測している。福祉の充実したフィンランドが、今また少子化傾向になってているのか、食い止められない少子化の波はなぜ起きているのか。フィンランドで3人の専門家に話を聞いた。

比較社会政策を専門とするヘルシンキ大学のヨハンネス・カナネン准教授が、 少子化の理由として指摘したのは、「見えない将来への不安」だ。「短期的な雇用形態が将来の計画を立てにくくしている」と警告する。フィンランドでは、日本よりも雇用の流動化が進んでおり、契約形態も多様だ。契約社員の数も多く、1年未満の契約もある。その場合、自分が1年後にどのような仕事についているのか、そもそも就労しているのか、予想することが難しい。子供を産むことの経済的、時間的負担を考えると、ある程度安定した仕事についているほうが産みやすいのだろう。

次にアンティ・カウッピネン教授は、ヘルシンキ大学で政治哲学を専門としている。
「フィンランドでは、個人主義を重んじる傾向があり、多くの人が出産するかしないかを選択できるようになったことで、子供を持つことよりも個人としての幸せを追求する人が増えたのではないかと考えられます。女性も『母親』以外の選択肢をとる人が増えています。自分の人生を子供に左右されたくないと考える人が増えているのでしょう」つまり、経済的負担の軽減策があっても、独身でいるほうがワークライフバランスをとりやすい。しかし、同じ働きをしていても、フィンランドの女性は男性の84%しか稼ぐことができない。また、高齢者の介護や子育ても母親に任されることが多い。家事に割かれる時間は女性が3.5時間に対して、男性は2.5時間だ。日本よりも圧倒的に男女格差の少ない国ではあるが、まだまだ乗り越えるべき壁は高いことがわかる。自分1人だけの生活をコントロールするほうが、まだ幸福度が高いのではないかと考えられているのだ。

フィンランドは男女平等格差指数ランキングでも常に上位を維持している。今年6月に発足した内閣は19人中11人が女性で、初めて男性閣僚の数を上回った。
ヘルシンキ大学のマルユット・ユルキネン教授によれば、「男女格差の課題はそれでもまだ存在する」という。そして、「その格差が出生率の低下に影響を与えているのではないか」と指摘する。フィンランドでは、妊娠すると、子育てにまつわるありとあらゆる相談を受けられる「ネウボラ」施設が用意されていたり、赤ちゃんに必要な1年間の育児用品が揃った「育児パッケージ」が各家庭に送られてきたり(不要な人は現金支給)、保育園にも待機することなく無償で通えたりできる。子供が欲しいと考える人の経済的負担を減らすための施策が充実している。しかし、子供を育てることでの生活の変化は、経済的負担の軽減だけでは補えきれないものがある。子供を持つことをさしあたって必要ないと判断するか、人生の大きな喜びと捉えるかは、文字通り個人の自由な選択となっている。


参照:Forbes HP



つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)