2020年01月24日

韓国高校生ら反日教育に対抗の声をあげる

 文在寅政権の反日的な挙動が続く中、ソウル市の仁憲(インホン)高校の生徒が、「学校から反日行為を強要された」として抗議するという異例の事態が発生した。同校の生徒150人はソウル市教育庁に「学校の監査」を求める請願書を22日、提出。さらには、生徒らが学校の「反日教育」を批判する会見まで開き、韓国内でも大きな話題となった。

 今回、同校3年生で、生徒たちが立ち上げた団体「仁憲高校学生守護連合」の代表である金花浪君とスポークスマンの崔仁鎬君の二人が初めて日本メディアの取材に応じ、弁護士同席のもと、反日教育の実態を赤裸々に語った。

韓国の高校生が学校の「反日教育」に対して史上初の集団行動を見せた。

学生たちはこれに関して「学校で行われている価値観と良心の自由を抑圧する教職員の行動は学生の人権を踏みつぶす暴挙」として学生人権に対しても問題を提起し、反日教育に対して、「史上初」の団体行動を始めた。

「先生はチョ・グク法相の疑惑関連ニュースは全てフェイクニュースだと言っていた。」「授業中に文大統領が嫌だと話したが、先生は大統領が好きなのに、君はもしも極右なのか、などと言っていた」との証言も出ている。

3年生が中心になっている理由に関して、「恥ずかしいが、今まで大学入試に影響が及ぶ『生活記録簿』の記載が終了することを待っていた。記録簿は教師が作成するので、何等かの不利益があり得たので、3年生に対する記録簿の記載が終了した今になって、ようやく抗議が出来るようになった」と言っている。

◆ ◆ ◆

崔 あの光景には目を疑いました。

「安倍自民党は滅亡する!」

「日本の経済侵略に反対する!」

 2019年10月17日、僕たちの高校で開かれたマラソン大会で、生徒たちが口々にこう叫び始めたのです。断っておきますが、これは生徒が自発的にやった行動ではありません。先生からの強要です。反日スローガンの書かれたポスターを持たされ、大声で叫べと言われ、従わざるをえなかったのです。

金 マラソン大会は1、2年生が参加した行事ですが、疑問に感じた後輩が動画を撮影していて、僕たちに相談をしてきたのです。動画を見た僕と仁鎬はすぐに抗議の声を上げることを決意しました。

 僕たちが通う仁憲高校では、反日行為の強要が日常的に行われてきました。先生たちは社会通念上、決して許されないことを言っても、それが反日を煽るものであれば、全て正しい教育であるかのように振る舞ってきた。仁憲高校は教師の支配下にある、「反日マシーン養成所」なのです。ここで僕たちが声を上げなければ、被害を受ける後輩たちがどんどん増えてしまいます。



出典:文芸春秋1月号
    ヤフーNews(10/23)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

カメムシはミント嫌い

 我が国では減反政策に伴い品質が重視され、斑点米を含む着色米は0.1%を超えると二等米、3%超 で三等米、0.7%超で規格外にされる。我孫子市の新年度予算でも、カメムシ駆除にドローンを使っての予算(1.8千万円)が組まれ、3月議会に上程される。

 カメムシによってもたらされる斑点米被害は、米の価格に影響するため最重要課題の農業害虫である。近年特に カメムシが増加した原因 としては、@冬季の温暖化による越冬個体の生存率の増 加、A夏季の高温小雨による個体群増殖率の向上、B休耕地・雑草地の面積増大、C人手不 足により草刈りが実施されないこと等が指摘され ている。最近の斑点米カメムシの発生面積率は全国で約 3割、延べ防除面積は全水田面積とほぼ同等である。防除費用は殺虫剤だけで年間200億円程度と推測される。稲作に影響を与えるカメムシは60種以上を数え、駆除につか農薬も違うため研究がいる。

 京都府南丹市園部町の園部高の生徒が、京都先端科学大主催の高校生論文コンテストでカメムシ駆除に関する研究を発表して1月に「バイオ環境最優秀賞」となった。丹波2市1町に住む同高2年生の6人が1年生の時に理科の課題研究で取り組んだ論文を提出した。 青森県などから33点の応募があり、選ばれた。
  
 論文では、校舎周辺でクサギカメムシを捕獲して生のピーナツを餌に飼育し、生徒の親類が栽培したスペアミントを使って2018年秋に実験。プラスチックカップの底に半円のろ紙2枚を敷き、片方にミントを水蒸気蒸留した液体や試薬に漬けた溶液を染み込ませた。3匹のカメムシを入れ、ミントを避けて移動するかどうか、30分間、5分おきに位置を調べた。結果、カメムシはミントを染み込ませた部分を避けるように動くことが多かった。さらにミントの匂いの主成分のカルボンで実験すると、さらに強い忌避効果を示したという。
 
 校舎で捕獲したカメムシがミントの匂いで逃げるかどうか実験した労作に対し、「稲作被害を与える害虫を簡単に手に入る材料で駆除したいと課題設定し、手探りの実験を通して解決を試みている」と高評価を得た。し

 我孫子市は農薬のヘリコプター空中散布を中止していることもあって、市民生活への健康被害を減じてきた。農家は手作業で駆除努力をしてきたが、各戸で労働力が落ちてきて、ドローンによる新たな取り組みに目を向けているということだ。


参照:京都新聞(1/19)
posted by Nina at 08:49| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

あびこ市制50周年記念 年賀状当選番号

https://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/50th/50th_nenga.html

市制施行50周年記念事業の広告付年 賀葉書の当選くじが発表されました。

令和2年が市制施行50周年にあたるため、 市の魅力を伝えるデザインを配し、15万枚制作しました。 市のシンボル手賀沼の湖畔に建つ「水の 館」と湖上に吹く風を切り走るヨットが写り、 水と緑にあふれる風景としました。料額面の下には、市マスコットキャラクター「うな きちさん」がデザインされていました。 また、市独自のお年玉くじを設け、オリンピックの入場券や我孫子産の新米など景品がお得なものばかり、年賀状の中にあびこ年賀状がないかもチェックしてみてください。

今回の市制50周年記念はがきには、市の予算が 2,262千円(広告料)かかっています。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

チバニアン、晴れて国際的登録が決定

千葉県市原市の養老川沿いには、約77万年前、地磁気(N極・S極)が最後に逆転したことを証明する地層がある。この地層が、地質学の国際的な基準に登録され、約77万年前〜12万年前までの地質学上の時代を「チバニアン」と命名することが決定した。

<経過>
2017年6月:「国際地質科学連合」の専門部会(一次審査)申請し、模式地に選出された
2018年10月:国の天然記念物に指定
2019年11月:第三次審査を通過
2020年1月:最終審査を経て正式に認定

前から市原市はチバニアンは天然記念物として保存する予定であり、2019年に市有地として自由に立ち入れるようにしようと、民有地2万2500平方メートルを持つ地権者約30人に対し、買収の交渉に入った。ところが、155平方メートルを持つ地権者から、計画に反対する楡井久・茨城大名誉教授(地質学、土壌調査)が代表を務める「古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会」(香取市)は1月には足場の悪い千葉セクションの模式地へのアプローチにコンクリートブロックなどで階段を設置し、天然記念物指定を目指し慎重になっていた市原市は困惑した。月5千円の賃料で10年間の賃借権を設定したため、6月にはこの協議会と交渉するよう市に通告していた。

今回の申請者の茨城大や国立極地研究所などの研究チームは、申請時には千葉セクションだけですべてのデータをそろえ、専門誌に掲載された査読論文に基づいてに「第四紀更新世前期・中期の境界地層の国際標準模式地(GSSP)」として申請していた。 これに対して、その以前から長年にわたる調査を続けてきた楡井氏らは、申請前の2015年に千葉セクションで十分なデータが取れなかったため、研究チームが2キロ先の地層のデータを使って補強した今回のを申請について、捏造/ドーピングなどとして「チームの論文に改ざんがある。チバニアンを認めない」とメールをイタリア学会などに送って告発していた。

昨年9月までに審査の手続きに入らないと、時間切れで計画が白紙に戻る可能性があった。国際地質科学連合が認定すれば、露頭にゴールデン・スパイク(金の杭)が打ち込まれるが、認定不可能になればライバルのイタリアの地層の時代が「イオニアン」として認定されるか、あるいは白紙となる可能性もあった。そのため、菅沼悠介・国立極地研究所准教授は「専門家による科学的審査は終わり、問題がないと認められている」と説明。また、申請チームの岡田誠・茨城大教授(天然記念物認定委員会の委員長も兼務)は「認定されなければ科学にとって大きなマイナスだ」と訴えて、「古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会」からの指摘は事実無根とのチームの反論を学会側が認めて、申請手続きを再開した経緯があった。

それまでの研究で地球は、過去何回も北極と南極の地磁気の逆転が起きたことが知られている。そのたびに氷河期などの気象変動が起きたとの説もある。その最後の地磁気逆転現象が起きたのは約78.1万年前とされ、その境界は現在〜約78.1万年前まではブリュンヌ期(正磁極)、約78.1〜約258万年前までを松山期(逆磁極)と呼んでいる。M-B境界とは、2人の地球物理学者、松山基範とベルナール・ブリュンヌの名前にちなみ、Matuyama/Brunhes境界(M-B境界)と呼ばれる。ちなみに、日本で最初にM-B境界として提案されたのは京都市伏見区の大阪層群の露頭だが、その露頭は住宅地や工場用地として開発が進み、粘土採掘場はごく少なくなり、露頭条件は非常に悪くなった。



参照:朝日新聞(2018/2/12)

ビジネスジャーナル(2019/7/27)

   
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

「歌御会始(うたごかいはじめ)」

 宮内庁が2020年の歌会始のお題を「望」とし、毎回年初に、お題が発表されるが、応募要領を発表したのは即位の礼の行われた2019年5月だった。国民のだれでもが応募でき、歌は未発表の自作で、1人1首とされる。この度の短歌には「望」の文字が詠み込まれればよく、「希望」「望郷」 のような熟語や、「望む」といった訓読でもよいということだった。来年は、「実」半紙に自筆の毛筆で応募(9月末日まで)で、詳細は宮内庁HPに掲載されている。

 短歌は,日本のあらゆる伝統文化の中心をなすものといわれる。この儀式は、古来のしきたりに則って、読師(どくじ:司会役)、講師(こうじ:全句を節をつけずに読む役)、発声(第1句から節をつけて歌う役)、講頌(こうしょう:第2句以下を発声に合わせて歌う役)の諸役によって進行する。これほど長い歴史を有する宮中の歌会始は、世界に類がなく、しかもあらゆる人が参加できる詩会であるので、このごろは海外からも寄せられる。宮中の年中行事の最初の月に、これらを披講して皇室と国民の心を親しく結ぶとされてきた。

 毎年恒例となっている1月の歌会始の儀は、松の間にて天皇皇后両陛下の前で、一般から詠進して選に預かった歌、選者の歌、召人(めしうど)の歌、皇族殿下の歌、皇后陛下の御歌(みうた)と続き、最後に御製(ぎょせいが)披講(ひこう)されれてきた。

令和の初御製 
  学舎に ひびかふ子らの
   弾む声 さやけくあれと
    ひたすら望む

皇太子殿下をはじめ皇族方が列席、文部科学大臣、日本芸術院会員、選歌として選ばれた詠進者などが77名が陪聴する。

 歌御会始の起源は明確ではないが、鎌倉時代中期に亀山天皇の文永4年(1267年)1月15日に宮中で歌御会が行われたことを『外記日記』により「内裏御会始」と記していた。以後、年の始めの歌御会として位置づけられた歌会の記録が断続的に見受けられます。このことから歌御会始の起源は少なくとも鎌倉時代中期まで遡ることができる。江戸時代にほぼ毎年催され、明治維新後は明治2年(1869年)1月に明治天皇により即位後最初の会が開かれた。明治7年(1874年)に一般の詠進が認められ、それまでは皇族・貴顕・側近だけであったのが、国民も宮中の歌会に参加できるようになった。明治12年(1879年)には一般の詠進歌のうち特に優れたものを選歌とし、歌御会始で披講されることとなった。これは宮中の歌会始の歴史の中でも画期的な改革であり、今日の国民参加の歌会始の根幹を確立したといえる。さらに明治15年(1882年)からは、御製を始め選歌までが新聞に発表されるようになり、明治17年(1884年)からは官報に掲載されるようになった。

 天皇が催す歌会は「歌御会(うたごかい)」といい、宮中では年中行事としての歌会などの他に、毎月の月次歌会(つきなみのうたかい)が催されている。特に、これらの中で年の始めの歌会として、天皇が催す歌御会を「歌御会始(うたごかいはじめ)」という。




posted by Nina at 12:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

8050問題

引きこもり状態にある人と、その生活を支える親が、ともに高齢化し、生活が行き詰まることは、それぞれの年齢から「8050問題」と呼ばれている。

 引きこもり状態にある子どもが1人いたとしても、生活が破綻するほどの経済的負担になるわけではない。どうしていいか分からないまま時が過ぎ、親子が高齢化していけば、最悪の場合、親子とも孤立死することもあるだろう。 子が親の遺体を放置していることが発覚し、ようやく問題が顕在化することもある。

 ただ、引きこもり状態にある人が「認知」されても、その対応を求められる市町村には何のノウハウもない。

 認知された後、それを福祉につなぐべきなのか、就労という経済政策で対応すべきなのか、はたまた医療の出番なのか、判断できるだけの経験を持った職員はほとんどいないだろう。

内閣府が2018年12月に実施した調査を基に推計したところ、40〜64歳で引きこもり状態にある人が全国に61万人いるという結果が出た。ただし、この推計は5000人を対象にしたアンケート調査の回答から、「引きこもりに該当する」と、同府が判断した47人をベースにして割り出している。

 調査の回収率は65%で、35%=1750人は回答していない。回答しなかった1750人の中に「引きこもりに該当する」人がどれだけ含まれているか分からない以上、61万人という推計も机上の空論に思えてならない。



参照:時事ドットコム 2019/12/29)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122500252&g=soc
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

週休3日制の検討が始まるフィンランド

 フィンランドのマリン首相は、働き方改革の一環として、週休3日制の導入を検討する考えを表明した。隣国スウェーデンでは2015年から1日6時間制を試験的に導入し、生産性向上に効果があったとされる。週休3日制をめぐっては、日本マイクロソフトが昨年8月に実施し、生産性が向上したと公表。従業員の92%が評価しているという。 このように週休3日制は労働生産性の向上につながるとして、世界的に注目を集めつつある。

 報道によると、欧州メディアに対してマリン首相は「人々はもっと家族や愛する人、趣味などに時間を費やすべきだ」と述べた。1日6時間労働制も検討するという。フィンランドでは現在、日本を含む多くの国々と同様に1日8時間、週休2日制が定着している。

 マリン首相(1985年生まれ)は世界で最も若い在職中の国家指導者となり、フィンランドで史上最年少の首相。フィンランドでアンネリ・ヤーテンマキとマリ・キビニエミ(どちらもフィンランド中央党所属だった)に続く3人目の女性の首相である。

 マリンの両親は、マリンがまだ幼いころに別れた。家族は経済的な問題に直面し、マリンの父親はアルコール依存症に苦しんでいた。両親が別れた後、マリンは母親と母親の女性パートナーに育てられた。このことをレインボー・ファミリーの出身だと説明している。2012年フィンランド地方選挙で、マリンは27歳でタンペレ市議会の議員に選ばれた。2000−2012年まで、タルヤ・ハロネンがフィンランド初の女性大統領となっていた。2018年1月には、長年のパートナーであるマルクス・ライッコネン(Markus Räikkönen)との間に子供が生まれた。


参照:ロンドン時事(1/7)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

Youtubeで日ソ合作映画

お正月にネットで発見した名作映画、「モスクワわが愛」(栗原小巻のロシア語、バレエが出来すぎ。多数受賞)です。
広島出身のバレリーナのバレエ留学とロマンス・・、ネタバレになるので、ここまで。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

我孫子で夢の実現へ

我孫子市のNEC我孫子事業場で垂直離着陸できる電動の「空飛ぶクルマ」の開発が、 すでに浮上実験に成功し、実用化に向けて一歩を踏み出した。空飛ぶクルマは、人や物を乗せて無人で自動飛行し、都市部や山間部などの移動、災害時の救急搬送や物資輸送などを想定し、世界で大企業からベンチャー企業までが開発に力を入れている。

 日本では、政府が実現に向けて昨年夏、「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立。NECの他にも宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東大、日本航空、スバルなどが加わり、それぞれが開発を進めている。「クルマ」と表記されるのは、地上走行にこだわらないためという。

 NECは昨年春にプロジェクトチームを作り、我孫子事業場を開発拠点とした。船公久直・事業戦略企画グループマネジャーによると、試作機を飛ばせる広さがあり、東京の本社などからスタッフ約10人が通える距離にあるからだという。

 今年8月、事業場にある高さ10メートル、縦横各20メートルのおりの中で試作機の浮上実験を成功させた。試作機は全長3・9メートル、幅3・7メートル、高さ1・3メートル、重量約150キロ。フレームのないモノコック構造でカーボン製。モーターは出力30キロワットだが、既存品だと重さ約30キロもあったため、約7キロのものを独自開発するなど軽量化に腐心した。

 また、無人自動飛行や機体位置情報把握などのための飛行制御ソフトも新たに開発して搭載したという。


出典:朝日新聞(12/22)
posted by Nina at 01:18| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

謹賀新年

1978年正月 「徹子の部屋」に出演した長谷川一男(当時69才) 「ミーハー」とは、林(本名・長谷川一男を使う以前の芸名)のファンのために作られた言葉で、若い女性が大好きな「みつまめ」と、「はやし長二郎大好き人間」を揶揄してできたのが「ミーハー族」という言葉だったいう。



没後に俳優では初の国民栄誉賞を受賞。二枚目俳優・林長二郎として松竹在籍時に美剣士スターとして大人気となった。 大映に移籍、トップスターであり続けた。300本以上の作品に出演。舞台やテレビドラマでも大きな活躍を見せており、晩年には宝塚歌劇『ベルサイユのばら』の初演で演出を行った。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3346)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)