2020年06月23日

きしみ続ける日韓の歴史齟齬

 2015年に世界遺産に登録された明治日本の産業革命遺産(23施設)には、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者などが労働を強いられた、長崎県の端島炭坑(軍艦島)をはじめとする施設が含まれている。登録の際に日本は、朝鮮半島出身者などが意思に反して一部の施設に連れて来られ、厳しい環境で働かされたとしながら、犠牲者を記憶するための情報センター設置などを進めると表明した。

 しかし、今月15日から一般公開が始まった同遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)の展示は主に日本の産業化の成果を自画自賛するもので、強制徴用犠牲者の被害自体を否定する証言や資料を展示するなど、約束を守っていないことが確認されたとして、韓国政府が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)に対し登録取り消しを求める文化体育観光部長官名義の書簡を今月中に送る予定であることが21日、分かった。

 与党「共に民主党」の田溶冀(チョン・ヨンギ)国会議員によると、同部の朴良雨(パク・ヤンウ)長官、文化財庁の鄭在淑(チョン・ジェスク)庁長が18日に行われた国会文化体育観光委員会所属の同党議員を対象とする業務報告でユネスコに書簡を送る方針を明らかにした。
世界文化遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」に関連し、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制徴用された事実をきちんと知らせるという約束を日本側が履行していないことへの対応だとする。文化財庁は23日に同センターに職員を送り、強制徴用の歴史歪曲に関する実態把握に乗り出す予定だ。

 文化体育観光部の政策担当者は「関係官庁間の十分で持続的な協議を通じ体系的で合意された方式に基づいて適時に必要な措置を取る」と話している。一方、田議員は、ユネスコ世界遺産委員会が、朝鮮半島出身者の強制労役を含む産業遺産施設の歴史全体を示すよう日本に求めた勧告と日本が約束した措置の誠実な履行を促す決議案を国会に提出する予定だ。


 出典:ソウル聯合ニュース(6/21)つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

お医者さんもオンライン受付@我孫子

インターネットで予約を入れるので、待ち時間が分からないでとにかく、クリニックに出向いていくなどよりは、待合室での待ち時間にやたらに待つだけというのを避けられるので、こういう医院が増えてくれるとパンデミックの医者待ちの不安が薄らぎます。
DCIM0004.JPG

受付のところのモニターには順番がでます。 ↑


DCIM0003.JPG

診察室でも、ソーシャル・ディスタンスを取って、お隣の人と待って、モニターにはインフォメーションがでています。⤴

(画像はクリックで拡大)
posted by Nina at 10:49| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

素敵な瞬間

子供のしぐさ、表情はいつも周りを和ませる、世に代えがたい存在だ。
音楽も同様になくてはならない、喜びだ。
感染者数や致死率の情報が交錯する殺伐とした「ウィズ・コロナの時代」だから、余計に音楽は心に滋養を与えてくれる。
小さなお嬢ちゃんに父親の愛情を音で届けている様子を動画にしてUPされていたので、週末に「お福分け」のご紹介です 💛



posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

船橋発祥の「船橋屋」

 葛餅と言ったら「船橋屋」だと言えます。なぜなら、この葛餅は故郷の味みたいな、子供のころから馴染んできて、改めて美味しさの理由は、サイコーのものの三拍子がそろっていたから、嬉しい変わらぬ信頼の味だったとWeb記事を目にして改めて確認できたのでした。

 この葛餅は、黒蜜、きな粉、葛餅すべてが厳選の素材で、夫々が主張しながらバランスが取れていていて、それぞれの製法を徹底し、熟練の味です。他ではこの三つがそろった絶妙なバランスを併せ持つ葛餅は食べられないと断言できます。食べるたびに感動です。

 その「船橋屋」の8代目社長のインタビュー記事もなかなかの感動ものなので、ご案内しておきたいと思います。老舗が残るために、過去を乗り越える苦労を積み重ねているのだと知ったところだ。

    *  *  *
 江戸時代から200年以上続くくず餅の老舗、「船橋屋」。同社が製造・販売を手がけるくず餅は、かつて芥川龍之介や吉川英治など、日本を代表する文豪達も愛した逸品です。小麦粉を水で練ってグルテンとデンプンに分け、デンプンのみを発酵させて作るくず餅は、450日にわたる乳酸発酵を必要とする一方、消費期限はわずか2日というデリケートな和菓子です。伝統の製法を守りながら改良を重ねてきた船橋屋のくず餅。店の前には今日も長蛇の列ができています。 実はこの船橋屋は近年、就職先として多くの若者の人気を集めています。新卒採用でピーク時には約1万7000人の学生がエントリー。老舗の伝統を守り続ける一方、組織運営においては、若手社員を中心とした「オーケストラ型組織」と呼ばれる同社独自のスタイルを確立。そこにあるのはまさに「優良企業」です。 しかし、8代目社長の渡辺雅司氏が入社した25年前、船橋屋は現在の姿からは想像もつかない「老舗病」を抱えていました。

 単なる「良い物」だけでは売れなくなる、と思っていました。その商品を通じて、お客様のライフスタイルがどのように良くなるのか、そこが伝わらなければ買って頂けない。そんな新しい時代が来ると思っていました。そこで 生き残るためには社内改革と取引先改革、メインバンク改革を行うことは必然だった、という実はごくシンプルな話 なのです。

 これらは個人のやる気の問題以前に、組織としての課題です。働く人の情熱や感動を引き出すとともに、一人一人が達成感を味わえる環境を作り出すのは企業側の役目です。現状に胡座をかき、 自分の仕事さえ終わらせれば良いという「楽」な組織ではなく、目的や目標を持って皆で達成しようと成長していく「楽しい」と思える組織。また、働く社員皆がワクワクするような会社。船橋屋はそんな会社にしたい と考え、「社内活性化プロジェクト」という特命チームを発足させ、働きがいのある組織に作りかえていきました。おかげさまで、現在では就活生にも人気の高い目標達成型の組織にシフトすることができました。今の状態からは想像できないかもしれませんが、ここまでの改革を成し遂げるまでに、20年もの歳月がかかりました。

 会社幹部を決める時にも総選挙を行います。全ての正社員と5年以上勤めるパート社員を合わせると150名ほどになりますが、「誰が次世代のリーダーにふさわしいか」を無記名で投票します。

 2015年に第1回総選挙を実施したところ、当時34歳だった女性社員が過半数の票を集め、執行役員に抜擢されました。 社長が属人的に「あいつは頑張っているから」と役職を与えてしまうとダメ。 やはり、皆が公平に選んだリーダーだからこそ納得できますし、社内の期待も高まり、一緒に頑張ろうという気運が生まれます。

 これからの経営」に大切なことは何でしょうか。

渡辺: やはり、 社長も含めて組織全体がワクワクし続けること ではないでしょうか。多くの社長が数値目標だけを社員に示し、成果を出せというけれど、それでは人は動かない。社長が追求すべきは売上や利益、時価総額だけではありません。もっと大事なことは、社員にワクワクする目標を示すことです。

例えば、船橋屋では「くず餅という発酵食品を日本全体に広めること」「くず餅乳酸菌を世界に広めること」という挑戦が、その「ワクワク」に当たります。ありがたいことに、船橋屋のくず餅が亀戸天神のお土産であり、おいしいということも昔からある程度認知して頂いていましたが、調査したところ、くず餅が発酵食品だとご存じの方は全体の20%に過ぎませんでした。つまり、80%は新規開拓できるマーケットがある、というわけです。ワクワクしますよね。

 社員に共感し、動いてもらう方法は1つだけです。それは「社長と一緒に歩めば、給料は上がり、ひとりの人間として高みに行ける」と、社員が自分事として納得できるビジョンを示すこと です。

 これが実現すると、仕事に出かける時の後ろ姿が変わります。楽しそうに自宅を出る親の背中を見て育った子どもはどんな気持ちになるでしょうか? きっと親を尊敬しますし、やがて大人になった時に「働くって楽しいことなんだ」と思うようになるはずです。社員一人一人がワクワクしながら働くことは、それ自体が次世代の日本を強くすることに繋がるはず、と信じています。


出典HP(抜粋):https://bizhint.jp/report/230342
posted by Nina at 19:07| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

水の館

農産物直売所では、我孫子産の安全・安心な新鮮野菜や農産物加工品などを販売します。直売所と併せて設置されるレストランでは、我孫子産の農産物を生かした料理やスイーツを楽しむことができます。オープンデッキから、手賀沼を眺めながら屋外での飲食できます。

CIMG2406.JPG DCIM0199.JPG

我孫子市では、農業振興と地産地消の推進の拠点となる、農産物の直売機能を有した農業拠点施設の整備を計画しています。この直売機能を検証するため、我孫子新田に「あびこ農産物直売所アンテナショップ」が設置され、2007年(平成19)6月1日のオープン以来、消費者動向や農産物の売れ筋の把握などを行ってきました。

「あびこ農産物直売所アンテナショップ」は、市内農家が2011年(平成23)10月から、「あびこん」に店名を変え運営してきました。これは、農業者と消費者に我孫子の野菜の美味しさ、安全性をしってもらう相互理解をさらに深め、地産地消と緑を維持する農業の振興を滞りなく進めていくためです。
CIMG2448.JPG  CIMG2405.JPG  

【1階】農産物直売所、レストラン&手賀沼ステーション
新たに農業拠点施設として、農産物直売所やレストランなどを設けています。手賀沼に暮らす生き物や水環境保全に関する情報の展示物を分りやすく紹介するようコーナーを設けています。
【2階】手賀沼学習コーナー
手賀沼の歴史・文化に関する情報を展示します。
【3階】プラネタリウム、研修室、ミニギャラリー、市民活動コーナー

CIMG2400.JPG  CIMG2403.JPG 

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

本当に子育てしやすい街か

幼稚園・保育園に入園しやすいかどうかで、自治体サービスの充足度が問われるようになり、4年前から日経DUAL×日本経済新聞では自治体調査を行っています。そして一昨年、「共働き子育てしやすい街ランキング」で、松戸が全国1位、ランキングにおいて柏も上位に入って10位となっています。柏の街では、駅近いこんな場所にも認可保育園を開設しています。

DCIM0013.JPG  DCIM0012.JPG

我孫子は待機児童ゼロを堅持して32年になるのに、上位にランキングされてはいませんでした。それは、既に施設が充足しているために、増設していないことが、指標にあっていないということも一つの理由かもしれません。足りなかった所が、増設していくと数値が高くなるので、痛しかゆしの我孫子の先行パターンなのです。ランキングって罪作り、一つは不動産関係者がランキングに関わっているので、さもありなんの結果になるのです。
都内から電車で30分以上を超えるから?かと思えば、宇都宮市が堂々新宿と並んで1位なのですから、もっとアピールできる要素を出していかないと、この時代に地道な良さは埋没してしまうようです。黙っていては、わからないので、PRに工夫がいりそうです。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

薬も一人で飲めなかった梨田氏、テレビ会議

安倍総理が新型コロナ対応についてみんなの質問に答えるニコ動がを使った生放送( 2020_06_14(日) 18_00開始 - ニコニコ生放送 )

【ゲスト:基本的対処方針等諮問委員会 尾身茂会長、元プロ野球監督 梨田昌孝氏】

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37032333

元日テレに所属していたフリーアナウンサーの馬場典子さんの司会で、視聴者からの質問に答える形で60分行われました。

安倍さんはワクチンについて、米モデルナ、英アストラゼネカと購入について交渉をしている、20年度第2次補正予算に2000億円を盛り込んでいると明言しています。予備費を10兆円確保しているので、良いとなれば、もっとつぎ込んでワクチンを手に入れるのではないですか。

なお、16日の東京市場は15日のNY市場が強く終わったことから、買えていない機関投資家の買いなどで、1000円を越える上昇を見せています。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

芸能人はオピニオンリーダー

この頃、芸能人が社会事情に意見表明をツイートして、憚らないようになって、検察庁、種苗法など、時運を変えることも起きて頼もしいくらいだ。そして、アイ、スクリームと夏のお嬢さんを歌って屈託のなかった歌手も保育事情に意見表明、影響力がありそうだ。


 タレントの榊原郁恵(61)が15日、日本テレビ系「スッキリ」に出演。マッチング型ベビーシッターサービス「キッズライン」で、活動経歴のある男性保育士サポーターがわいせつ容疑で相次いで逮捕され、男性サポーター全員を活動停止とした事案に「ベビーシッターを信頼するしかない。すごくショック」と話し、手軽な利用と安全の両立の難しさに言及した。

 番組では、「キッズライン」で活動経験のある男性保育士サポーターが4月と今月12日に相次いで逮捕され、男性シッター全員が活動停止となり、波紋を広げていることを特集。榊原は、急きょ子供を預けないといけない保護者にとって手軽に依頼できるベビーシッターの有り難みを強調。「子供って何かあったとき親になかなか言わなかったりする。お互いに信頼するしかないと思う。これすごくショックなニュースだなって受け止めていたんですけど。これ(登録審査や面接)以上の対策は監視カメラを置くしかない」と問題解決の難しさに困惑していた。

 キッズラインによると、2019年7月〜11月に活動歴のあった男性サポーターが11月に登録していた男性シッターが、利用者宅の男児に対してわいせつな行為を行ったとして、2020年4月に逮捕されるという事件があった。逮捕された容疑者には別件でも強制性交等の容疑によって複数の逮捕歴があり、いずれも起訴されている。そうした経歴から、同容疑者は男児を対象とした小児性犯罪者(チャイルド・マレスター)であると考えられる。本件を受け、キッズラインは逮捕歴がある登録者について十分な調査を行っていなかったのではないかと大きな批判を集めた。さらに、今月12日、別の男性保育士サポーターが逮捕されたという。そこで専門家などと相談の結果、現在、男性サポーターの活動について一時停止。顧客からの不安の声と、世間からのバッシングで「男性シッターの締め出し」にしたとの会社の判断を公表した。しかし、すべての女性が虐待をしないのか、すべての男性が不届きなのかは、個々によるものだ。シッター登録時における調査の不適当さや質の担保の不十分さ――ゆえに発生してしまった事件――などの根本的問題を棚上げし、「専門家(どのような専門であるのかは不明だが)」からの指摘だとして「男性は性犯罪者になりやすいから」と声明をしたのは、逆性差別のような理由だ。すべての男性に危うさが伴うような、責任転嫁することで自社の存続のための幕引きを計ったようなモヤモヤが残る対処だ。

posted by Nina at 08:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

「当たり前」ではなくなった日常

今は、コロナ禍によって、様々な問題があぶりだされている。
しかし…
仕事に行けなくなった人は、今まで仕事があったことのありがたさに気づく。
学校が閉まって困ってしまった親や子供たちは、当たり前のように、学校へ行けることのありがたさに気づく。
お店を閉めざるをえなかった人は、毎日お店があけられていたことのありがたさに気づく。
留学、旅行で海外に行けなくなった人は、当たり前のように、旅行に行けていたありがたさに気づく。
GWに渋滞する首都高など、当たり前の光景だったが、自由にドライブできたありがたさに気づく。
普段、健康だと家にいるばかりになって、皆が健康でいるありがたさに気づく。

今まで当たり前だと思っていた、たくさんのことが、コロナ禍によって気づかされている。
不眠不休で働いてくださっている医療従事者や関係している役所の皆様…
国家や地域の治安や安全を守ってくださっている警察官や、自衛隊の皆様…
ライフラインを止めないで頑張ってくださっている交通機関、電気、ガス、水道、通信、また流通関係、運輸、それに関係する現場の方々はGWでも休まず頑張ってくれていた。

すべての関係する皆様へ、万感の思いを込め、心からのお礼を申し上げたい。
『運命は変えられる』(斎藤一人著KKロングセラーズ)では、感謝によって魂が上にあがるのだといます。

感染症は、治療薬やワクチンが開発され、患者が減り、いつかは問題は終わる。
今は問題を起こしていない周りへも感謝です。
周りへの感謝の言葉は、人を励まし、強くできるようになるそうです。


posted by Nina at 18:07| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

カナダの美容室営業解禁

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都オタワで美容院や理髪店の営業が禁止されて3カ月近く。トルドー氏の髪は伸び続け「ロックダウン(都市封鎖)の日数を伝える掲示板」(米紙)のような存在となっている。 カナダのトルドー首相がいつ髪を切るのか注目を集めている。

 オタワでは12日、美容院や理髪店の営業再開が可能になるが、トルドー氏が髪を切るのか、まだ営業が再開できない地域の住民に連帯感を示すため見送るのか、臆測が飛び交う。オタワを抱える東部オンタリオ州は3月17日に非常事態を宣言。連日記者会見するトルドー氏は、髪形の乱れが目立ち始めてきた。

出典:ニューヨーク共同(6/12)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)