2015年01月30日

何か変?

国会中継を見ていた。野田総理の時も安倍総理も、原発について日本のトップとしてはアンダーコントロールを演じるが、その統治が終わってしまって、違う結果がでたとしても後の世のことまで彼らは責任は問われないということだ。お目出度い話ばかり、鵜呑みにはしていられない。

そして、都内には、懇意にしている女性区議がいるので、時々、その区議会をチェックしていると興味深い話が出てくる。 その文教常任委員会文教委員会にて二年前に、「川場移動教室における放射能対策を求める陳情」が審査されてた。議会では関連の案件のやり取りががあり、特に下記のやり取りはその不透明な都内のホットスポットもどきを取り上げての質疑です。コミュニティーの細やかな目配りを真骨頂にしている彼女のような議員がいて、母親たちの側に立って質問がされるが本当のところ都内だってホットスポットがあるだろうと思うが、そこは表沙汰にしたくないのです。彼女は都内でも有名住宅街の議員ですが、地価は下落、転出者が続出、イメージダウンになるのが目に見えるから、母や強しで質問をするのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「区民健康村施設の除染作業の実施について」
川場移動教室で区内の小学校5年生が利用する「ふじやまビレジ」「なかのビレジ」の除染作業について区から報告がありました。

■概要
@ふじやまビレジ
野外炊事場周辺:草地のはぎ取り、砂利入れ替え
工房前からマスつかみどり池までの一帯:草地のはぎ取り
ドン・キホーテ像脇通路:表土のはぎ取り
農作業畑:反転耕

Aなかのビレジ
駐車場:表面砂利及び下層コンクリート除去、アスファルト舗装
野外炊事場周辺:草地のはぎ取り、砂利入れ替え
食堂前広場:表土入れ替え
キャンプファイヤー広場:高圧洗浄
森の村前庭平面部:草地のはぎ取り
農作業畑:反転耕

B期間など
作業期間:4月10日から5月10日
除去したコンクリートの処分:処分を受け入れてくれる施設が見つかったのでそちらで処分
広報について:区のホームページにて、作業前と作業との空間線量を区民に周知

■桃野質問、区側答弁(抜粋・要約)
議:はぎ取った土などはドコへ行くのか。
区:ふじやまビレジのテニスコート付近の空き地に1m〜1.5m穴を掘って埋める
議:暫定的に置くのか、それが最終処分か?
区:8000ベクレル以下のものなので国の基準に基づき施設内においておく
議:埋めてあるところの安全対策は?
区:穴の底に防水シート、ロープで囲う、表示をして立ち入らないようにする
議:除染後の数字、確認はどうするのか?
区:0.23マイクロシーベルト/時まで線量が下がっているか区の職員が確認する。下がっていなければ引き続き除染作業を続ける。
議:区の職員が測定している地点から少し離れると、線量が高いところがあると測定に同行した区民から聞いているが事実か
区:区の定点観測は子どもが普段活動している場所で行っている。その方達が少し離れた崖ぶちを測ったら、そこは多少高かった。
議:移動で通る道、崖ぶちは少し高かったというのであれば、高い場所は周知徹底して子どもたちが立ち入らないように対策をとるべきではないか。
区:全てを0.23にするのはあり得ない。区としては子どもが長時間滞在する場所は0.23以下にする。
通り道、道沿い脇が0.3や0.4でるかもしれないが、そこに危険だという表示をするのは村の感情からしていかがなものか。
0.5以下であれば現状では全て除去、調査は難しい。
議:「区としては」ということで区のスタンスはわかった。
しかし放射線の問題は専門家でも幅広く意見がわかれている。
一つの現実をみてもその捉え方は様々。
保護者の皆さんはよく勉強されていて放射線に関する豊富な知識の中で個別に判断をされている。区が安全だと言っても「うちは行かない」という家庭もある。
「2泊3日という時間なら安全だと判断した」
「子どもが長く活動するところは除染した、しかし、全部はできない、通路はやっていない」という現状も含めて保護者の皆さんが自分の気持ちに従って判断できるように、オープンに情報をだして頂きたい。要望する。
区:実施する学校において丁寧に説明する。

・・・・・・・・・・・・・・
貴方(貴女)だったら、どう捉えて、どう行動するのが良いと思われるでしょうか
コミュニティーのコミュニティーによる、コミュニティーのための政治が必要です。
それには、一人一人が考えていく姿勢が重要なのだろうと思います。
放射能のホットスポットと言われる我孫子ですが、都内でも斑被災地があるが、さほど話題になって取り上げられるわけえでもなく、お母さんたちがどう頑張るかが、鍵のようです。

どうぞ、皆さまのお知恵を頂けますよう、よろしくお願いします。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

カジノ解禁へ向けた法案が年内に国会に提出か

 森田健作知事が、試みていた千葉県でのカジノ構想ですが、千葉県ばかりでなく熱海では以前から日本のモナコへとカジノ構想を提案していましたから、こうした法案が実現すると何らか、動きが出るかもしれません。その前提となる、日本でのカジノ解禁へ向けた法案が年内に国会に提出され、成立する可能性があるからです。

 一口にカジノと言っても、カジノが日本にできた場合、日本で導入されるのは、シンガポールでオープンした、いわゆる「特定複合施設」型で、カジノを中心にレジャー施設、国際会議場、展示場、ホテルなどが一体的に整備されることになるということです。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの太下義之氏は「1カ所で最大で数千億円単位の投資になることも想定される。経済効果は投資額の2倍から3倍になる」と見ています。

 金額として経済効果が大きいのは建設、観光、IT関連だといわれ、関連する産業の裾野は広いので大きな波及効果があるようです。雇用への影響もディーラーや警備員のようなカジノの直接雇用だけではなく、例えばコイン製造メーカーなど、カジノに関連するいろいろな産業に効果が見込まれるようです。

 よくモナコのカジノの話しが出ますが、欧米からF1レースにセレブ達が集まってやってきた際に、カジノで賭けごとを楽しむというのですが、実は現地の人はカジノで賭けごとは出来ない法律になっているのだとか。韓国では、実際にカジノが運営されていて、現地の人も出入りして個人破たんするような問題もおきているのだとかですから、後発で取り組むにはそれなりに用意周到に取り組まないといけない話しではありそうです。

 出典:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/casino/?id=6089628


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

千葉の観光不作、アクラライン

観光道路としての東京湾アクアライン料金引き下げに伴い、観光客増加や物流促進が予想されるため、国の東関東自動車道館山線4車線化の一部(63億7500万円)を負担している。それでアクアラインがようやく使われる道路らしくなってはきたが、その為に県税が相当に投入されていることも県議会では指摘がされていました。

そもそもは、故・浜田幸一(千葉3区自民党より衆議通算7回当選。その間に衆議予算委員長、自民党広報委員長、党副幹事長などを歴任。背任罪の公判は被告人・浜田本人の死亡により2012年公訴棄却)が主に実現させたこの海底トンネル高速道路は、1兆4400億円もの建設費がかかっていました。基礎建設費や有利子負債の返済どころか、保守・維持管理費すら捻出が厳しい日本一論外の超大赤字路線になっていた税金の無駄使いのシンボルです。

その料金は、全車種8000円以上の料金に設定し、見込みの台数が通行するならば、建設費・有利子負債が返せるという水準の路線としていましたが、果たして通行台数は伸びません。あまりに利用されないなら、「社会実験」という名の下に全く収支が合わない特別料金にして、ともかく車を走らせるとどういう効果が表れるかの実験が継続中ということです。普通車が800円、超特大車が2200円、大型車でも4950円、軽自動車やバイクについては640円。

もし、その「800円の維持恒久化」という破滅的な財政負担をもたらすプランを実行することを国に求めるというならば、千葉県や木更津市、袖ヶ浦市、君津市などの税金でその8割以上を維持するという公約とセットでやってもらわなければ、自動車に乗らない人や千葉県民以外には関係のない極端な税金浪費が続くと周辺からは批判が強くなってきています。
 
森田知事は元々、2期しかやらなともいって立候補していました。若い頃、俳優として「俺は男だ!」に出ていて剣道の名人を演じ剣道二段を称したが、実際は無段だったとの暴露話は有名です。知事選に出馬した選挙戦では「完全無所属」として選挙活動をして、実際は自由民主党支部長だったとの事と共に分かってきたことでしたが・・・。地方・国会議員の特権である「議員年金」の廃止にもかつては賛成していたはずが、自身が国会議員になると態度をひっくり返して維持・賛成にまわったとか・・・・。知事2期目の間にも社会実験は続くものの、その後はどうなるのか?

●アクアラインの利用者は、県外に出る方が多い?!
ところで、千葉県民として県税もこれに当てられていることを考えると、他県で用事を済ませて千葉県に帰って来るのでは、通行料金を安くした意味がありません。造る時には千葉県へ南関東からの来訪者が増えるので、県としての経済効果は莫大であるという触れ込みでしたが、開通当時から県外に出て行く方が多いのではないかという懸念する声があり、結局そのとおりになっています。それでも、森田知事は千葉県の活性化と税収増を目指すと言っています。

それなら、仮に安くするとしても、県外に出て行く方の料金は下げない方法もあります。赤字削減のためには、アクアラインの通行料金を800円に値下げしたからと言って、73億円もの県費負担にみあうよう元が取れるか疑問視されています。

海上の高速道路を1万4000人が走った「ちばアクアラインマラソン」も行われましたが、千葉県は同大会の経済波及効果が15億1000万円に達したとの推計をまとめたものの、6時間に及ぶ通行止めでマイナスの影響も発生したことの検証をすることになりました。今後の開催の継続可否は別として、2013年度は「スケジュール的に難しい」(県教育庁体育課)として開催を見送る方針となっています。

アクアラインマラソンは、2012年10月21日に初めて開いた森田健作知事肝煎りの催し。参加者の半数は県外からの来訪者が占めました。大会による需要増加額は14億7900万円。警備や広報イベントに5億円弱の事業費をかけたほか、参加したランナーや応援者が食事や宿泊などで10億円弱を消費したとみられる。経済波及効果は沿道の応援者が31万人と予想を上回ったため、当初想定より5割多い規模となったされていました。マイナスの経済的な影響とは、会当日は午前8時から6時間、東京湾アクアラインが通行止めになって、大会がなければ訪れていた観光客の消費分を8600万円を重視したということです。

また、海上にかけられた橋の上を走るため、開催日は比較的風が強くない10月に決めていたが、この時期の休日は、ゴルフ場などの観光施設にとっては利用者の多い時期。県内のゴルフ場関係者からは「1年で最も書き入れ時の日なのに」と嘆く声も上がっていました。

運営上の課題も大きくなっており、県は高速上の電波の弱さで連絡体制が十分に整わなかったことなどをあげています。「ノウハウ・人員・予算運用面で多くの課題があることが明確になった」と公表していました。大会当日の気温が高く、未経験ランナーが多かったことから救護を受ける人が続出したため、完走率が74%と低かった。ただ開催後の参加者アンケートでは次回大会に参加したいとの回答が完走者で85%、棄権者でも81%に達していました。千葉の印象は良くなったと考えられます。

ところで、県税による総収入は7165億、うちアクアライン約20ケ月分の施策で73億の投資に対して県税収入がどれだけ増えるのか、アクアラインマラソン大会も始めたものの、継続ならずからして、そろそろ決着をつけなくてはいけない時なのではないでしょうか。森田知事の一声で決まった社会実験は、県民には関心がどうもたれているのか、莫大な税金投入の一方で納税者はそれに気づかないままです。


 
アクアライン800円の実現に73億円超!とは、森田知事はこれまでにも、千葉県補正予算案などなど、あの手この手で県税の投入で自身の公約実現を推し進めるが、効果はいかがなものなのか、県内の税収割合の多くを占める東葛地域にはどういう評価がくだせるか?? 秋に行われたアクララインマラソンが取りやめになった今年、改めて県税の使われ方、県政を考えてみる必要があるのではないでしょうか。

出典:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000072-mailo-l12
posted by Nina at 04:27| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

世界のどこにも戦争を二度と起こさないように

68回目の我孫子市平和祈念式典が、手賀沼公園入り口の平和記念碑の前で行なわれた。今夏から、中学生の広島派遣は各校2名となり、市長も同行したという。式典の後に映画が上映された。その映画では八幡大空襲によって多くの戦禍に焼かれた人々の後裔がどんな辛い状況にあっていたかも描かれていた。

昭和20年(1945年)、広島の原爆が投下された8月6日、9日の長崎の原爆投下の間には、八幡大空襲が8日(水曜日)昼間(AM10時頃から12時まで)があった。この日の爆撃は焼夷弾が中心で旧八幡市の中央町から桃園にかけて、雨・あられの如く投下された。瞬く間に火災が起こり、総て焼き尽くしてしまった。

焼夷弾を投下直前に、高空からキラキラする金属片(錫テープのようなものか)を撒いて高射砲のレーダーをかく乱したり、密集した木造家屋が燃えやすいように油のようなものも空から撒かれたとの記録もある。

死傷者約2500人。製鉄所の構内でも一部被害が及び労働者の犠牲が出た。中でも平野社宅は全滅に等しかった。罹災者数5万2562人、罹災戸数1万4000戸。

こうした、原爆以前に行なわれた大空襲は特に1944年(昭和19年)末頃から熾烈となり、最終的には無差別爆撃(絨毯爆撃)として行われた。日本各地に対する空襲については、戦後、米国戦略爆撃調査団による報告書が出されている。アメリカ軍による民間人への無差別爆撃は明らかに戦時国際法違反であるが、サンフランシスコ講和条約によって日本国政府がアメリカへの補償請求権を放棄したため、無差別爆撃に関する補償は行われていない。

こうした空襲は、1945年(昭和20年)8月15日の終戦当日まで続き、全国(内地)で200以上の都市が被災し、死者は33万人、負傷者は43万人、被災人口は970万人に及んだ。原爆以前に既に原爆被害と同等な数の民間人が無差別攻撃の目標となって犠牲となっていた。その被災面積は約1億9,100万坪(約6万4,000ヘクタール)で、内地全戸数の約2割にあたる約223万戸が被災した。

千葉では千葉市内が空襲によって230ヘクタール、1600人の犠牲者があったことが標された慰霊碑が、中央公園に設置されているが知る人はすくない。私も元県議の女性から、師範学校の学生が空襲にあって多くの若い命が失われたのだというのを教えてもらって、千葉空襲の無差別攻撃の様子に驚いたが、こうした慰霊碑についても木陰にひっそりとあるだけでは気が付く人は少ないのだと思う。

M1980004.JPG
M1980005.JPG

日本各地に対する空襲については、戦後、米国戦略爆撃調査団による報告書が出されている。アメリカ軍による民間人への無差別爆撃は明らかに戦時国際法違反であるが、サンフランシスコ講和条約によって日本国政府がアメリカへの補償請求権を放棄したため、無差別爆撃に関する補償は行われていない。

posted by Nina at 21:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

千葉県の歴史と戦争

戦前の徴兵忌避の実態について、ほとんど知られていません。神田文人さん(横浜市立大学 名誉教授)の『昭和・平成現代史年表』(小学館)は、年表のベストセラーにもなっており、徴兵忌避の研究にも目を向けた資料ともなっています。

この文献は、戦前の全国と、千葉県での徴兵忌避の実態を細かい数字を挙げて報告しており、その中で神田さんは、全国的にも、千葉県内をとっても、海に面し、漁港のある地域に徴兵忌避者が特に多いという事実をあげ、「これは徴兵を遁れた者が 海上を船で脱出したことを示している証拠と思える」という興味深い指摘をしています。神田さんは、この徴兵忌避問題に強い関心を抱き、今後の中心的研究テーマとして本格的に取り組もうとしていた方ですが、残念ながらガンで急逝されました。このテーマを引き継いで、調査、研究をされる若い研究者の方が出てくることを強く期待します。

 文献は、2004年3月に出た『千葉県史研究』第12号に掲載された 「徴兵忌避と千葉県」 という論文で、脱走兵援助に関する文献 の中の「(4)戦前の兵役拒否・徴兵忌避などの文献」にPDFファイルとして掲載がありました。
posted by Nina at 03:10| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

Wikipedia からみる千葉県の政治風土

終戦記念日が近い。千葉も大空襲で壊滅的な被害を受け、そこから戦後復興を果たしていったという歴史があるが、この際に戦後の千葉県政史を振り返ってみた。

終戦から6年後、1951年に柴田等千葉県知事に、元は厚生官僚だった友納武人招かれて副知事に就任した。このことから、千葉県の様々な政治の裏表のドラマが起きていた。その次に知事となった加納久朗県政においても副知事として留任したが、1963年に加納久朗知事(1955年日本住宅公団初代総裁に就任。 1958年、東京湾の埋め立て開発を提唱し、自民党や財界の推挙により、農漁民の生活を守ろうとする柴田等前知事を破り、千葉県知事となるが在任110日で急逝。)の急死に伴い後任を決める知事選に出馬し当選、以降1975年まで3選を果たした。

友納知事には、東京湾を大規模に埋め立てて京葉工業地帯の礎を築き、当時は農業県だった千葉県民の大きな雇用や東京ディズニーランドを含む今日に至る千葉県の発展を築くなど、「開発大明神」の異名をとり「千葉県中興の祖」という評価が根強い。その一方で、東京湾埋め立てをめぐる三井不動産社長・江戸英雄との繋がりを始めとした土建業との癒着や川鉄公害訴訟などの環境破壊が起き住民からの反発も招くなど、房総半島の破壊をもたらした人物という批判も強い。

他方、千葉ニュータウンの建設は1966年に千葉県が構想を発表し、1969年に都市計画を決定した。1970年に小室地区から事業が着手されたものの、用地買収が計画通りに進まず、その間に東京圏への人口集中が鈍化し、住宅確保の緊急性が薄れたこともあって、当初の計画から大幅な変更・縮小を余儀なくされていた。これにより、当時都心への唯一の鉄道アクセス手段であった北総開発鉄道の旅客数低迷にも直結し、同社の経営が悪化する主因となった。成田空港の三里塚変更にも関与。1971年、成田闘争のヤマ場となった土地収用に伴う行政代執行を指揮した(我孫子の井手口県議は1967年頃より、県会に関わり、我孫子はディズニーランド用地の候補にもなって、画策、濡れ手に粟との状況があったとされるため、友納ー川上の知事争奪戦の一件は政治的な影響に尾をひくことに)。

1964年に当時の友納によって副知事に任命された川上紀一が、1974年に川上は自由民主党と結託して友納知事を排斥、自らの知事選出馬を画策する。その際に支援を要請したある都内の不動産業者から5,000万円の献金を受けた際に“当選の暁には弊社の千葉県における事業発展に協力を惜しまない”旨が記されたとされている「念書」を交わした。翌1975年に千葉県知事選挙に無所属で出馬した川上は自由民主党の推薦を受けて初当選を果たした。1978年の新東京国際空港の開港を実現させ、またオリエンタルランドが東京ディズニーランドの建設を巡って親会社の三井不動産と対立した際にはオリエンタルランドの社長である高橋政知を支援して三井側に対して譲歩を迫って、東京ディズニーランドの浦安町(当時)への誘致を実現させた。

こうした成果を追い風として1979年の知事選挙でも再選された。ところが、1981年1月に1974年の5,000万円の献金とともに交わされた「念書」の存在が明らかとなり、スキャンダル化したため、2月16日には知事辞任に追い込まれた(川上五千万円念書事件)。その後に、1983年の第37回衆議院議員総選挙に故郷のある千葉3区からの出馬を表明する。ところが、この選挙区は元々定員5人のうち4人までが自民党議員で残り1つもラスベガス賭博事件で一時逼塞を余儀なくされた前議員浜田幸一が再起をかけて異例の5人目の公認を得たために川上が長年支援を受けてきた自民党の公認を貰う余地はなく、無所属での出馬を余儀なくされた。その結果、最下位当選の中村正三郎に5,000票差にまで迫ったものの7位で落選し、その政治生命は絶たれる

この時、沼田武は副知事を務めていた1981年に、いわゆる「5000万円念書事件」で辞任に追い込まれた川上紀一の後任を選ぶ千葉県知事選挙に自由民主党系無所属として出馬し、以後5期20年務める。任期中には成田国際空港問題への対応、幕張新都心計画の推進などを手掛けた。初当選は総得票の半数近くを集め圧勝したが、県知事選挙の投票率(25.4%)は平成23年に行われた埼玉県知事選挙(投票率24.9%)によって破られるまで全国ワーストワンの記録だった。当時CMで流行していたヱスビー食品の「8分の5チップ」にかけて、当選当初は「8分の1知事」と揶揄された。沼田の治政は、土建屋の友納が戻ってきたと言われた状況だったと言われる。

この長い時代にあとに、女性が声を上げた市民運動から女性知事・堂本暁子が誕生したのは、首都圏でも画期的な事であった。

posted by Nina at 07:38| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

松戸市政70周年

サッカーのコンフェデレーションズカップ・グループA第2節でイタリアと対戦し、4−3で準決勝への選出を断たれたが、相手チームの選手は、いかに苦戦したかをブログで語っている。イタリアはヨーロッパの強豪チームであるから、負けたとはいえ試合内容は惜しいのひと事だ。

さて、最近は雨の中を千葉県内の議会にも傍聴にいったりしている。色々、学ぶことも多い。高濃度放射能焼却灰の搬入をしていた松戸市、市役所前にはゆとりのスペースがあり、花文字で市政70周年とあった。放射能委員会が立ちあがっており、関連は定例議会ではなくて委員会で話し合われるとのことだった。傍聴したおりには、LED導入による電力経費削減がいかに有効かとの質疑があった。

M1790027.JPG  M1790026.JPG  M1790023.JPG

M1790029.JPG  M1790033.JPG  M1790032.JPG












posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

<奇跡の原っぱ>宅地造成で消滅の瀬戸際 千葉・印西

千葉ニュータウン開発予定地内の平たんな土地(印西市)が草原化して、貴重な昆虫やホンドギツネなど絶滅の恐れがある動植物が多数生息し、現状を保存すべきだとの声が上がっている。

千葉県白井、船橋、印西市などにまたがり北総台地を細長く切り開いたニュータウン計画。1969(昭和44)年に開発がスタートし、10年間で34万人の都市を完成させ、国内最大の多摩ニュータウンと肩を並べるはずだった。だが、オイルショックなどで何度も計画が見直され、現住人口は約9万人。

1970年代の大規模な造成で里山を崩して生まれた土地が、ニュータウン計画がとん挫して約40年間放置されるうちに草原となって、貴重な動植物の聖地になっていた。これはまさに、浅間山の噴火でできた軽井沢の牧草地が変化していく時のような話だ。「奇跡の原っぱ」と呼ばれるようになったが昨年末、宅地造成が急に動きだし、消滅の瀬戸際にあるという。

我孫子の消費者の会の会員もこの件では、署名運動に加わって、県、国にも意見しようと必死だ。日本生態学会でも、貴重な生態系が創出されており、保護すべきと意見している。ニュータウン計画では莫大な県費を支出して、県財政を圧迫するもとを作ったが、この災い転じて、福と成すという方が良いのではないか。千葉県の貴重な観光資源にしながら、保護することもできるやもしれない。最初に計画ありきではなく、千葉県庁は20世紀の開発重視の頭を柔軟にすべきだろう。


【存在するのか?植物語】植物は隣の植物の声を聞く?

 原っぱは、UR(都市再生機構)と県による同ニュータウン事業で最後に残った開発予定地約140ヘクタールの一角を占め、面積は東京ドーム11個分の約50ヘクタール。北総線印西牧の原駅の北に広がっている。開発初期に山を崩し湿地を埋めて平らにした。

 原っぱでは、今ではほとんど見られなくなったホンドギツネの営巣が確認され、エサのノウサギも豊富。トンボなども含め環境省指定の絶滅危惧種27種、千葉県指定109種を含む多様な生き物の生態系が成り立っている。現地に詳しい日本自然保護協会の高川晋一農学博士は「駅から徒歩圏内に国立公園級の生態系があるのは、驚嘆に値する」と話す。

 印西の原っぱは県有地で、URが定期的に草刈りをして管理する。ニュータウン開発事業は今年度末で終了期限を迎えるが、今の全体の人口は約9万人で、目標の約14万人に届かない。不況や人口減で宅地需要が見込めず、原っぱは本格造成を免れてきた。高川さんは「県有地で人が入らず、草刈りされているため森にもならないなど人為的要素が重なって成立した」とみる。

 だが昨年11月、URは原っぱの南側の樹林を大量伐採し、宅地造成を開始。地元で「売れるあてがまったくないのに、なぜ造成をごり押しするのか」と批判が上がり、原っぱや近くを流れる川の保全活動に取り組む市民グループ「亀成(かめなり)川を愛する会」が署名活動を始めた。政府がほぼ全額出資するURは造成開始の直前に会計検査院の調査を受け、大量の未利用地を抱える状況を改善するよう求められていた。

 今月13日には、全国の研究者で組織する日本生態学会(会員約4000人)が、造成の一時中断や原っぱの保全などを県とURに申し入れた。学会メンバーの西広淳・東邦大理学部准教授も「関東地方で保全すべき草地を1カ所挙げるとすれば、この地域だ」として、貴重な自然と共存するよう土地利用の再検討を求める。

 一方、UR千葉ニュータウン事業本部は取材に「事業終了期限の来年3月までに造成を終えたい」とし、申し入れに応じず造成を急ぐ構えだ。


毎日新聞 6月16日(日)10時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-00000006-mai-soci
posted by Nina at 08:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

県民の日、千葉を見て知る

毎年6月15日を中心に県民の日を記念して、様々なイベントが開催されるが、今年は千葉県誕生140周年となる。県内の美術館、博物館の公共施設や観光スポット、TDLなどでも、無料または割引料になるので、千葉の歴史や文化、自然、産業等を知るきっかけとして、利用できる。

千葉県は、都市再生機構の「平成25年問題」に直面して、それぞれの開発事業は地域や区域で工事の進捗状況が異なっているにもかかわらず、一律に同時期に撤退することで、工事の一部中止や造成途中での完了も考えられ、開発地域の住民の期待を裏切る様な状況が危惧されている。

今は、インターネットで検索すればあらかたの行政文書も居ながらにアクセスできる時代だ。そんなこんなで、千葉県の莫大な先行投資(借財)は、千葉県を形作る房総半島の住民の中でも給与所得の高かった(?)東葛千葉県民には釈然としない結果になっているが、ひょっとして住民の中にも多くの専門家がいるはずで、こうした千葉都民がふるさとを思って、知恵を絞るということも可能かもしれない。賢民の住み続ける地域になるよう、行政、議会を心して改めなくてはいけない時期だ。それには、情報を公開し、住民の意識を地元政治にも向けさせる魅力的な提案をして、光り輝やく地域にしていかなくてはと考えるがどうだろうか。千葉の飛躍.jpgM1630041.JPG


posted by Nina at 05:19| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

手賀沼花火大会、8月3日(土)に実施決定! 募金活動スタートしています 

手賀沼花火大会は、平成23・24年の2年間、様々な理由により開催出来ませんでしたが、今年は『柏・我孫子花火大会in手賀沼』として8月3日(土)に実施することが決定しました。この2年間は我孫子だけででも続けようと、カッパ祭りのメンバーたちが一念発起、手賀沼の夏の伝統の火を消すなと、商店会などに寄付金を募り、美しい夏の風物詩手賀沼の花火”を守りました。こじんまりと30分ほどですが、震災の年も、その翌年も日人々の心を癒し、小さな子供たちの思い出のページに記されました。大きな街でできなかったことを小さい街ながらも確実にやってのける我孫子市民の底力を見た思いでした。こうした努力、年々のアプローチに柏がようやく応えてくれました。両市の間にわだかまっていた放射能焼却灰搬入の問題も一時ストップ、手賀沼の夏が楽しみです。ちなみに、我孫子カッパ祭りは8月24日に予定されています。

内容の詳細は、7月1日号の広報と市ホームページでお知らせが出ます。

花火大会開催に向けて、募金活動を実施、より良い花火大会となるようと、既にイベント会場などでの募金協力の呼びかけも始まっています。 

募金箱設置場所 

・我孫子市役所本庁舎1階ロビー
・生涯学習センター「アビスタ」
・我孫子インフォメーションセンター「アビシルベ」
・我孫子市民体育館
・湖北地区公民館
・あびこ農産物直売所「あびこん」

駅頭募金 日時

6月17日(月)午後6時から午後7時
我孫子駅(南口・北口ロータリー付近)

7月2日(火)午後6時から午後8時
我孫子駅(南口・北口ロータリー付近)

7月17日(水)午後6時から午後8時
我孫子駅(南口・北口ロータリー付近)


口座振込

【口座番号】千葉銀行 我孫子支店 普通預金 3676079
【口座名義】手賀沼花火大会募金実行委員長 青木宏栄(ひろしげ)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

終末処理場への高濃度放射能焼却灰  一時保管の説明会から一年

昨年6月9日(土)に終末処理場への焼却灰搬入のことで説明会から、間もなく一年です。当時は、民主党政権で自民党の国会議員は地元にはいなかった頃でした。民主党政権下での放射能事故収束宣言にのっとり、自民党政権に変わっても、終末処理場での高濃度焼却灰の扱いは先が見えません。

我孫子市民として、今後のことが気になる人は多くいます。震災直後から母親たちの陳情・請願を含め、昨年の説明会後には市民グループが立ち上がり、県が一方的に一時保管所に決めたことに抗議して調停を申し入れるなどに展開していた。一般市民には当市の被る苦渋の事態にどういう形で声を伝えるかわからないものですが、そんな中であげられた抗議の声に、松戸、流山からの焼却灰は搬入停止となったこと、6日の時点で柏も搬入を一日前倒しで停止したとTVニュースが流れました。

昨年の終末処理場近くであった説明会後には、知人から下記のようなメールが来ていました。メール、Fax、手紙などを国や県におくるなどの行為は、すぐに効果はなくても県庁に県民の声を伝えようとする事の意味は大きいはずです。もう一度読み返してみて、当時の市民の怒りを代表するものだと思ったので掲載しておきます。

今後も、何かしら手段を講じ、一時保管が延長されるなど起きないようにしなくてはなりません。
県に伝えるべきことは、メールでも可能です。もし、そうしたメールを送られた際には、海津にもninakaizu*gmail.comまでご一報くださる、情報として役立てます。


::::::::::::::::::::

Sent: Wednesday, June 20, 2012 12:14 AM
To: kaizu1@jcom.home.ne.jp

・・・・前文省略・・・・

ところで、焼却灰の件ですが、千葉県宛てにこうコメントしました。

我孫子市をゴミ箱にしないでください。
我孫子市手賀沼の下水処理場へ放射性物質を含む焼却灰の一時保管には反対です。

一時保管といっていますが、最終処分場はいったいいつ決まるのでしょうか?。
説明会ではこれから探す等と行っていましたが、
それでよく3年間の期限付き等と言えるものです。
有耶無耶にして、永久に置くつもりなのですか?

(森田健作知事は)苦渋の選択だの、カメラ目線でのパフォーマンスは素晴らしいですが、(説明会の直前にドイツ視察へ行くなどで、我孫子に来ないというのでは)内容は軽々しく聞こえます。



posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

成田−羽田間、1時間で直結 成長戦略、官民で新鉄道 30年代半ば開業目指す

 政府は先月30日、成田空港(千葉県)と羽田空港(東京都)を結ぶ新鉄道「都心直結線」構想の推進を6月にまとめる成長戦略に盛り込む方針を固めた。今秋にも地質調査を始め、早ければ、5年後の平成30年代半ばの開業を目指す。これまで1時間半以上かかった両空港間を直通で1時間以内で結ぶ。JR東京駅近くに新東京駅を建設し、両空港からのアクセスを良くして観光客やビジネス客の利便性を高め、東海道や東北など新幹線を利用した全国への移動もスムーズにする。

 都心直結線は地下鉄・都営浅草線の押上(東京都墨田区)−泉岳寺駅(同港区)間の約11キロに新線を通す。地下40メートルより深い部分にトンネルを掘り、土地の買収がいらない大深度地下方式を地下鉄で初めて採用し、事業費を圧縮する。1日当たりの利用者は延べ約22万人と試算し、既存線の混雑緩和も見込む。

 構想は、国土交通省中心に検討されてきたが、事業費は新駅建設やトンネル掘削費などで約4千億円に上ると見込まれ、費用捻出が大きな課題となっていた。これに対して安倍晋三政権は、インフラ投資で企業から集めたお金を使う「PFI(民間資金活用による社会資本整備)」の活用を検討。民間投資を呼び込んで官民で実現させる考えだ。

 押上−泉岳寺駅間は、現在も都営浅草線に乗れば約20分で移動できるが、大深度方式ならばカーブが少ない線路を敷いて高速で走らせることが可能となり、乗り換えも必要ない。将来的には在来線最速レベルの時速160キロ運転を想定する。土地買収が必要ないため事業期間は短く、「地震の揺れも地下が深くなるほど小さい」(政府関係者)こともメリットとしている。航空ガラパゴスの「日本の翼」縛るっている競争条件の 航空自由化も燃料税など勘案するらしい。


産経新聞 5月31日(金)7時55分配信

 流山市、柏市にはTXが、野田市にはいよいよ東京直結鉄道の計画がされる。東京メトロ有楽町線の豊洲から分岐して、東陽町を通り、住吉から押上までは半蔵門線を使い、四ツ木、亀有、八潮、越谷レイクタウン等を通って野田市まで行く計画を、さらに、利根川を渡って坂東市、つくば市へと延長する構想だ。豊洲、住吉、押上の準備工事は済んでいますが、『つくばエクスプレスの投資効果を減殺しないよう留意して着工区間、時期等を決定する』とされていたが、計画が実施に移される公算がでてきたということです。我孫子市は東葛ガラパゴスにならないよう、アクセスの面でももっと真剣に考えなくてはならない。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

迅速で、誠実な、原発報道が望まれるのに

東海村は原子力事故(日本国内で初めて臨界事故によって、事故被曝による死亡者を出した)は、今回もその反省はおろか、結局は原子力に関わる人たちには未だに管理体制の見直しが出来ていなかったこと、情報公開の迅速性を図れていないことが、先日の被曝死亡事故によって露呈した。驚愕する事実だが、日本の原発技術はトルコ、モンゴルとの開発計画への技術提携が進んでいて、なんともだ。

振り返れば、福島原発のSPEEDIのデータの扱いが遅れた反省がありながら、相変わらずだと物申す武田教授の意見が、音声で公開されていたので、ここにも紹介したい。

3.11以降、政府報道が後手後手だったのは東電そのものが混乱して、絶対安全と言い切っていたことを覆されて、直ちに認められないことが続発、最悪の事態に向かいつつあった時、日本の国民は蚊帳の外だった。海外のメディアの方が黒煙が上がった報道をキャッチして、それを知った海外の友人たちが心配して連絡してきたが、国内の私たちはどうしてそれほど慌てふためいて大挙して逃げるのか逆に不思議に思うほどだったが、日本の中での報道規制がされていたとしか思いようがない。しかし、今もって、反省はされたのかと思うような事ばかりが、続いている。東海村原研の放射能漏れ事故についても、もっと迅速に、報道してほしい。

2年前の震災で、津波に飲まれる東北の惨状を見るだけでも、辛いものがあったが、それに続いて原発で大事故が起きたのは、なかなか状況が伝わらないでいた。あの時は誰もが、何らかのデータに基づく情報を欲していた。それが政府、東電側から待てど暮らせど出てこなかったから、インターネットの情報発信をする方たちの情報はそれなりに有用だった。賛否批判されるところはあれ、だから、どうしたら安全を確保できるのか、だれも断言はできなかったが、それでも出そうとしない情報をただ待っているよりは、判断の基準になるものを示してくれる人は重要だった。その分野の専門家は組織にいるわけだから、かえって言えなかった事情も分かるが、それでいいのだろうか。かなりの幸運と現場の人々の命がけの作業によって、救われたところがあるが、それは個人の発意でされた部分で、責任ある中央当局の態度としては釈然としない所が多いままだ。

原発について多くの発信をしていた一人に武田教授がいる。今回は、「政府が国民の側に立って次々と情報を出し、みんなが「どうしたら良いか」が分かるのが一番良い。でもそれは望めないので、ここで少しでもご参考になればと思って、ドイツの人(出所があまりハッキリせず、一つの例と考えて欲しい。データ自身の確実性は不明だが、つまり、このようなをことを気象庁などが早くやって公開して欲しい)が急いで計算してくれたと思われるものを掲げる。シミュレーションを見るかぎり、今回は北風の時には東京を越えて静岡あたりまで汚染されている。でも、今、福島で漏れている放射線物質は数100ミリシーベルトだから、あまり驚かないで欲しい。」などといっている。下記にて、音声報告(平成23年3月15日)をのせているのを参考に聞くことが出来る。


武田邦彦教授(中部大学)
「政府、文科省、NHKは直ちに行動しなければならない」
http://takedanet.com/2013/05/nhk_d6cf.html をクリックして、現れる文書の中に
「tdyno.259-(10:05).mp3」をダウンロードとあるので、さらにクリックすると音声が聞ける)

その話の中で、予測計算は福島原発の風を参考にして放射線物質がどのように風にのって行くかを解析したもので、放射線物質は太平洋の方に流れるなどもあるからら漁船などに警告を出すべきだと指摘。本来は気象庁が迅速に出すべきものだ。SPEEDIの時のようにデータ解析の能力があっても、使われないのは指示待ちの為なのか、危機管理がなっていないのか。ともかく日本より外国の人は考えて行動するのが早いというでは、大問題だった。未だに体制は変わっていないのかもしれないと感じる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島の国連科学委報告〜
(大事な情報は小さな文字にしているのが気になるところだ)

朝日新聞(27日一面トップ記事)

国連委報告案について朝日新聞は『福島事故の甲状腺集団線量「チェルノブイリの1/30」』としてトップで載せている。しかし、記事をよーく見ると小さな字で最後の方に「放射性ヨウ素の実測値が不足しているほか、被ばく線量については不確定要素も多いと分析した。低線量被曝による健康影響もんまだ十分に解明されていないとも指摘した。報告書は数年後に新たなデータを踏まえて見直される予定だ。」とあるここのところも大見出しに次ぐくらいの大きさの文字にしておかないといけない重要性だろうに、一番最後に書いてある。新聞は見出しだけを読む人も多いもの、不親切というか、ことこういう問題であれば、疑問だと思える。最近はHPで新聞を閲覧する人も多いから、記事の最後を知ることがないまま問題点に気づかないでしまう。

http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY201305260335.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000009-asahi-soci

posted by Nina at 08:46| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

通過するか、主要駅になるか、街の発展の要・鉄道

 文化を守る会の講演会が行なわれ、「飯泉義雄顕彰碑10周年記念講演会」として我孫子宿/駅の歴史について、2時間、多彩諸姉諸兄のお話しを興味深く聞いた。会場も満席で熱気だった。我孫子に別荘地が出来たのも、嘉納治五郎、杉村楚人冠、白樺コロニ―が出来たのも鉄道駅が出来た事によるのは間違いない。

2013 .jpg

 こうした話しを聞きながら、この所の常磐線・成田線の我孫子駅を考えた。今や TX沿線の駅・流山おたかの森駅、柏の葉キャンパス駅の周辺が華やかだ。流山市議会では、平成18年6月19日に 「東京駅延伸に関する決議」を井崎市長の政権下で議決を得た。その後、6月26日には茨城県や市町村、企業等で構成する「茨城県つくばエクスプレス等整備利用促進協議会」が東京駅延伸の早期実現について国土交通省ほか関係機関に対する中央要望も実施された。

 また、同年6月28日の首都圏新都市鉄道株式会社の株主総会に流山市、柏市、守谷市、つくばみらい市、及びつくば市との5市長の連名で東京駅延伸等の要望書を提出し、準備を進めた。同年8月2日には、超党派の国会議員で組織する「つくばエクスプレス利用・建設促進議員連盟」がTXの利用促進と東京駅延伸の早期実現の新たな決議がされたのだという。

http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/26/203/10696/001239.html

 隣接の取手市は、常磐アートラインと銘うって活性化を図っている。兎も角、日本において鉄道と街の衰退繁栄は大きな関係がある。我孫子の魅力を作るために、ジリ貧に陥らない上向きの打開策を考えていかなくてはならない。常磐線が東京駅に繋がるということでも、我孫子での停車する便も東京駅に繋がるようにし、また特急が通過する駅になったが、これ以上の通過がないように主張していかなくてはならない。

 26日は、千葉市長選で36歳の全国政令都市最年少とされる熊谷市長が再選された。前回は、当選を有力視されていた元副市長で自民公認候補が最有力視されていたところへ、突然に民主の風をうけて市議1期目なかばでの立候補、当選だった。二期目に関しては、ご本人が立候補をするかどうか熟慮すると話した上での二期目への挑戦となった。今年11月には、柏市長選挙がおこなわれる。前回、2009年当時は民主党の勢いもあって、市民ネットワーク・千葉県の推薦及び社会民主党の支持を受け、秋山氏が無所属で出馬し、57,258票を獲得し、二番手の候補者を辛くも破って初当選した。柏市は、千葉県内では千葉市に次いで借金が多いため、財政再建を図るとして出馬したのだった。二番手となった候補者は、柏議会初の女性議長となった市議(自民系)で、その後の経緯からすると今回の選挙のゆくへは、現職強しのジンクスはあっても波乱含みであろうか。TX沿線の流山市長は、過去に3期目現役の前市長(80歳)との選挙戦で一度は落選したが、その市長が勇退した後の市長選で当選して、市長として三期目となっていて、四期目の市長選に出馬するかどうなるのか、市の将来展望にもかかわることになる。

 我孫子のまちづくりも、市議会や市長がどういう形で選ばれるか影響は大きい。降り立ってみたい、話題になる街でありたい。それには地域の良さを再発見がされていくように、市民の力を発揮していかないといけないだろう。我孫子は、大企業がない分、市民発意が意味をもつのだと思う。頑張ろう!我孫子市民!!

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

新党のゆくへ

日本維新の会は16日、新人で投資会社経営の中田敏博氏(44)を今夏の参院選千葉選挙区(改選数3)に差し替える方針を固めたと同党幹部が明らかにした。中田氏が松井幹事長と会談し、17日に正式発表された。(5月17日 読売新聞)

中田敏博氏(44)は、衆院選千葉2区からみんなの党公認で出馬予定をしていたが、突如、11月22日、 みんなの党を離れ、日本維新の会公認で衆院選に立候補、惜敗した...

その後、どういうすったもんだがあったのか、維新関係者によると、候補差し替えは、藤井選対委員長が大型連休中、市川市議ら複数の候補と会談し、選定を進めた。その結果、選挙戦の経験があり、党ブレーンの竹中平蔵・元総務相が推薦した中田氏が有力となったという。衆議院選惜敗(26票)であったことから参議院選の候補者に鞍替え、維新公認が内定したということだ。維新の西田譲県総支部代表は、千葉で共闘するみんなの党の水野賢一幹事長代理に対して選挙協力を再要請したが、同党の渡辺喜美代表が共闘関係の見直しに言及していることから、態勢作りは難航も予想される。

維新の藤井氏は会見で、「中田氏は党の公募に応じていた(候補者の)有力な一人だったので、既に決定していた公認候補を取り消し、党と千葉県総支部で協議して決めた」と説明したが、維新の会からも「最初から調整しておくべきだった」との指摘が出ている。他の政党でも、「勝つため」との理由で候補の差し替えはしばしば起こるが、全国での選挙協力が絡むだけに党本部の調整も簡単にはいかないようだ。

中田氏は公認候補として既にHPにプロフィールを出していて、1968年11月3日生まれ千葉大学医学部卒業 慶應義塾大学病院勤務医 単身米国へ飛び、MITビジネススクールの門をたたく。ボストンコンサルティンググループコンサルタント、日本の経営の限界を思い知る。敬愛する孫正義社長との出会いにより、直属の部下として世界中を飛び回る。2001年SBライフサイエンス(米国の100億円規模の医療ベンチャー投資会社)代表2012年晴山会平山病院(花見川区)医師/情報管理室室長 日本維新の会衆議院千葉県第2選挙区支部長就任現在に至る。 尊敬する人物:高杉晋作、白洲次郎

・・・・・・・・・・・・・・・

みんなの党・渡辺喜美代表は、17日、日本維新の会との政策協議を無期限で凍結する方針を明らかにした。
渡辺代表「政策協議を凍結するということでありまして、凍結が解除されない場合には選挙協力もご破算になる」 渡辺代表は理由について、最近の従軍慰安婦問題などをめぐる「維新の政治家の発言を聞くにつれ、みんなの党と維新とは文化、体質が違うと感じる」と述べた。

今朝も、橋下徹大阪市長が旧日本軍の従軍慰安婦を容認する発言をしたことについて、テレビ報道がされていた。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は13日、 発言の内容と、日本国内や韓国政府高官からの批判を東京発で報じた。AP通信も同日、「戦時中の性奴隷は必要だったと大阪市長」との見出しで伝えた。 ニューヨーク・タイムズは橋下氏について、将来の首相候補とみる人もいると紹介。橋下氏の発言は国会議員や人権団体から直ちに非難されたと伝えた。

 安倍晋三首相が「侵略」について「どちらから見るかということにおいて(評価が)違う」と述べたとも指摘し、橋下氏の発言は、 第2次大戦中の歴史が歪曲されているとする日本の政治家による一連の発言に連なっていると位置付けた。

 米紙ワシントン・ポストも13日、橋下氏の発言を伝えるAPの記事を電子版に掲載した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130514/amr13051414010010-n1.htm

Osaka mayor says wartime sex slaves were needed to ‘maintain discipline’ in Japanese military


橋下市長の発言の危うさは、政治家としてメディアのいい材料にされてきたのを見てきた。いいも悪いも、情報発信をする先兵となり、市民社会をゆさぶる政治家だ。私も、地域の政治にかかわる上で更に広範囲な政治を視野に考えたいと新政党組織に加わる判断をしたことがあったし、より良い改革するように呼び掛けて発信をしようと言うのは今も変わらないが、東日本大震災がおきた直後の県議選挙の中で、新党の政治による新風を訴えるのは苦しかった。その後に維新、太陽、生活・・・こうなってきてみると新党自体の声でしっかり変えられる意思があるのかは見えにくくなってきていると実感する。

政党の公募を経て公認を得るまでの長い道のりを超え、震災という人知の及ばない変化のなかで大きく風向きが変わった経験も自らしたし、ままならさも身をもって知った。まして新政党という組織も本格化するのに時間も人手もかかるのだから、復興期の新党は即戦力を期待されると辛い。平常時ですら相当の年月は必要だからだ。幸か不幸か、我孫子は人口10万人を少し超える程度の中規模都市なので、数を力とみる政治の世界では大票田をもつことにはならない。政治のうねりを更に確実につなげようと上を見る時に必要な票数をどう裏付けるかとなるとここで地域格差は出てくるのは如何ともしがたいことだ。今回の我孫子への裁定は、多分そんなところから来るものではないか。つまり、我孫子市から候補者となった人物の政治姿勢と、千葉市の候補者の未知数的魅力では、なんら負けるところはないと思う。熱のある、損得勘定では動かない実直な人柄の市議だった方だと知っていたので、私としても非常に悔しい。




posted by Nina at 10:38| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』

ソビエトのチェルノブイリ原子力発電所で発生した未曽有の大事故から、今年で27年が経ちました。1986年4月26日、現ウクライナはソビエトの治世でした。

現地でグリーンピースは放射能調査を継続していますが、四半世紀を経た今も高レベルの放射線が検知され、農作物の汚染も続いていることがわかっています。この結果を受け、グリーンピースはウクライナ政府当局に食品汚染のモニタリングを再開するよう求めています。

今年、ゴルバチョフの科学顧問を務めたロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士を中心とする研究グループが2009年にまとめた報告書の日本語訳『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』を刊行、ヤブロコフ博士の来日講演も東京・盛岡・郡山・京都の4か所で予定されます。

ヤブロコフ博士は、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故当時、ゴルバチョフ書記長のアドバイザーを務め、被曝者のその後について25年以上追跡調査を続けている。2011年3月の福島第一原発事故後、チェルノブイリ事故との違いを指摘するとともに、放射能被害の過小評価の危険を警告している。

【博士の略歴】
1988年-1991年ソ連水産省の魚類学委員会議長。
1989年-1991年ソ連最高会議生態委員会副議長ソ連人民代議員。
1991年-1993年生態・公衆衛生に関するロシア大統領顧問。
1993年-1997年ロシア連邦安全保障会議省庁間生態安全委員会議長、この間旧ソ連による日本海への原子炉投棄問題を調査した。
1993年-2005年ロシア環境政策センター創立者および代表。
1996年-アメリカ芸術科学アカデミー名誉会員。
1997年に発足した欧州放射線リスク委員会(ECRR)の共同設立者。

2007年、ベラルーシのベルラド放射能安全研究所初代所長ワシリー・ネステレンコ、同所員アレクセイ・ネステレンコ(現所長)とともに、英語文献や、ロシア、ウクライナ、ベラルーシなどスラブ系の諸言語の記録や文献をもとに報告書『チェルノブイリ――大惨事が人びとと環境におよぼした影響』(日本語訳書『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』)をまとめ、同事故による死者数は1986年から2004年の間で少なくとも98万5000人に達するとの推計を発表した。


2013年、東京での公演
『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』刊行記念
アレクセイ・ヤブロコフ博士講演会

日時: 5月18日(土)後6時30分〜
 会場: 星陵会館 http://www.sfseminar.org/arc2004/map.html
 主催: チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト
 共催: ピースボート、グリーンピース・ジャパン、FoE Japan、
      グリーン・アクション、原子力市民委員会
 協賛: 岩波書店
 解説: 崎山比早子
参加費: 1,000円(邦訳書持参の方は無料)
ご一緒に行かれる方がありましたら、海津 ninakaizu@gmail.com へもご連絡ください。

参考Youtube:
2012年12月15日〜16日 、東商ホール


Nuclear Free Now 脱原発世界会議 主催のアレクセイ・ヤブロコフ博士「チェルノブイリの教訓」
博士(ロシア科学アカデミー、生物学者)-の発言より、チェルノブイリ原発事故の健康被害に話を絞って再構成した。20分程度、質疑は後半15分あたりから。(下記、文字おこししたブログ)
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/c/ee9ef2f2b7a3ae84607658a0ea926ace
posted by Nina at 02:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

原子炉等規制法、技術的基準に適合しない原子炉施設には使用停止命令のはずだが・・・・

 我孫子市と印西の市堺にある手賀沼終末処理場へ、市外より搬入の高濃度放射能焼却灰の一時保管の問題は一向に解決はしないままだが、他の原発関連施設などでも納得できる展開には程遠い。

 福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」は、繰り返し事故を起こしてきており、多数の機器で点検時期の超過が見つかったことから、原子力規制委員会は13日までに、未点検機器の整備などが完了、運転再開に向けた準備を進めないよう指示する方針を固めた。近く具体的な指示内容を決めるが、日本原子力研究開発機構が目指している年度内の運転再開は、ほぼ不可能になった。

 長期間運転を停止しているもんじゅでは、昨年11月、1万件近い機器について点検間隔の延長手続きを行わないまま、実施を遅らせていたことが発覚した。規制委は今年2月、立ち入り検査などを行って調査してきた。 調査の結果、規制委は原子力機構の管理体制などに問題があることを重視。未点検機器が残っていることなどから、年度内の運転再開に向けた準備作業の継続を当面のあいだ認めない方針だ。

 原子炉等規制法は、技術的基準に適合しない原子炉施設に対し、規制委が使用停止命令を出すことができるとしているが、規制委によると、使用前検査の段階にあるもんじゅへの適用は難しいという。 

参照:
時事通信 2013年5月13日(月)12時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000053-jij-soci
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

国際日本研究家、ドナルド・キーンさん

ドナルド・キーンさんが『私が日本人になった理由』(PHP研究所)という文章を書いていた。
・・・・・・・・・・・・

震災以前から国籍取得は考えていました。
ただ、震災が起きた時に多くの外国人が日本から去っていくことには強い違和感を抱きました。
日本に長く住み、お金を儲けている人でもいざとなれば、あっさり日本を捨てるのかと。
もちろん、本当の脅威は放射能ですから、幼い子供を持った人々が去るのは理解できます。
しかし、私はそんなことはしないと再認識しました。

それ以前から国籍取得を考えていたとはいえ、今こそ日本人と一緒に居たいと思う気持ちが強まりました。
2011年の4月末に私は56年間勤めたコロンビア大学からの退官を発表しました。
それに際してNHKの取材を受けたのです。
その取材が終わった時、私は何気なく、「引退したら日本に永住する、国籍も取るだろう」と口にしました。
特に大げさなことを発表するつもりもまったくないままに。

すると半日後にはNHKはその部分だけをニュースにしたのです。
結果として大きな反響を呼びました。
東北はもちろん、日本中から手紙が届きました。
私のニューヨークのアパートに。

手紙の多くは、「あなたは勇気を与えてくれた」という内容でした。
中には「あなたは生粋の大和民族ではない」という否定的な意見も混じるだろうと予測していましたが、そいう手紙は一切ありませんでした。
いずれも感謝を表明するものばかりで、私が以前懸念した、顔つきがどうのとかはまったくの浅はかな杞憂でした。

私は自分の住む東京の一角では、ただの一人の西洋人でした。
今もそうかもしれません。
皆さんは私の顔をよくご存知でしたが、以前は通り過ぎる際に会釈をされるだけでした。
それが国籍取得のニュースの後には会釈だけではなく、声を掛けていただくようにもなりました。

「お元気ですか」「風邪をひかないように」とか。
些細な変化ですが、同時に重要な変化でした。

私はようやく、仲間として迎えられたと感じ、たいへんうれしく思いました。
今でもそう思っています。
以前から近所の皆さんはきわめて親切で、決して外国人扱いという調子ではなかったのです。
ただ、無言であっただけで。
しかし、今ではそいう点でも変わりました。

・・・・・・・・・

日本と日本文学をこよなく愛している、キーンさんはニューヨークで1922年に生まれ、現在91歳。
『100年先の皆様へ』という文章も書いている。

現在の日本とはずいずん違った国になっているでしょう。
今も未来も守るべきものはあります。
それは日本語です。

100年先には日本語以外の言葉が国際語になっているかもしれません。
しかし、日本語こそが日本人の宝物と信じて疑いません。
ぜひ守ってください。これこそは私の一番の願いです。

お願いします。

“ドナルド・キーン”(鬼怒鳴門・キーンドナルド)

(同書より)


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

手賀沼一時保管 柏市議団が視察「安全な施設に」

東日本大震災:焼却灰問題/千葉
住民に怒りと焦燥感、

 東京電力福島第1原発事故の影響で放射性物質に汚染された焼却灰が手賀沼終末処理場(我孫子・印西市境)で一時保管されている問題で、柏市議会の放射能等災害対策特別委員会(末永康文委員長)のメンバー12人が5日、処理場内の灰の保管状況を視察した。柏、松戸、流山3市の執行部・議会が搬入開始後、同処理場を公式に訪問するのは初めて。すでに3カ月以上経過してからの視察に加え、新政権発足で最終処分場の建設が不透明となっており、住民側の焦燥感や怒りが募っている。

 処理場の入り口に、我孫子市の反対住民約30人が詰めかける中、柏市議を乗せた大型バスが午後2時過ぎに到着。約30分間、県の職員から、一時保管施設(テント倉庫)内に保管された灰について説明を受けた。

 視察後、施設を出ようとした大型バスの前で、住民側が「柏市の汚染灰は、柏市で保管」「一時保管でも安全最優先で」などのプラカードを掲げて座り込みし、大型バスの通行を阻止。処理場の出口で立ち往生したバスから末永委員長が出てきて話し合いに応じることになり、住民側は安全な施設の設置を県に申し入れるよう要望した。これに対し、末永委員長は「この問題の一番の責任は東電であり国だ。住民の気持ちも理解できるので、今後、議会で対応を検討したい」と理解を求めた。

 しかし、住民側は怒りが募るばかり。柏市には、搬出者として県に施設の安全確保を求めるよう要望したが断られ、国の公害等調整委員会の調停でも、調停の結論が出るまで灰の搬入を停止するよう申し入れたが、停止されなかった。1キロ当たり8000ベクレル超の高濃度の焼却灰は着実に搬入され、昨年12月以降、柏、松戸、流山3市からの灰の保管量は約397トンに達し、柏市だけで167トンが運ばれている。

 住民団体「広域近隣住民連合会」の小林博三津事務局長(我孫子市)は「一時保管施設には柏市(のコンクリート製の保管庫)と同じ対策をやってほしい。末永委員長は我々住民側に理解を示していたが、結果的には、灰は搬入されているので、言動にずれがある」と批判した。


http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130406ddlk12040090000c.html
毎日新聞 2013年04月06日 地方版
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

搬入量を事前通知へ?! 県と5市の連絡会議で住民の不安は取り除かれない

2013年4月19日、千葉県柏市は「持ち込みによる食品・井戸水等の放射性物質測定の結果(4月1日〜4月10日分)」を発表した。
http://www.best-worst.net/news_aC9URxRMFU.html

同日、発表された市中央部で採取されたシイタケ”について、1キログラム当たり516ベクレルの放射性セシウムを検出したことが明らかとなった。その他にも、”干ししいたけ”が99ベクレル、”たけのこ”が80ベクレルと100ベクレルに迫る食品が存在している。柏市では食品基準値の1/2を超えた持ち込み品については「米国ORTEC社製 ゲルマニウム半導体検出器 GEM-20P4-70」で再検査を実施している。

また同じ日、千葉県は手賀沼終末処理場(印西市、我孫子市)への汚染焼却灰の搬入をめぐり、同処理場の周辺住民の間では不安が高まっているため、翌週の搬入計画を各市が事前に県に報告し、県が取りまとめた上で5市に伝えることになったという。一時保管する高濃度放射性物質を含んだごみ 焼却灰の管理や今後の搬入について協議する周辺5市との連絡調整会議を松戸市内で開き、灰の搬入量を事前に通知することなどを先月19日に決めた。実施は5月中にするとされる。

昨年12月に搬入が開始され、今月15日までに松戸、流山、柏の3市が計約427トンを運び込んだ。搬入同処理場内の一時保管のためのテントはこれまでに9棟建設され、うち3棟が使用中。県では地元自治会などへの公開を検討する。

 
MSN産経ニュース 2013.4.19 22:33
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130419/chb13041922440004-n1.htm
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

千葉県(北西部)、ここも変だよ

 このところ、TXを頻繁に利用するようになって、Wi‐Fiが使えるのだと気づいた!!!
 
 つくばエクスプレス(TX)は我孫子を通らないが、隣の柏駅から東武線に乗り換えると程なく流山おおたかの森で近い。駅周辺には巨大なショッピングセンターが建つが周りの環境に不似合いな感もするくらいだ。知人が有料老人ホームに入居したり、近所のお嬢さんが結婚して転居したりしている。柏のTX2駅へは車が近い。守谷駅の場合は、初乗り250円であったり、 遠距離低減がないから。(15km400円を超えると3km50円が延々と。)高い運賃の横綱格と言われる横浜市営地下鉄よりは高い区間もあるし、相対的に高額運賃で、通勤定期券の利用から外す会社もある。
 
 TXは秋葉原・筑波研究学園都市間を高速鉄道が走る戦後最後の大規模な複数自治体を巻き込んでの鉄道、都市計画だといわれたりした。そこで、これまでに北総鉄道や東葉高速鉄道、埼玉高速鉄道のようなニュータウン開発型第三セクター鉄道では、建設費の利子負担と返済の教訓があったため、他社線や高速バスに対し十分な競争力を持てる運賃水準を実現するために、建設費の大部分を無利子で調達する方法をとった。その際の沿線8市区長連名(流山市、柏市、守谷市、つくばみらい市、つくば市、三郷市、八潮市、荒川区)で、国の助成は、北千住以南が地下鉄建設費補助、北千住以北は鉄道公団P線方式とすることになった。 基金を設けて、運用益を建設費用に充当、元金は運営上の収入不足を補填するために取り崩すこととした。そのため、地方自治体は、用地の先行取得を進めることになった。

その構成比は、茨城県18.0%、東京都17.7%、千葉県7.1%、東京都足立区7.1%、茨城県つくば市6.7%、埼玉県5.9%、東京都台東区5.3%、千葉県柏市5.3%、千葉県流山市5.3%、東京都千代田区2.6%、東京都荒川区2.6%、埼玉県八潮市1.6%、茨城県守谷市1.5%、埼玉県三郷市 1.3%、茨城県伊奈町0.7%、茨城県谷和原村0.7%、以上自治体計89.5%。その他203団体10.5%。

当初のTXの建設の資金フレームは、建設費の約1兆円あまりを、国からの貸付金4113億円(運輸設備整備事業団貸付金)、自治体からの貸付金4113億円、自治体の出資金1440億円、財政投融資等からの貸付金617億円、民間企業からの出資金190億円で賄おうとするものだった。なんと資本金の額では2,000億円の東日本旅客鉄道(JR東日本)に次いで鉄道が本業の会社としては日本第2位である。さらに、その内訳詳細をみると、千葉県は131億円、柏市と流山市が各98億円を出資した。経営が黒字転換しないと、各自治体はさらに税金を投入せざるを得なくなるリスクもあるが、街の発展を期して投資することを議会を通して決定したのだ。

 TXでの資金はこうした事前調達によって、工事費は鉄道建設公団に出来高払いで支払っていた。余剰の資金は有価証券に投資し、平成12年度末までで、約47億円の運用益を得ていた。ところが、購入したマイカル社債が2001年に会社倒産で回収不能に陥り110億円もの損失を出すなどでは、県議会でも質疑がされたが、工事費が相対的に下落傾向にあるため、鉄道建設自体には影響が少ないとの答弁だった。

 しかも、こうした自治体の懐具合をよそに、TXでは天下り役員への高額報酬問題に加え、放漫経営の体質も明るみにでて問題となったことがある。しかも、TXの全線走行試験を控えた2004年8月末に週刊誌FLASHが“S建設のTX「超ズサン高架橋工事」を告発”という記事が掲載された。修復工事をしたものの、それ以前に手抜き工事問題や鉄道・運輸機構の工事検査・安全点検体制の根本的欠陥があるのではないかと指摘されるようになった。千葉県の姉歯建築事務所での一連の建設偽装問題が発覚する前年のことだった。

 2005年6月には、「基本計画」発表(1991年)と同時期に「開業後の赤字を沿線自治体が負担する」との密約発覚が報道され、県議会での質疑で、当局は「それに拘束されない」との答弁を行った。建設費の圧縮やワンマン運転の採用によるコストダウン、高速運転による利便性、関係自治体から拠出金を得たこともあって、旅客運賃に現れない部分で2008年度は約18億円の最終赤字ではあったものの、約4億円の営業黒字を計上となってきた。2009年度は約1500万円の最終黒字を計上することができた。2010年度は約21億円の最終黒字を計上し、輸送実績は好調が続いきている。それでも開業5年後の2010年度輸送人口を38万人としてのを、2003年の見直しで29万人に下方修正することになったことや、沿線開発人口も23万人から9万人にまでも下方修正(都内、埼玉県などを除くと、千葉県内は6万人から2万人)になっているのだとされる。このため、無利子貸付金償還据置期間を4年延長しても、なお累積黒字転換年を29年目から44年目に変更しなければならなくなっていることや、施設補修等を考えれば、今後、再度の見直しが行なわれたり、自治体へのしわ寄せも懸念がされている。

 我孫子を通るTXではないけれど、利用沿線自治体として千葉県でも税金を投入しているという事とは、我孫子・県民の血税も投入されている。千葉ニュータウン、TXは東葛エリアであり、千葉県としての影響がもたらされることを、知れば知るほど県政は問題含みだ。
 

参照:
http://www.chibakensyoku.jp/kenkai/pdf/200605/060510.pdf

http://www.pref.ibaraki.jp/forum/forum02/2-6.htm
posted by Nina at 05:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

近隣市、わが市でも裁判続き

スカイゲートシティーという名称がある。これまで京成スカイライナー51分かかって、日暮里ー成田空港を結んでいたのを新高速鉄道(スカイアクセス線)となって36分でアクセスするようになったことから、北総線沿線の街々を売りだす際の呼称として使われた。もともと小室・印旛日本医大の間の路線は、都市再生機構の前身住都公団が建設・保有し、第3種事業者となって複雑な運営形態であった。事業の不振もあって、2004年都市再生機構は鉄道事業から撤退、京成電鉄に譲渡して千葉ニュータウン鉄道となって再出発だった。当時の簿価193億円の譲渡価格については、千葉県が43億円負担して、千葉ニュータウン鉄道(=京成)が150億円で購入したことになって、都市再生機構は損失負担はないことになっていたのだという。

ところが、千葉県の思惑は移入住民の大幅な低迷で大外れになった結果、運賃の値上げが住民に降りかかってきた。それとは裏腹に、住民も北総鉄道も困り果てているなかで、千葉ニュータウンの事業主体である千葉県と都市再生機構は、2013年度、つまり3月までには千葉ニュータウン事業から撤退する予定だった。北総鉄道の高額運賃を招いた責任は、うやむやになるのか!

この問題のツケが、地域、議会を二分する裁判に及んでいる。解決策として北総鉄道を上下分離して、問題を作った千葉県と都市再生機構が北総の建設費負担約900億円を第3種事業者として負担し、北総は第2種事業者としてスリム化すべきだと考える人もいるが、県税がどう使われるか県民の重大問題であるが、千葉ニュータウンに買い物にいく我孫子市民も多いが、電車では行かない隣の庭の内側は知らないままに、近隣で多額な負担金が発生して県民共通に私たちの税金に影響が及んでくるなど、考えてみることはなかなかない。

他方、わが街は、近隣市と放射能焼却灰の裁判を続けているが、わが国、始まって以来の原発由来放射能の焼却灰の廃棄処分では、なかなか解決の糸口が定まらない。

posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

女性にも登用を積極的な社会へとの首相発言

昨日、安倍氏の成長戦略スピーチがあった。スピーチ中盤32分より、「これからの日本社会の成長の中核をなすのは、女性の登用を促進するべき」だとの発言で、その対応についてもかなり具体的な話をしていた。社会をよく変えるにも、数値目標を書かかげていくといい、党の人事においてもすでに画期的に実現している。また、子育てにも取り組みたいとのニーズも大きいとのことで、3年育休も積極的にすすめて企業にも女性するし、仕事に復帰するためには、大学で学ぶなども機会も積極的に用意する。子育ても重要な経験であり、それがビジネスチャンスにもなる、また家庭に専念している女性も輝けるような環境を作っていくと力のこもった細にいる発言していた。千葉県の男女共同参画社会へ把握と進展策は、すっかり出遅れ、国が実質的に振興策を進めていて、もはやジェンダーフリーだのリプロ・ライツの言葉に目くじらを立ててのやり取りなどから脱却したのと比べて、「男らしさ」「女らしさ」の言葉だのに捉えられて、そこから未だに出られていない。そういう点では、聡明な昭恵夫人を伴侶にもつ安倍首相はこだわりなく女性の社会進出と家庭とのバランスを実現する支援策を打ち出した初の男性政治家ではないかとさえ思う (*^_^*)



同日、「福島、六ケ所村への伝言」の映画をみてきたこともあったので、成長戦略においても震災復興支援についてはもう少し力説すべきではとも思えたが、このところの福島原発の問題が山積、進展していないためなのか、具体的な質問もされないで終わった感があった。安倍首相も女性記者の質問を期待していたのに挙手がなかったようだったのも至極残念だった、それこそマスコミ社会にこの点では数値目標が掲げにくい社会なのじゃないかなと思える。


posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

地域、議場の問題が裁判に

近々、知人の市議の裁判の傍聴に行くことにしている。議会で丁寧な質疑を繰り返す女性市議なので常々活動には敬服していた。しかし、議員活動の調査において、徹底的な調査をしていれば議会で正さなければならない額は億と及ぶ街も少なからずおきるので、女性市議らにとってはかなり大変な心労となっているはずだ。なぜなら、女性市議は短期決戦(5,6期を超える人は少数派)、しかも無所属のような徒党を組まない活動が多い。

例えば、最近、近隣市・白井では北総線運賃値下げ問題は、国を相手取って住民とが係争中となっている。東京地裁判決(3月26日)で、沿線住民は4月9日、鉄道利用者として国に運賃是正などを問う原告適格を認められた点では先例がない裁判く、注目だが、その原告団の求めた訴えはの内容はすべて否定されていた第一審。原告適格は北総鉄道に対してのみ認めたので、京成の線路使用料支払いについては原告適格は認められていない。つまり、判決は利用者は北総鉄道の切符を買っているから北総鉄道に対しては争う資格がある、しかし京成のは知らせているアクセス特急に対しては京成の切符を買っているわけではないから争う資格がないとの判断をした。もちろん、アクセス特急に乗り換えたり、最初からアクセス特急に乗る人もいるはず。北総線区間内で切符を買ったら京成の切符を買ったことにならないというのはおかしい。

そのためこれを不服として、さらに東京高裁に控訴することになった。行政の裁量判断過程に不合理な点がなかったかという視点から見ていけば、本件でも『違法』と判断する余地は十分にあったのではないか、別の見解を示す弁護士もおり、今後、高裁が『鉄道事業者の経営判断を不当に重視しすぎていないか』という点では、『認可取消』の判断に至るのではないかとの見方もある。京成の線路使用料こそ運賃値下げのカギとなる部分で、さらに司法に判断を問うていくことになる。

また、同時に起きている問題で、「北総鉄道運賃値下げ支援補助金」の専決処分に関する住民訴訟の千葉地裁判決(3月22日)について、法解釈および事実認定に誤りがあるとして、4月3日に行われた白井市議会は臨時会を開催、裁判において再度司法の判断を仰ぐ必要があると決した。そこで、 控訴に必要な費用を「白井市一般会計補正予算(第2号)」として議決、4月4日に東京高等裁判所宛ての「控訴状」を提出したと報告されていた。

http://city.shiroi.chiba.jp/iexcms/files/article/39356/20130403160620.pdf

非常に複雑な判断を含むため、裁判に訴えることもあるが、名誉棄損、議会での判断の違法性でも訴訟になっているというのは、いわれなき訴状だった場合もあるが、対応のためのストレスは大きくなり、政治活動にも影響する。職務とはいえ、こうしたことも女性たちが政治の場に少ない理由の一つだろうか。市民のために働く議員を市民が理解、サポートしてこそこうした激闘に耐えられるというものだ。
posted by Nina at 11:24| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

夏の参議選挙の前哨戦

 6月23日は、都議選の投票日であり、近隣の船橋市長選挙の投票日でもある。

 先週金曜日、船橋の市長選に野屋敷氏が5人目の候補者として、出馬表明をした。前回の市長選挙にも立候補し、3期12年との公約を反故にして4期目を押し通した藤代孝七市長に4600票差に迫る次点となった。今回は、みんなの党の公認とはならず、無所属での立候補となる。他の候補として、前市長に擁立された前副市長、前県議、元議長ら男性4人が既に立候補している。共産党も候補者の擁立に図るとしているが難航のようだ。
 

 船橋の各候補は、市長や副市長等の給与3割カットや教育委員会改革、待機児童解消等を公約に掲げている。市長級給与3割カット、退職金の7割カットを掲げているが、どの候補も争点らしき争点が見えないとも言われている。そんな中で、女性市長なら“良いとこ 船橋”もいいのじゃないかとの声が出るかもしれない。野屋敷氏は、堂本暁子前千葉県知事選挙を取り仕切った市民による政治団体の先駆者で、首都圏初の女性知事当選に大きく貢献した。長年、県の政治を改革する地道な闘いを続けてきた人なので、千葉初の政令市における女性市長となるのではないかと期待される。

  
 昨年は、大津市には、36歳で歴代最年少の女性市長が誕生した。その後、いじめ問題でも話題となっていたが、新市長の対応に一定の理解が示されるようになってきている。滋賀県は知事、県庁所在地の市長とも同時に女性が就任、全国初のケースだとして注目された。大津市では、現職3期目を目指した目片信氏(自由民主党・公明党推薦、みんなの党支持)を新人が破ってのケースだった。

 また、7日に投票が行なわれた小平市長選挙も注目された。昨年末に、衆議院選挙で圧勝または前進した自民、維新、公明、みんなの党が推薦した新人候補者が惨敗した。当選した現職候補は、民主、共産、生活、社民などの推薦を受けたが、それでも大差によって3期目となった。このため、衆議院選挙で自民圧勝をもたらした国政の風を期待した関係者に衝撃が広がっていると言われる。

 6月は、初の女性市長を目指す野屋敷いと子氏や都議選に立候補した女性議員の仲間らの選挙戦告示となり、ひいては夏の参議院選挙の前哨選になる。


参考:http://cpf.uub.jp/female.html
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

詩人・江口章子の歌碑(柏市)について

久しぶりに柏の友人と会って話をしていたら、地元の少林寺には江口章子(あやこ)の歌碑があると教えてくれた。章子は、北原白秋の二番目の妻と言われる女性で、詩人としても知られる。

北原白秋は、北原白秋は裕福な家(福岡県山門【現柳川】の酒造業)で育ち、勉学のために上京後、鉄幹らと交流をもったり、森鴎外の観潮楼での歌会に招かれ、斎藤茂吉らアララギ派歌人とも面識をもった。1908年(明治41年)、『謀叛』を発表し、世評高くなる。木下杢太郎を介して、石井柏亭らのパンの会に加わり、益々名声が高まる。一方で、郷里の生家が破産したため、一家が白秋を頼って上京するなど、苦難が襲った時期があった。ちょうどその頃、白秋は隣家にいた松下俊子と恋に落ちたが、俊子は夫と別居中の人妻だった。告訴され、未決監に拘置2週間後、弟らの尽力により釈放され、後に和解が成立して告訴は取り下げられた。1914(大正3)年に俊子と離婚。この時期に作られたのが歌曲『城ヶ島の雨』だった。人気詩人白秋の名声はスキャンダルによって失墜。

この失意の時代を支えたのが江口章子と言われる。章子は、青踏の平塚らい鳥を頼って上京していたが、鴎外の家とも近いことから白秋とも知り合い、1916(大正5)年に結婚。千葉県葛飾(現東京都江戸川区)に居を移し、葛飾時代とよばれる窮乏のなかで歌集『雀の卵』、長編随筆集『雀の生活』を発表、1918(大正7)年からは神奈川県小田原に移った。鈴木三重吉の児童文学雑誌『赤い鳥』創刊に際して童謡部門を担当して創作童謡を多く発表し、地方に伝わる童唄の収集に努力するなど、童謡とのかかわりを深め、詩歌壇で確固たる地位を占めるようになる。この間の家計はきわめて困窮し、章子は着物ほとんどを質入れし家計を支えるが、胸を病んだ。ようやく白秋が家を建てるまでになった時、建前の祝宴で、白秋は小田原芸者総出という散財をして、弟らが反発し章子を非難する。非難されるいわれはないと反発した章子は、その晩行方をくらますと、白秋のもとに来ていた記者との不貞を疑われることになって離婚、白秋はその後に再々婚。章子は放浪生活に落ちいり、故郷に戻るが精神を病み、失意のうちに亡くなる。

離婚した章子は、柏市増尾(旧東葛飾郡土村増尾)の広幡八幡宮近くの墓地にある辻堂の寮に仮住いしていたこともあり、我孫子にも足を延ばしいる。この辺りを往来したのは、大正末期から昭和の初めのころであり、その間に詩集『追分の心』、詩文集『女人山居』を書いて、手賀沼も詠んでいる。増尾の少林寺境内には、下記の歌碑がある。

   手賀沼の 水のほとりをさまよいつ 
         芦刈る音を わがものとせし


このように手賀沼周辺には、時代を代表するような活躍をした女性が何人かいるが、我孫子には活躍した女性たちの顕彰碑はない。市役所、教育委員会の関係者らにも、こうした故郷ゆかりの女性たちについて、男性ばかりだけなく顕彰すべきであり、もっと市民に分かり易く紹介するなどもして欲しいと話しているが、なかなか実現しない。日本各地で、こうした文化人たちを紹介する説明板をおいたり、継続的な企画行事が盛んに行なわれてきている。

http://www.kurumejin.jp/archives/51291198.html
http://www.city.bungotakada.oita.jp/dekigoto/page_00613.html
豊後高田市・章子祭り、他

情報化の時代に郷土ゆかりの先達たちの紹介は女性も含めて、あってしかるべきではと思う。宝の持ち腐れにならぬよう、地域の誇りとして、多くの人が知って損はない。中に、私から柳兼子さんの話を聞いて、顕彰碑をつくるなら寄付をしたいのだけれどと多額のお金を申し出られた事もあるくらいだ。せっかくなので、我孫子ゆかりの女性たちも紹介すてもらえないか、関係各所に相談に出向いたけれど、時間ばかりがたって埒があかない。市内外の人々に、我孫子の知的財産ともいうべき人々の活躍を認識して、未来の子供たちにも励みにしてもらうにも、埋もれさせて、何も出来ないのはもったいない話だ。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

混迷のCNTの北総鉄道問題

千葉県には、他に東葉高速という高額運賃の鉄道や、その他の第三セクターで進めたつくばエクスプレスが通っている。まちの発展のために交通アクセスの問題は、次世代をどうつなぎとめるかの重要課題である。

 そこで、各地域は交通アクセスの将来的展開には補助金をだしたりもする。TXには千葉県が131億円、柏市と流山市は各98億円を出資している。赤字が続くと、またさらに税金を投入せざるを得なくなる可能性もあるというリスクも負っているのだ。TX(つくばエクスプレス)の場合は、これらの反省もあって開発と新線建設という法的な後ろ盾となって、しかも、無利子負債がほとんどだ。一方で、運賃値下げの緩和策を考えるのが、北総鉄道の沿線自治体による通学定期券に対する補助だが、同じような要望のある東葉高速では実施できていない。(北総鉄道の場合は、沿線自治体にとって生命線でも、東葉高速は最悪無くても代わりがあるということかもしれないが。) 

 ここで、千葉ニュータウン(CNT)の建設の過程を振り返ってみたい。我孫子の市民も北総線を利用することはないが、布佐、新木、湖北方面の方々には、今やなくてはならない買い物の場所だ。1966年に千葉県が構想を発表し、1969年に都市計画を決定した。

 1970年、小室地区から事業が着手されたものの、用地買収は計画通りに進まなかった。その間に東京圏への人口集中が鈍化、住宅確保の緊急性が薄れたこともあって、当初の計画から大幅な変更・縮小を余儀なくされていった。これにより、当時都心への唯一の鉄道アクセス手段であった北総開発鉄道の旅客数低迷し経営悪化の主因となった。2004年7月に、都市基盤整備公団の資本撤退に伴い、「開発」の名を社名より外して北総鉄道株式会社とし、「北総・公団線」と呼ばれた路線名も「公団」を外して「北総線」とした。
 
 この一連の遅滞には、千葉県の収用委員会が委員不在が10年以上続いていたたことも痛かった。強制収用が出来ないのでCNT用地の地権者と地道に話し合うしか方法がない。このために、時間ばかりがかかってしまい、その間の利子負担が大きくなってしまったのだった。長年にわたる成田闘争の影響で収用手続きが進められない状態があったことは、首都圏でも千葉における開発計画に時間がかかる要因となり、そのため債務ばかりがかさむしかけだった。

 事情通は、そもそも友納知事に始まった様々な開発計画による千葉の政治の手痛いツケを県民が払わされているという。これまでもCNT計画の遅滞が各地へ波紋を引き起こしたが、森田知事就任直後の北総線値下げ宣言では、その値下げ幅で、沿線地域に混乱を引きおこして、裁判沙汰になっているのだ。

 それぞれ、自治体の事情が違えば、県予算が投入される額も違う。千葉ニュータウン(CNT)の計画に関しては、我孫子は直接に関係はなさそうだが、県税を払っていることからすれば関係ないわけではない。CNT沿線の家計の圧迫を軽減し、人口増を図るために運賃引き下げに県税を投入という。これまでは、印西、白井では独自に税金をあてるなどして緩和させる施策がされていたが、そこに県税を入れようとの英断であった。ところが今回の裁判に訴えている市民団体は、森田知事が提案した値下げ幅では少ない、更に言えば、京成電鉄の線路利用料が払われていないのが、北総線の高額運賃査定に響いていると指摘した。自治体が税金投入で値下げに取り組むのではなく、京成電鉄の線路使用料を追徴して値下げをすべきだとの経営の盲点にメスをいれる、市民としてはかなり専門性の高いハードな法廷闘争だ。

 3月26日の地裁の判決では経営運営は適切だなどとして、運賃設定は妥当だとしている。千葉県が開発したCNTの顛末のために、北総線運賃5%値下げに県税投入が決定され、それまでに千葉県や沿線自治体が協議を繰り返えした。もちろん、手強い交渉相手の鉄道側と折衝もしながら値下げ幅を出したものだが、白井市の市民団体が中心になった北総線値下げ運動は、ついに国を相手に裁判に訴えた他、前市長を不信任にする事態に追い込んで、そちらも裁判におよんでいるのだった。

 


posted by Nina at 11:19| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

ココが変だよ、千葉県

 北総線の裁判のことがニュースとして、しばしば報道されているが、こちらもゆゆしき事態だ。鉄道の高運賃は、そもそも千葉ニュータウンの計画から始まっている。今、その買収済みの土地のかなりの部分が遊休地となって、無為になっている。初期計画よりも数段に減らしたとはいえ、計画面積は約1,933ヘクタールである。工事が完了していないのが約1000ヘクタールが未利用地となっている(1995年3月末)。これは、明らかに莫大な税金の無駄遣いである。

 この千葉ニュータウン事業は、すでに事業着手から2、3年たった時点で失敗があきらかになっていた。しかし、県当局はこれを無視した。用地買収着手の2年後(1969年)には早くも「営農調整地」という名の買収放棄地を虫食い状態でつぎつぎと設定したのに、こうした状況を長年にわたってかくし続けた。たとえば、『週刊千葉』84年7月合併号の「甘かった用地買収の見通し」はこう指摘している。

 「新住宅市街地開発法に基づいて都市計画決定された地域の中に、農業区域を設けることは異例のことである。わかりやすくいえば、新しい住宅街をつくるために新住法を適用しておきながら、買収が進まないことを理由に、同法を無視したということである」

 県当局は、法律や計画などはまったく無視して、ただひたすら用地買収の“当面の実績”をあげようとしたデタラメなやり方をしていたのだ。

2012年3月末現在の計画人口は14万3300人。居住人口は9万1484人。計画面積は約1,933ヘクタールである。


学校や住宅団地を計画していたところに「営農調整地」を設定するなどのメチャクチャなことをしながら、買えるところだけを虫食い状に買収していった。

 そして、やっと事業の見直しを検討しはじめたのは、事業の失敗が分かった1970年から、じつに14年が経過してしまった1984年からだった。そのきっかけについて、84年7月16日付けの『朝日新聞』(夕刊)が次のように書いている。

 「引き金はこの4月、行政改革推進審議会委員や財界人が現地を視察、住む人もないアパート群を見て、『壮大なむだ』と指摘。今後、行革論議の中で悪例の見本に取り上げられそうな気配になってきた」

 見直しに踏みきったが、その後バブルの崩壊に向かい、さらに手痛い目にあう。そこで、1986(昭和61)年12月の計画縮小により、千葉ニュータウンは22住区に(印西町は13住区)、人口は従来の半分の17万6千人(印西町は10万6600人)に変更されたのである。

 とことがその後、一時は景気が上向きになり、都心部の地価が高騰すると千葉ニュータウンが注目され始めた。すると一旦、計画人口は縮小したのだが、6年後の1992(平成4)年春の都市計画審議会では7駅圏(牧の原駅圏)を中心に開発計画が見直されることになる。千葉ニュータウンの住区を22住区から24住区に増やし、人口も17万6千人(印西町10万6,600人)から19万4千人(印西町12万1,500人)に増やすというのだ。そのため、住宅の配置も従来は低層住宅7対中高層3の割合であったものを、今度は低層住宅5対中高層住宅5の割合とするという。

 そして、小康状態の時期もすぎ、現在は再び縮小して見直され、計画人口は14万3,300人、計画戸数4万5,600戸となっている。2012(平成24)年7月の千葉ニュータウン全体の入居状況は戸数3万4,420戸(75.5%)、人口9万2,934人(64.8%)である。印西市に至っては戸数で1万9,041戸(61.6%)、人口では5万3,324人(55.5%)でありながら2014(平成26)年3月にはニュータウン事業は収束することになっている。

 千葉県企業庁は、こればかりでなく湾岸開発などによって、資金難を抱え暗礁に乗り上げていたため、住宅・都市整備公団の前身の宅地開発公団が助っ人に入った。つまり、千葉ニュータウンの名義は今でも千葉県企業庁だが、開発費用は住宅・都市整備公団が出していた。企業庁は事実上倒産した会社と同様であるが、大会社に担保をつけ裏で保証して救済してもらっている身分にすぎなくなった。

 このように千葉ニュータウン事業は“壮大な無駄使い”といわれているが、それは企業、中でもゼネコンにとっては大儲けな事業になっていた。85年度までに投資された約3000億円の大半が、工事を請け負ったゼネコンに流れていったからである。先々の事業見通しがあろうがなかろうが、あるいは建設された施設が利用されようがされまいが、そんなことは気にせず県や公団は、道路、公園、住宅、歩道橋などをどんどんつくっていった。また、入居の見通しがないことはわかっていても、中高層住宅をつぎつぎとつくっていった。その結果が、使われない立派な道路や歩道橋、空き住宅などの存在である。また、金融機関も大儲けである。3000億円のうち、じつに3分の1の約1000億円は利子分だったのだ。

 千葉ニュータウン事業が「収束するときは、計画通り入居が完了した時」と誰しも考えてきたが、未処分地はほとんどが印西市域の別所地区、鹿黒地区において残されており、200fを超えるものとみられる。現地をみると、たとえば印旛地区(印旛村)では、粗造成をしたままの広大な土地(約100ヘクタール)の中に中学校と消防署(後に、消防署は資料館に替わった)がポツンと建っているだけという状態が25年もつづいた。

 無人の集合住宅も数多く存在する。また、上水道や下水道などの関連施設の過大化もみのがせない。これらは、34万人の計画人口にあわせてつくられているからである。本埜村には、県水道局の北総浄水場が建設された。これは、計画給水人口を40万人(千葉ニュータウン34万人、成田ニュータウン6万人)としたものであるが、実際の給水人口は約12万人(千葉7万6000、成田約4万5000人)だから、まったくの過剰施設となっている。また、下水道も34万人にあわせたものが先行投資されている。

 千葉ニュータウン事業はなぜこんな状態になっているのか。その最大の原因は、地権者や地元市町村になんの協議もなしに、県が突然、トップダウン方式で計画を発表し、事業を始めたことである。
 
 この計画のそもそもの目的は、成田空港対策であった。つまり、友納武人知事(当時)自身が述べているように、「成田空港と東京都心を最短距離で結ぶ鉄道および道路用地の確保」であり、「東西に細長い大ニュータウンを建設し、その真ん中に空港への鉄道、道路用地」を含ませることであった(友納武人『続・疾風怒涛』千葉日報社)。
                                    (つづく)
  
参考:
開発問題研究会
http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/kaihatu.htm
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

一票の格差

違憲状態を放置してきたことは、1票格差についてのこのところの違憲判決が相次いで、制度の是正が指摘されている。憲法は14条第1項で「全て国民は法の下に平等」とし、43条は「衆参両議院は全国民を代表する選挙された議員で構成する」とされる。違憲状態とされた2009年衆院選の最大格差は高知3区と千葉4区の間で2・30倍だったのが、2010年国勢調査の人口比から更に2・52倍になった。千葉は地元のことゆえ、野田前首相もこれだけは決めましょうよとはいい出し、「ちかいうちに」の際に0増5減などの改訂も話はそのままで総選挙へとなった。

加えていえば、都道府県議会の選挙区も問題だ。こちらは市町村で割るという規定で、その条件下では一、二人区は、大政党の候補者に決まりとなってしまいがちだ。つまり、「保守派」、「男性」である候補者が当選しやすく、「改革派」、「女性」や「障がい者」などは候補者としても出にくいから選ばれることも稀少なのが現実だ。都道府県庁に所在する議会は、地元に遠くて関心がもたれない。お蔭で、報道もあまり見られない議会なのだが、女性議員の比率が非常に低いそれすらも、気づきにくい。戦後一貫して、大方の都道府県議会が自民党で過半数を占めているのは変わっていない。せめて、選挙区を広げて複数議席にしていかないと、多様な声に応える議会になっていかないままになる。千葉県は国政も県政も議会の一票の格差もひどいもので、衆議院選投票率が長らくワーストワンだったことからも改善が望まれていた。

選挙区名 定数  政党   人口 配当基数 議員一人当たり人口

千葉市中央区 3 民主、自民2 199,364 1.02 66,454.7
千葉市花見川区 3 民主、共産、自民 180,949 0.92 60,316.3
千葉市稲毛区 2 民主、自民 157,768 1.21 78,884.0
千葉市若葉区 2 民主、自民 151,585 1.16 75,792.5
千葉市緑区 2 民主、自民 121,921 0.93 60,960.5
千葉市美浜区 2 民主、自民 150,162 1.15 75,081.0
銚子市 2 自民2 70,210 0.50 35,105.0
市川市 6 公明、共産、自民2、無所属、みんな 473,919 1.21 78,986.5
船橋市 7 民主、公明、共産、自民2、無所属、みんな 609,040 1.33 87,005.7
館山市 1 自民 49,290 0.75 49,290.0
木更津市 2 自民2 129,312 0.99 64,656.0
松戸市 7 公明2、みんな2、自民2、民主 484,457 1.06 69,208.1
野田市 2 自民、民主 155,491 1.19 77,745.5
茂原市 2 自民、民主 93,015 0.71 46,507.5
成田市 2 自民2 128,933 0.99 64,466.5
佐倉市 3 ネット、自民2 172,183 0.88 57,394.3
東金市 1 自民 61,751 0.94 61,751.0
旭市 1 自民 69,058 1.06 69,058.0
習志野市 2 自民2 164,530 1.26 82,265.0
柏市 5 自民2、公明、共産、民主 404,012 1.23 80,802.4
勝浦市・夷隅郡 1 自民 39,197 0.60 39,197.0
市原市 4 民主、自民、公明、ネット 280,416 1.07 70,104.0
流山市 2 社民、自民 163,984 1.25 81,992.0
八千代市 3 民主、自民、公明 189,781 0.97 63,260.3
我孫子市 2 自民、民主 134,017 1.02 67,008.5
鴨川市 1 自民 35,766 0.55 35,766.0
鎌ケ谷市 2 自民、無所属 107,853 0.82 53,926.5
君津市 2 自民、民主 89,168 0.68 44,584.0
富津市 1 自民 48,073 0.73 48,073.0
浦安市 2 自民、民主 164,877 1.26 82,438.5
四街道市 2 自民2 86,726 0.66 43,363.0
袖ケ浦市 1 自民 60,355 0.92 60,355.0
八街市 1 自民 73,212 1.12 73,212.0
印西市 1 自民 88,176 1.35 88,176.0
白井市 1 自民 60,345 0.92 60,345.0
富里市 1 自民 51,087 0.78 51,087.0
南房総市・安房郡 1 自民 51,054 0.78 51,054.0
匝瑳市 1 自民 39,814 0.61 39,814.0
香取市 2 自民2 82,866 0.63 41,433.0
山武市 1 自民 56,089 0.86 56,089.0
いすみ市 1 自民 40,962 0.63 40,962.0
印旛郡 1 民主 43,814 0.67 43,814.0
長生郡 1 自民 63,385 0.97 63,385.0
山武郡 2 自民2 100,712 0.77 50,356.0
香取郡 1 自民 37,610 0.57 37,610.0
  95   6,216,289 1.00 65,435


*選挙人名簿の元である住基台帳の人口だと格差は広がると考えられる。選挙人名簿は住基台帳から作られているが、選挙区割は「住基人口」でなく法定人口と言われる「国勢調査人口」で行っている。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

北総鉄道:運賃認可取り消し訴訟 住民側の請求棄却 原告適格は認める−−東京地裁 /千葉

 北総鉄道(京成高砂−印旛日本医大、32・3キロ)の運賃が不当に高すぎるなどとして、白井市や印西市の沿線住民5人が国を相手取り、北総鉄道や親会社の京成電鉄に対する運賃認可の取り消しなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、住民側の請求を退けた。定塚(じょうづか)誠裁判長は「国の判断過程や内容に誤りがあったと認められない」と判断した。【鈴木一生】

 判決は、鉄道事業法が理念とする「利用者の利益の保護」を重視。5人が日常的に北総鉄道を利用していることから、同鉄道の運賃の認可の取り消しなどについては原告適格を認めた。その上で、運賃は全利用者に等しく適用されることから、「特定の旅客に対する不当な差別的取り扱いにならない。(認可のための)審査資料に誤りがあったとは認められない」と述べた。

 国土交通省鉄道局は「今後の対応については法務当局と相談して検討したい」とコメント。北総鉄道企画室は「訴訟当事者でないので、コメントする立場ではありません」とした。

 ◇「値下げ解決できず、不当」
 全国でも屈指の北総線の高運賃是正を国に求めた行政訴訟。判決は住民に訴える資格があるかどうかの原告適格は認めたが、値下げ命令などの訴えは全て退け、「住民にツケを回すな」と立ち上がった原告らは「値下げの根本的な解決にならず、不当だ」と憤った。

 北総線の沿線では千葉ニュータウンがバブル崩壊などの影響で、人口が当初計画比約4分の1の約9万人と低迷。ニュータウンの足として期待された北総線は79年の開業以降、債務返済のため運賃を9度も値上げした。現在、1駅間の最大運賃は290円で周辺の私鉄に比べ2倍前後、通学定期は4倍前後だ。

 住民が期待した転機は10年7月に訪れた。北総線を経由し、成田空港と都心を結ぶ「成田スカイアクセス」の開業だ。空港利用者の増加で、運賃値下げの期待も膨らんだが、北総側が受け取るのは、自社の車両の運行本数に応じた運賃収入で、スカイライナーなど通過する親会社の車両があげる収益は取り込めない。新たに受け取るようになった親会社からの線路使用料を含めても「値下げは難しい」と北総は主張した。


毎日新聞 2013年03月27日 地方版
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

議会と首長の対立

今月22日、近隣市での行政訴訟裁判について判決の報道があった。
ことの起こりは、2010年9月の白井市定例市議会は北総線の値下げ幅が問題になっていた。それまでの定例議会ごとに激論が交わされ、賛否が割れ、最終日に予算案を採決しないまま流会に至った。北総線の沿線近隣市は千葉県の値下げ幅に同意を示して、白井だけが市議会の同意を延々と先延ばし、議会閉会時に行なう先決処分の対象になったことが、問題視され裁判にもちこまれた。

その当時の市長は、北実会の中核メンバーだったから、北総線の値下げを公約にして、市長選に当選していた。しかし、その就任直後に森田千葉県知事が出した沿線市町村による補助金を前提にした5%の値下げ案を出して、市長も沿線市と同様に同意したため、北実会はその値下げ幅が少ないと市長をつきあげした。北実会の内紛だとも言われるほどになって、北実会関係市議らは市長が出した予算案を修正しても否決の事態になった。拮抗した市議会議員の賛否のために議長も一肌ぬいで、膠着する議会の収集を図ろうとしたが、その為に更に問題が炎上した。

遂に、その直後の市議会選が行なわれ、反対派から過半数割れを起こし、その後に北総線への補助金は賛成多数で通過した。

となると、この裁判の判決は、前市長時代に出した北総鉄道への補助金を鉄道会社から取り戻すのではない。つまり、前市長個人が市に金を支払へということになるならば、市税ではなくて前市長(反対派の辞職要求で、辞職後の再選挙に反対派候補者と票を分け、前々保守系市長派の部長職の立候補者が当選)が支払うという結果になるのだろう。

北総鉄道や利用者は、ハッキリ言ってこの裁判で、問題の北総線の高額運賃を下げさせられるでもなく、市による補助金によって利用者が割引されていたものを払い戻すなどもしない。何もかわらないで、市が払うか、市長個人が2000万余を支払うか、という違いになるので訳がわからないに違いない。

北総線運賃を値下げさせるための北総鉄道への補助金について、県と周辺自治体が合意し、白井市議会のみが値下げ幅で意見が割れ、空転していた。5%程度で妥結しては、先々も値下げ幅を下げられないとの主張が強くあったため、市民に出すべき補助金がストップすることがおきると市長が専決処分に断じた。各近隣市議会は、当座の市民の不備を埋め合わせるのに多数が妥当と考えて補助金として支払っていたように、白井市の予算2360万円を支出したのは、白井市民のみならず、沿線利用の市でも県の補助を得られるチャンスの手はじめで、少なからず北総線利用者の利益となった。

とりも直さず、補助出して値下げする事は他の自治体と協議がまとまっていて白井以外はすんなり可決していたことや、白井市議選後の議会では予算が可決したのをみても、その以前の市議会の紛糾しての判断は何だったのか、と見える。北総利用者が、割引定期を使えない時期がないようにと前・市長の英断によって前・市長が、その補助金を払ってくれたことになるのではないか。 前市長個人の判断で市民に不利益を与えたのもではない。混乱する議会に対して、通常の専決処分が適法か否かは格別として、「前市長個人に請求するというのは、お門違いではないか」との周辺の声も聞いた。

印西市でも、新市長が北総鉄道の運賃の大幅値下げを公約に市長に当選した。それでも、北総線運賃値下げ支援補助金 8,100万円の印西市の補助金については、市議会も「昨年までの枠組み」を踏襲しながら、市民生活に不備がおきないように前年同様、同額の支出を予定を議会が認めていた。

議会の判断の表裏は一般に理解できにくい所もあるが、そのことでその街のみならず、沿線自治体に影響を及ぼすことがある。問題提起して議事を遅滞させた議会議員は、選挙で解散してしまえば終わりなのだろうか。住民訴訟で議会が問われた例はないようだが、空転する議会によって街の振興策、税金の使い方が大きく遅れて市民生活に不備が生じるならば議会が問われることも出てくるのかもしれないということだろうか。それでは、なり手がなくなりそうだが・・・・。

 
 
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

北総線は紛糾、埼京線は延伸

NHKニュースで、近隣市を通る北総線の運賃問題の裁判の結果が報道されていた。

東京と千葉県を結ぶ北総鉄道の運賃が高いのは、乗り入れている別の鉄道会社が線路の使用料を実質的に支払っていないためだとして、沿線の住民が、国に線路の使用許可を取り消すとともに運賃の値下げを命じるよう求めていた裁判で、東京地方裁判所は住民の訴えを退ける判決を言い渡しました。

東京・葛飾区から千葉県印西市までの32キロ余りの区間を走る第三セクターの北総鉄道は、JRや大手私鉄と比べて、同じ距離を乗車した場合の運賃がおよそ2倍から3倍と、割高になっています。
裁判で沿線の住民らは、運賃が高いのは、北総鉄道に乗り入れている京成電鉄の「成田スカイアクセス」が、線路の使用料を実質的には支払っていないためだとして、国に線路の使用許可を取り消すとともに、運賃の値下げを命じるよう求めていました。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

常磐線の東京駅乗り入れはどうなる

副都心線・東横線相互直通運転が始まり、副都心線を経由して、東武東上線・森林公園〜みなとみらい線・元町・中華街間(88.6キロ)や西武池袋線・飯能〜元町・中華街間(80.5キロ)が、一本の列車で結ばれる。これまで、JR渋谷駅では、埼京線と山手線との乗り換えに約350メートル歩かなければならなかった。渋谷区の再開発計画で、山手線と並行するように埼京線の駅を移す場所が検討されて、山手線がある2階に埼京線もホームをつくり、3階のコンコースでつなぐ、地下へ地下へとエスカレーターを乗り継ぐ。更に2026年までに渋谷駅のJR埼京線のホームを、3月に地下に引っ越す東急東横線渋谷駅の跡地に移す新たな駅ビルを含めた再開発工事もすすむ。

片や、常磐線は現在は上野駅が終点だが、東京駅乗り入れにむけて、上野〜東京間に新たに線路を敷設し、2013年度内の完成に向けて工事が進められている。そうなると、上野駅での乗り換えが不要となり、都心までの所要時間が上野〜東京は約10分、上野〜品川に関しては、11分程度の短縮となるはずだ。通勤・通学時間が短縮されると、定住人口の維持・増加も期待できる。東海道線との直通運転が可能となると、首都圏との地域間交流が進み、観光の振興や企業の立地など、地域の活性化が期待できる。もともとの終点駅は東京駅であったが、東北新幹線の線路建設に土地を明け渡したため、現在のように上野駅が終点になってしまった。そのため、常磐線・高崎線・東北線(宇都宮線)沿線から東京や新宿、品川、横浜方面に行く場合はとても不便だった。しかし、問題は原則1時間に2往復の特急列車はすべてが乗り入れる見通しだが、常磐線が東北縦貫線に乗り入れる場合、上野駅で平面交差が発生してしまうため、中距離電車の特別快速・快速などについては一部の列車のみが東京駅乗り入れを行う予定と見られていることだ。我孫子が通過にならないようにしないと意味がない。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

川田龍平、夏の参議選挙へキックオフ!!!

下北沢でおこなわれた、川田龍平のキックオフ集会というのに行ってきた。我孫子において、昨年秋にホットスポットに不安をもつ親たちを中心に、子ども被災者支援法のことなど、講演と励ましを頂いた。集会に人が集まらないのではとスタッフが心配して何度も電話があった。一回目としたら、まずまずの人数ではないかと思うが、川田龍平を支えたい強い思いが感じられたのは参加した私も嬉しい事だった。

DSC01337.JPG

被災地・双葉町の前町長、江田憲司、世田谷区長・保坂信人らの話もあったが、圧巻はご本人の強い意志がみなぎる政治をみんなの為に機能するようにしたいとの訴えだった。30代になったとはいえ、まだ若いのに、政治へ取り組む熱意は生まれながらにどう生きるかと考えることが身についていたからだと思う。世界の不条理を変えていきたいと、政治家としてとくにみんなの命を優先するためには引き続き厚生労働委員として働き、子ども、被災者の為に闘う気持ちはつよいという。天下り阻止、官僚支配の構造を変えたいと訴えた。

一人ひとりが問題に気づいて、政治家に“お任せ”するばかりで終わるのではなくて、市民自らも参加して担う。政治家を動かすことだという。自らがけん引力となって超党派で成立させた放射能の子ども・被災者支援法をきちんと機能させるためにもっと復興庁に賭け合わなくてはならない。予算作りの段階はまだまだ先延ばしされていると訴える。超党派で提出したら、発議者としての質疑をする必要はないけれど、あえて議事録に言葉だけでなくてその背景の理解をも記録させるために、答弁をする機会を作った。単なるパブコメで体裁を整えるのではなくて、官僚にも真剣になって取り組んでもらうためだという。

帰りに、噂の渋谷駅とが直通になる下北沢駅の工事も覗いてみて、都内で行なわれたゼミの歓送会の帰りに市ヶ谷の桜堤をみんなで歩いて夜桜見物をしながら駅についた。桜にはほんのり、桜餅のような淡い香りがあるのに一同が感激した。日本の春の宵ならではだった。晴れ
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

千葉県知事選挙のこれまで

首都圏初の女性知事誕生の2001年まで、5期20年にわたり千葉県は沼田県政が続いており、低投票率はかえって金権千葉といわれる旧勢力の県政を思いのままできた。千葉県では市民から乖離した選挙が繰り返されて、変えようもない状況に投票率が下がって、ワーストワンにまでなっていた。1997年の知事選では市民運動グループの中から「白票で批判の意思表示を」という呼びかけがされるほどだった。

沼田県政の終盤は、産業廃棄物の不法投棄や三番瀬干潟の埋め立て、あるいは第二常磐線沿線開発をめぐって、都市部市民の批判が高まり、各地で住民運動がおきていた。6期目になれば83歳(満了時)となるが、沼田自身も続投を検討していたと言われる。さすがに与党内から、自然保護と開発を争点とした新人候補による知事選が準備されていった時点で思い止まったようだ。結果的に5人の新人によって争われ、後手に回っていた堂本暁子氏が当選した。

その時の堂本陣営は、勝手連による草の根選挙によって自民・民主・共産の各推薦候補と無所属候補を劇的に破った。戦後の千葉県政として、旧態勢と繋がりのない革新知事が誕生したのだった。この時の堂本の得票が約47万票、次点の自民党候補が約47万票、三位の民主党が約42万票という結果で、インターネットの呼びかけが出来る時代になっての勝利でもあった。
 
それまでには、長野県や栃木県では無党派知事が誕生していた。住民運動が千葉県の都市部でおきて、無党派市民が、“政党や組織と一線を画した選挙をしたい”それでもし独自の候補が擁立できればベターという状況が産まれていた。社会環境としても、旧体制によって税金の無駄遣い・天下りに批判の対象とするばかりでなく、組合い中心の旧組織体制の選挙や市民を排除するような政党のセクト主義にも向けられた。

そこで、市民による候補探しが始まり、たび重なる交渉の結果、当時参議院の無所属議員でつくる「参議院の会」に所属していた堂本暁子氏がそれを受ける形になった。市民の中でも女性が動いた選挙であって、GLOBE(地球環境国際議員連盟)の総裁、フィフティー・フィフティー(国際的な男女平等運動)など、自然保護運動との一定の信頼関係を築いており、市民から新しい県政への期待は高まった。

他陣営の問題が顕在化する時期にあって、千葉県自民党の重鎮・水野清が堂本勝手連をつくり、現役代議士であった田中甲が民主党離党で応援するなど、「堂本に大義あり」という雰囲気も生まれた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、新知事のもとで戦前戦後の体制を引きずる議会において、堂本知事は庁内人事に手をつけられずに沼田体制を継続する事になる。「長野県に続け」という期待は裏切られ、改革宣言を覆した青島都政の後追いのような状況となる。03年の統一地方選(県議)後の3回の定例会で、県が提出した計71議案すべてに自民党は賛成、可決され、そのうち反対する会派があった議案は25件だった。そうした中で、03年県議選以前から上程されていた「千葉県男女共同参画の促進に関する条例案」は自民党の猛反対により、連日の報道が見守る中で廃案となった。

男女共同参画条例案は弁護士の渥美雅子氏、金城清子氏らが加わった専門部会で基本骨格がつくられていた。
反対理由に挙げられたのは、「農林水産業経営における家族経営協定の締結促進」、「入札参加資格に男女共同参画の取り組み状況を考慮」、「性及び子を産み育てることを自らの意思で決定できるよう性教育の充実及び促進」、「教育・学習活動で男女が互いの人格を尊重し、性別にかかわりなく、その個性及び能力を十分に発揮できるように」という項目であった。自民党県議団は、この条例を制定しようとした堂本知事とあからさまに敵対し、県内、全国の注目するところとなった。自民党は先の4項目の削除あるいは変更を求め、継続審議を提案、結果、廃案に追い込んだのだ。

我孫子には遠いが、三番瀬干潟の埋め立てについては、千葉の湾岸に位置する都市部の県民によって中止が要請されて、「三番瀬再生計画検討会議」(円卓会議)を発足した。円卓会議は、「三番瀬再生計画案」を知事に提出していた。しかし、県は具体的な再生計画の立案と知事にはその指導責任があるのに進んではいかなかった。それまで三番瀬干潟の埋め立て計画は、第二湾岸道路建設とセットにされており、堂本自身「通すだけの理由はある、いずれは考える」と言うようになった。さらに、八ツ場ダム(群馬県)と湯西川ダム(栃木県)の事業費が膨らむとして、負担金の倍増を求める国からの要請を受け入れたため、関係する一都五県で不当な支出に対する住民監査請求が行われ、堂本知事らを被告とする千葉地裁では本訴となった。

そこで、県収用委員会を16年ぶりに再開を機に、堂本は沼田を超える評価を市町村長らから得、再選への支持を得ようとの考えに変わったのだった。「成田紛争という不幸な出来事のため、千葉県には全国で唯一、収用委員会という組織がなく、インフラ整備のための土地を思うように確保ができず、道路や鉄道の建設が遅れた。そこで、『収用委員会』を再建した」と堂本は判断したと言う。収用委員会の再開による不要な公共事業の暴走、その中には第二湾岸道路の建設の強行や三番瀬干潟の埋め立て、成田横風用滑走路の北側延伸が含まれるとなって、01年に堂本を担いだ市民支援者からは乖離していった。

堂本二期目の選挙は、2005年2月24日告示され、投票は3月13日だった。再選をめざす堂本暁子、元衆議院議員の森田健作、弁護士の山田安太郎の三候補が届け出をした。公明党は党本部の承認を得て県本部が堂本を支持する。民主党は当初「反堂本」で独自候補擁立をめざしたが断念、県連として直前に堂本支持を決めた。社民党と生活クラブ生協を母体とする市民ネットワーク・千葉県も堂本を支持することになった。

県議会で敵対するまでになった自民党は、県議を中心に「サポータークラブ」を名乗って森田を勝手連的に支援した。それまで、森田は03年の埼玉知事選に立候補しようとの動きをとったが、自民党内部から引きずり下ろされた経験がある。森田の千葉県との関わりは、山武郡芝山町岩山に森田農場を12年前から運営、『自宅』も同地としていた。また、私立広池学園・麗澤大学(千葉県柏市)客員教授の肩書きで、年に数回、同大学や関係団体によるオープンカレッジでの講演をしていた。『週刊金曜日』(05/2/18日号)で横田一氏が指摘するように、「右派勢力のメッセージを発信する広告塔」としての危険性もあるが、不戦敗をよしとせず、堂本を「フェミニストの領袖」と規定する一部勢力のガス抜きのために森田は担ぎ出されたという指摘もあった。一方、山田候補は共産党が推薦、新社会党が支持をした。

芸能界のコネをフル活用した森田が立候補した事で、二期目は現職有利の選挙のはずが、5千票差で辛くも逃げ切った。3期目にもと本人の意欲はあったものの、さすがに堂本勇退となった。その際に、堂本との話し合いもあって新たな無所属市民派候補擁立の動きもおきたが、実現には至らず、市民による選挙の勝利はなかった。

森田葉県知事の09年誕生、アクアラインの社会実験の実現、北総線の値下げ交渉などとこれまでにない発信力を発揮した。しかし、東日本大震災がおきて、知事は肝心なところは説明員に任せてしまう。印西・我孫子で行なわれる説明会直前にドイツ視察へ向かい、同行した県職員は県費(国際交流パーティ)をおく忘れて紛失する失態が報道されていた。手賀沼下水終末処理場への放射能汚染焼却灰の一時保管については、説明会など副知事と職員任せに徹しているが、全国の妙な先例にだけはして欲しくない。

参考:週刊金曜(2005年)
posted by Nina at 02:59| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

手賀沼周辺の水景保全を考えて

手賀沼の絶景ポイントとして挙げられる一つに、市内高野山の桃山公園があります。車いす使用者等の優先駐車場が公園内に2台分ありましたが、今月1日には高野山ふれあい市民農園向かい側に駐車場が整備され、手賀沼ふれあいライン沿いに車20台ほどが駐車可能となりました。桜の名所でも桃の名所でもありませんが、公園内の広場から階段を降りていくと南側斜面の下側に湧水を使って復活させたビオトープがあります。さらに、歩くと市民農園や水生植物園の藤棚の道があり、手賀沼遊歩道へとつながります。この水生植物園には、株分けされてあやめがどんどん増やしていくと期待がありましたが、残念ながらあやめ祭りが終了となりました。これまで農事組合法人あやめ組合にあやめの栽培や藤の管理などを委託費を支出してきましたが、平成23年において翌年にて終了したい旨の申し出があったとの経緯でした。
 

事業組合にかかわる地権者全員の意向は、市で用地を有効活用してほしいとのことで、今後も引き続き市が活用していくことになっています。景観作物の栽培などの活用策が検討されるそうですが、市民に声をかけたら、あやめの栽培の継続も可能になり、あやめ祭りの継続も可能なのではないか、高齢化の事由で中止とは残念です。24年度内には「観光振興計画」を策定するとのことでしたから、高齢化によって継続できなくなることがあるとしたら、県内でも高齢化の著しい我孫子での特に観光資源の保全ははかばかしくない事になります。なんとしても、復活、発展させていかないと農地の保全も同様なことが起きることになり、我孫子の景観が損なわれる予兆と成ってしまいます。

多くの人たちに我孫子に訪れてもらい楽しんでもらえるよう、昨7月に、市民や商業者、観光事業者など11人の委員で構成する「観光振興計画策定委員会」の第1回会議を開催し、計画の策定に向けて、現状分析や課題の整理を始めました。魅力ある我孫子をどう観せるかに取り組むはずで、翌8月には計画策定の資料とするため、2千人の市民と1千人の市外の方を対象にアンケートを実施しまていました。

市民向けアンケートでは、市内の観光資源の満足度や改善点、市内で楽しんでみたいレジャーなどについて、市外の方には、我孫子の知名度やイメージ、我孫子の観光資源で興味のあるものなどについてお聴きし、アンケートの分析して、この3月には「観光振興計画」が完成の予定となっています。
 
そして、手賀沼の見えるところには、いずれは新たな文化会館ができるのか、どうなのか?
庁内に検討委員会を設置し、昨年8月30日に1回目の検討委員会を開催して、建設場所や整備手法、施設の機能や規模などなどについて、こちらも検討に入っています。震災以前はは、柏市との広域連携も考えていたものの、市長が変わったりの柏市の事情もあって我孫子市単独で整備する方向となっています。そのためには財源を確保を進めていく基金への積み立てをと何度となく私は提言してきましたが、まずはそうした積立計画から進み出していくようです。

今、千葉県知事が手賀沼を取り上げる時は放射能焼却灰の保管場所としてですが、手賀沼全体が市の観光の主要部分ですから、再選された森田知事県政のもとであっても、佳い環境を取り戻せるようにしなくてはいけません。

千葉知事選の投票率31.96%(前回を13.6ポイント下がる)、7割近くが選挙にも行かなかったということです。千葉県知事選の投票率は25・38%(1981年)を記録したことがあり、埼玉に24・89%(2011年)で抜かれるまで全国ワーストワンだった。千葉県選挙管理委員会は再びワーストの汚名は着せられたくないと、8千万円をかけて投票啓発を行っていた。我孫子市内は、投票に行っても白票を投じた人も多かったかもしれない。この後4年間にどんな県政が期待されるのであろうか。観光は、易経が語源になっていて、その地域の輝きを見せるということだから、魅力ある千葉へと財政再建させて、我孫子へも来てみたいと言わせたい
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

県知事選挙

千葉県知事選は17日に投票が行われ、即日開票されます。立候補者は、千葉大名誉教授の三輪定宣氏(75)(無=共産推薦)、新人でシェアハウス経営の佐藤雄介氏(31)、現職の森田健作氏(63)の3人となっています(届け出順)。

東日本大震災による液状化被害への対策や、成田空港を活用した地域経済の活性化策などが争点にしていますが、森田氏は、東京湾アクアライン通行料値下げの社会実験など、1期4年の実績を強調するものの、我孫子・印西の市境にある放射能焼却灰一時保管所の問題は、県民全体からすると殆ど関心の的にもならない感じなのは残念です。

2009年10月20日、森田県知事は当時の前原国交相と面会し、千葉県北西部などに路線を持つ「北総鉄道」の運賃を早急に値下げするよう要請を行なっていました。線路使用料の変更などには国交省の許可が必要なためで、知事は北総鉄道の運賃を最低でも5%値下げするよう申し入れるとともに、成田空港に直結する「成田新高速鉄道」が2010に開業するのに合わせて値下げをすることが沿線の活性化につながると訴えていました。

 森田知事「北総鉄道は『京成電鉄』や『JR東日本』に比べて倍の値段。何としても(値下げを)実現させたい。北総鉄道の値下げの時期的なメドに向け、頑張ります」などと答えていたから、白井、鎌ヶ谷、印西など北総線沿線地区の県民の声は聞いてくれていたわけだった。

自民、公明両党の県組織などは森田氏を支援、それを受けて独自候補を擁立できずに自主投票となっている民主党の支持層の一部、みんなの党もこれに乗るなど、県議会は我孫子市議らの断固反対など耳に入らないようだ。

選挙戦に熱がなくて、前回の選挙の時のようには候補者の街宣車が回ってくることもありません。しかも、未だにポスターは三輪氏と現職の二人のみで、事実上の一騎打ちとなっています。県内全域にポスターを貼るには、候補者の組織力と印刷にも相当にお金がかかり、知名度からいっても、現職が有利ですから、今回の選挙の行方は見えてきているとも言われてきています。両氏は選挙戦最終日、千葉、船橋、柏市などで支持を訴えて遊説を終えました。

 
東京新聞が原発などへの基本姿勢をアンケート形式で聞いた、その回答が出ていましたので、一部ご紹介まで。(上から届け出順)

 Q1 真っ先に取り組みたい県政の喫緊の課題と、その対応策は。

 Q2 二〇一一年の本県の農業産出額は、前年の全国三位から四位に落ちた。農業振興にどう対応するか。

 Q3 放射性物質を含む焼却灰など「指定廃棄物」問題で、国は最終処分場の選定を進めている。候補地が示された場合、県としてどう対応するか。

 Q4 県債の発行残高が三兆円に達するなど懸念される財政難への対応策は。

◆三輪定宣氏 無新=共
 A1 ゆきとどいた教育、子育てと老後の生活の安心、地元業者の仕事と雇用確保、防災の街づくりをすすめる。全国4位の財政力をいかし、12年連続全国最低の福祉予算を増やし、不要不急の巨大事業の浪費を見直す。

 A2 県農業に壊滅的打撃を与えるTPP参加に絶対反対。独自の価格保障・所得補償、農業後継者対策、直売所や出荷組合への支援、学校給食への県農産品使用拡大などで全国平均を大きく下回る食料自給率を向上させる。

 A3 放射性廃棄物の最終処分は国の責任で行うよう強く求める。県内に処分場を設置する場合は、地元住民への十分な説明と理解・合意を得ることが大前提。その際、万全の安全対策を講じることは言うまでもない。

 A4 不要不急の大型公共事業を抜本的に見直し、公共事業は生活道路整備など生活密着型へ転換する。歳入面では消費税増税に頼らず、負担能力が十分にある大企業への法人事業税超過課税などで新たな税収を確保する。

◆森田健作氏 無現<1>
 A1 「防災基本条例」の制定。県立高校における道徳授業の必修化。コンビニと連携した防犯対策。圏央道大栄−横芝間の早期整備。認知症対策の推進などに取り組む。

 A2 県産農林水産物の戦略的な産地強化と地域ブランド化による高付加価値型・高収益型産業への転換を促進するとともに、農林水産業者が加工・販売等の業務展開により経営の多角化を進める「六次産業化」を推進する。

 A3 指定廃棄物の処分について国は「法律に基づき平成26年度末までに最終処分場を確保する」と明言しており、安全性に万全を期した処分場の確保や地元の不安解消等について、県は国に対して適切に要望していく。

 A4 県債残高や人件費の計画的な削減、徹底的な事務事業の見直しによる歳出の抑制、公社等外郭団体への県支出額の削減、県有資産の売却による歳入増に取り組むとともに、経済活性化策により税収増や財源確保に努める。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

ASEAN共同体の実現に向けてのシンポジウム

ぽかぽか陽気の風が強い中を渋谷に向かった。

3月7日(木)〜8日(金)、国連大学本部のウ・タント国際会議場にて国際シンポジウム「Building ASEAN Identity on a Transnational Dimension 〜ASEAN共同体の実現に向けて〜」が国連大学サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)の主催にて開催されていた。そこで、ASEAN加盟国と対話国(オーストラリア、中国、EU、インド、日本、韓国、ニュージーランド、ロシア、アメリカ)の各分野から専門家が招かたが、その参加者の一人として知人が参加したので、国連大学にいってきた。

現在、ASEAN 加盟国は2015年のASEAN共同体の実現に向け、周辺諸国と協力し合い準備を進めている。そこで、ASEAN共同体の速やかで円滑な統合と運営は、将来の東アジア共同体の構想においても、日本を含む他のアジア各国にとって重要な政策議題となってい。

東アジア共同体の中核を成すASEANのアイデンティティについての議論を行って、東南アジアでの文化的特長がどのように形成され、発展したのか、また、地域的な特徴と多国間の特徴の関連、相違点と類似点、さらに文化の進化や宗教、倫理、社会教育などがどのように基本的な国学 (Nation-ology)の形成に寄与できるかを様々な側面から検証し対話を繰り広げた。

なごやかに各参加者の話が発表されるセッッションの合間にコーヒーブレイクがあり、その間にちょっと挨拶を交して、会の終了をまって食事に出た。各代表の話は、グローバル化の進む中でいかに互いの話し合いが重要になっていくのか、こうした話し合いで世界の発展が構築されていこうとしているのを信じたいと願うばかりだ。

ところで、日本人はどうしてマスクを着用している人がこうも多いのかとシンポジウム参加者に聞かれた。マスク姿も見慣れてきた光景だが、やはり放射能の影響がいまだにあるのではないかと異常に映るのだろうか。「花粉症アレルギーの人が多いので、その予防にかけている」と話したら、安心したようだった。



posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

日本人にアレルギーが多い

日本人のアトピー性皮膚炎患者の約3割に、フィラグリン遺伝子の異常があるそうです。2006年、アトピー性皮膚炎の原因として「フィラグリンの異常」が考えられることが報告されました。さらに研究が進んで、フィラグリンの異常のある人がペットでアトピーになりやすい事が判りました。ネコを飼っているとアトピー性皮膚炎になってしまいます。逆に言えば、ネコを飼っていないと、遺伝子異常があってもアトピー性皮膚炎にならない人がいることになります。

日本は、戦後に広葉樹を杉に代えて植林して、いずれは材木にして売れるだろうとの政策によってスギを花粉を増やしてしまったと言われます。結局、海外の廉価の輸入材に太刀打ちできないために、杉が花をつけるまでになってしまっても伐採の当てがないというわけです。それに放射能汚染の空気で甲状腺への影響や、中国から飛来するPM2.5では中国の1/4の6億人に影響していると言われて、妊娠しても流産が増加しているが、因果関係は証明されていない。PM2.5では日本でも心臓疾患のある人、病気の人は外出を控えるようとの予報も出ています。

マスクに空気清浄機を使う日常となっているのが悲しいかな現実です。世界には自然放射の高い地域があるということも分かって来て、日本にいることでは、国内のみならず、抑えがたい空気の流れで中国からの大気汚染が飛んでくるのです。出来る限り、健康に対処して凌ぐしかないのですが、インターネットで情報を入手して、鵜呑みにするのではなく、真偽を判断して利用することです。

日本人の長寿の秘訣である、入浴に関しては、塩素の影響を考慮するのと、アトピー性皮膚炎などで皮膚が乾燥傾向にある人は、入浴後に皮膚の乾燥症状が悪化したり痒みが増したりすること上手に避けることです。入浴時や入浴直後は皮膚が水和(皮膚に十分に水分が浸透している)しているため、肌は一見潤っているように感じられますが、様々な保湿因子も流れ出てしまっているために時間が経つに従って、以前にも増して乾燥(角質層の水分量低下)が起きてしまうから気をつけることです。

http://atopi.mayap.net/taisaku/taisaku3.htm

もっとも、入浴時の角質層が水和した状態では、さまざまな成分が皮膚へ吸収されやすくなるということでもあるのですから、入浴中に肌に刺激のある成分でないものを適用できるなら、入浴剤の使用がスキンケアの手段として期待できます。

そこで、入浴後にオリーブ油・椿油・ひまわり油などの植物油は、皮膚に脂質を補給することで乾燥を防ぎます。皮膚が水分を離さないよう、水分保持を助ける効果があります。尿素含有軟膏は、特に水分保持作用が強く、ウレパール、ケラチナミン、パスタロンが代表的なものとしてあげられます。しかし、ものによって刺激性があるため、塗るとヒリヒリすることがあります。熱傷や皮膚潰瘍に使用されるアズノール軟膏も、抗炎症作用を持つアズレンの他、ワセリンも含まれているので、保湿性があります。亜鉛華(単)軟膏は、白色軟膏と流動パラフィンを基材とする軟膏ですが、消炎作用と皮膚保護作用があります。サトウザルベは、酸化亜鉛が主体で、基材がなたね油とさらしみつろうであるため、亜鉛華軟膏より塗りやすいのが特徴です。ヒルドイドも、保湿力が高い軟膏だと言われますが、個人差があるの注意が必要です。

日本の水道水の塩素は、入浴後の冷えてきたところで身体に付着し、皮ふと反応します。入浴で使うシャワーの塩素は、浴槽の塩素よりも肌に悪影響を及ぼします。ボディーソープは、皮脂がとれ過ぎてしまうことと、十分に洗い流しにくいので、固形の石鹸の方がいいです。部屋の乾燥に注意しましょう。空気の入れ替えをしましょう。

それと、非アレルギーによる要因〜乾燥肌や汗、皮膚を引っ掻くこと、ストレス、食生活のみだれなどが環境的要因として働き、アトピー性皮膚炎が発症しますから、春先のこれからは要注意です。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

北茨城市への支援も!

昨年、被災地・北茨城市(五浦(いづら)海岸も含むエリアは津波被害)への支援をしようと「我孫子市消費者の会」からメール回覧に賛同、そこで5月に、つくし野1号公園坂の上で庭先セールを行いました。

日時: 3月30日(土) 11時から2時 (小雨催行)
 
場所:つくし野一号公園坂の上(つくし野1-22-28.海津宅前)


北茨城市には、我孫子市のゴミ最終処分地として、これまで長年たいへんにお世話になってきました。被災されて仮設で不自由されている方を少しでも元気づけられるように、段ボール箱に供出品などを詰めて送りました。(送料は庭先セールの収益金から捻出)。 受け取った人が楽しくなるように説明タグを一品一品に丁寧につけました。どうぞ、庭先セールに来てください。

そこで今年も品物提供にご協力いただける方(当日は無理でも、前もってお預かりもできます)は、上記へご連絡ください。

連絡先:Tel/Fax  7184-9828


*庭先セールとは・・・・
千葉県の地域元気づくり事業として採択されて、‘04年に始まったゴミを減らすリサイクル運動です。「我孫子市消費者の会」の呼び掛けで、市内各地で新たなリサイクルの取り組みとして行われたもので、つくし野でも継続的に開催しています。皆様のお宅前でも開催するなど、リサイクルの花も庭先に咲かせましょう。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

ゴミ最終処分地とこれまでの経緯

9日午前に市民プラザにおいて、手賀沼終末処理場の現状について市民集会があり、現状を聞いてきました。県との調停を進めてはいますが、間もなく県知事選という段階でも森田健作現知事の態度はまったく、印西と我孫子の県民を無視した状況であります。一つの変化としては、印西は市長選で市長が変わったこともあって、以前とは表明の仕方も変わってきていること、つまり強固な反対姿勢を出さなくなっているようです。

一方、我孫子市内ではゴミ焼却灰について、手賀沼終末処理場への搬入はしていません。そもそも、市内での最終処分までをするように「自区内処理」が原則になっていましたが、我孫子市の焼却灰は暫定放射能基準値以内であったものの、最終処分場を市内に持っておらず、市のクリーンセンターで焼却したゴミ残渣は北茨城市の最終処分場に受け入れてもらっています。

今回の特措法において、放射能の暫定基準値をはるかに超える近隣各市は、柏、流山、松戸市は最終処分地を持っていても放射能汚染が暫定基準値を超えているため、焼却灰の処分に困っていました。そこで、我孫子に所在する手賀沼下水処理場(県有施設)に一時保管の事態になって問題になっています。特に、柏、流山などの焼却施設は近年のダイオキシン問題に対応しようと施設を日本一の基準にした新施設に転換していました。そのため、焼却残渣が立法あたりの放射能度が高濃度になってしまった、裏目に出たケースではないかとも言われております。我孫子は、旧施設を延命措置して使っていることももう一つの課題であります。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

日本の観光の礎:お伊勢参り

春めく陽気になって、外を歩きたい気分になってきた。このところ、観光が貿易に代わる産業となって多くの雇用を生み出すとも期待される。各自治体でも観光に力をいれてきたし、ボランティアガイドなども組織されている。

さて、今週末には、白樺ゆかりの下町散策ツアーを計画しているので、お時間のある方はどうぞご参加ください。

3月10日(日)の集合時間は、我孫子駅改札に9時です。

戦争末期、3日10日に東京下町は東京大空襲で多くの命を失いました。こうした記録を少しでも残しておこうと東京両国・江戸東京博物館も展示コーナーを設けているので、そこも訪ねてみたいと考えます。国内でこうした事実が風化していきますが、米国では原爆以外にも日本各地を焼夷弾などで爆撃したとは殆ど知られていない。日本の負の遺産である戦争についても、観光がされます。

ところで、TV番組で伊勢神宮を特集していた。日本の観光の原点でもあると言われるお伊勢参りについての話は興味かったので、少しご紹介です。

三重県伊勢市にある神社で、皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、皇室・朝廷の権威との結びつきが強くあったとされている。今でも、活発な組織を抱える神社本庁の本宗(ほんそう)であり、ジェンダーバッシングの際にはこの神社本庁から、千葉県庁にファックスが多々送られてくると事態があった。実際の名称は「神宮」という地名の付かないのが正式なのだそうだ。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶなどのほかに、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも言われる。

太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮のみ参拝の人が多いが、本来は外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。実は、この外宮もかなりの数があって、この内宮と外宮は離れているため、そこをガイドをたよりに巡礼していくツアーもある。広義には、別宮、摂社、末社、所管社を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称するのだという。その場合の所在地は三重県内の4市2郡になる。

【歴史】

天孫・邇邇芸命が降臨し、天照大御神は三種の神器を授けられ、その一つ“八咫鏡”に、「吾が児、此の 宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀)」として、天照大御神のご神霊がこめられる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇のお側に置かれ、天皇自らが観察されていた。八咫鏡は、第十代崇神天皇の御代に、大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫に祀らせた。

『日本書紀』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。

なお、外宮は平安初期の『止由気神宮儀式帳』(とゆけじんぐうぎしきちょう)によれば、雄略天皇22年7月に丹波国(後に丹後国として分割)の比沼真奈井原(まないはら)から、伊勢山田原へ遷座したことが起源と伝える。

◎古代
皇室の氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。

◎中世
朝廷への、そして皇室とその氏神への崇拝から、日本全体の鎮守として全国の武士から崇敬された。神仏習合の教説において神道側の最高神とされる。また、外宮側の度会家行より伊勢神道が唱えられた。戦乱により神宮領が侵略され、経済的基盤を失ったため、式年遷宮が行えない時代もあった。資金獲得のため、神宮の信者を増やし、各地の講を組織させる日本の観光の始まりとも考えられる御師が台頭した。

◎近世
お蔭参り(お伊勢参り)が流行した。庶民には親しみを込めて「お伊勢さん」と呼ばれ、弥次さん、喜多さんの『東海道中膝栗毛』で語られるように、多くの民衆が全国から参拝した。実際、ええじゃないかでは「天から伊勢神宮の御札が降ってくる」と噂された。なお、伊勢神宮では御札のことを御祓いと呼ぶ。

江戸時代の記録には元和3年(1617年)、慶安年間(1648年〜1652年)、宝永2年(1705年)、明和8年(1771年)、文政13年・天保元年(1830年)と約60年周期で自然発生的に繰り返された。いずれも期間は3ヶ月〜5ヶ月で終わっている。明和のお陰参りの記録では300〜400万人が伊勢に殺到した。文政13年のお蔭参りは3箇月で約500万人が伊勢に押し掛けたと記されている。享保年間の日本の人口統計では当時の人口は約2200万人であった。お蔭参りに参加する者に対しては、大商人があって、店舗や屋敷の解放、弁当・草鞋の配布を行った。

◎近代
大日本帝国政府により全国神社の頂点の神社として位置付けられたが、第二次世界大戦以後は、宗教法人神社本庁発足により、全国神社の本宗とされた。明治天皇が在位中の天皇としては千年ぶりに参拝した。この長期の空白の理由については諸説がとなえられているが、決定的なものはない。

今年は、観光の研究も含めてお伊勢さんに行ってこなくてはと思っている。しかし、紐解けば、女性神を祭る神社なのに、なぜジェンダーフリーへの理解が成されなかったのか、疑問は解けないままだ。
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

花は咲く、色とりどりに

昨日、千葉県高校受験における前期選抜等及び後期選抜、地域連携アクティブスクールの「一期及び二期入学者選抜」、通信制の課程の「一期及び二期入学者抜」それぞれの入学許可候補者を発表しました。前期選抜では全日制は130校210学科に39,303人が受験し、平均受験倍率は1.84倍だった。欠席は189人で、船橋の7人が最も多く、国府台、成田西陵、下総が各6人。定時制は17校20学科に852人が受験し、平均受験倍率は1.07倍だった。後期選抜の受検者数は、全日制が17,767人、定時制が366人、通信制は18人で、後期選抜の受験状況は次のようでので、ご参考までに掲載します。
(※前期選抜等には、海外帰国生徒の特別入学者選抜及び他の特別入学者選抜を含みます。)

.全日制の課程[130校210学科で実施]
ア 募集人員 12,447人
イ 志願者確定数 17,867人
ウ 欠席者数 100人
エ 受検者数 17,767人

(2)定時制の課程[17校20学科で実施]
ア 募集人員 774人
イ 志願者確定数 376人
ウ 欠席者数 10人
エ 受検者数 366人

2 通信制の課程の「二期入学者選抜」[県立千葉大宮高等学校・普通科で実施]
ア 募集人員 199人
イ 志願者確定数 20人
ウ 欠席者数 2人
エ 受検者数 18人

3 今後の予定
3月14日(木曜日)に、入学許可候補者が募集定員に満たない全日制の課程及び定時制の課程で第2次募集を、県立千葉大宮高等学校で通信制の課程の「三期入学者選抜」を実施します。

*地域連携アクティブスクールとは、中学校で十分力を発揮しきれなかったけれども、高校では頑張ろうという意欲を持った生徒に、企業や大学など地域の教育力を活用しながら、「学び直し」や「実践的なキャリア教育」を行い、自立した社会人を育てる、新たなタイプの学校です。

*千葉県では先進的な高等学校づくり(パイロット・ハイスクール)推進事業の研究指定校を設けており、近隣では柏の葉高校がIT開発事業カリキュラムの人材養成をするとしている。
posted by Nina at 07:54| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

「花は咲く」、春色いろ、庭先セール

庭先セールは、我孫子市消費者の会の活動の一端で、千葉県の地域元気づくり事業として採択されて、始まったリサイクル品の再活用を振興するための事業です。消費者の会の会員が我孫子市内各地で呼び掛け、その際の看板やチラシに県事業費があてられました。

7周年を終えて、こうしたリサイクルイベントは終了とも考えていましたが、ご近所の皆様から、またやりましょうとの声が出て春秋に開催していました。昨年は、被災地・北茨城市への支援をという消費者の会のメール回覧がきて、5月に開きました。初めて平日に開催、客足(?)はイマイチでしたが、新品も含めて、品物はあつまりました。北茨城市へ贈る品物は受け取った人が楽しくなるように説明タグを一品一品につけて、丁寧に段ボール一箱に詰めて送りました。送料は庭先セールの収益金から捻出できました。

そこで、心の区切りも終了でいいのかと、考えていたところ、消費者の会はお世話になっている北茨城の被災地の状況を忘れないために、今年ももう一箱を送りましょうと言うことになりましました。今回は、海外駐在の知人が協力しようと、アジアン・テイストの素敵な雑貨を仕入れてきてくれていますので、今までとはちょっと違うものが並びそうです。

どうぞ冷やかしがてら(^_^;)でも春のお散歩コース(マラソンコース)に入れてお寄りください。

********************************

内容:「花は咲く」、春色いろ 庭先セール (小雨催行)

日時: 3月30日(土) 11時から2時

場所:海津宅 (我孫子市つくし野1-22-28.つくし野一号公園坂の上)
*******************************

*北茨城市(五浦海岸も含む)は、我孫子市の家庭ゴミの最終処分地として、長年お世話になっています。我孫子市は、最終処分場を持っていませんので、北茨城市に焼却灰残渣を受け入れてもらっています。柏市、松戸市などの放射能廃棄物については、各市の終末処理場での基準値を超えているために市内最終処分場で処理が出来ないために、県有地である我孫子に所在する手賀沼下水処理場に一時保管の事態になって問題化しています。
他方、3.11後に、北茨城市は津波被害にあっており、仮設住宅の皆様は未だに不自由を強いられています。現地の青年会議所の皆様はそうした皆さんを元気づける際に、こうした支援品を活用して、訪問をしているそうす。その訪問の際に役に立つならと、我孫子市内のご家庭に滞蔵された品物などから支援品も集めて送ることにしています。リサイクルも含めてこのような、リサイクル、捨てずに燃やさずにリサイクル(3R)に取り組みます。

  当日は無理でも、品物提供にご協力いただける方の所へは、前もってお預かりにお伺い致します。

   連絡先 04-7184-9828 (海津)
 
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

千葉が素敵になる為に

千葉県議会の傍聴などに、我孫子から足を運ぶとなると東京に出るより、ずっと時間がかかり大変です。
かつては、パスポートを取るために県庁に行かなくてはなりませんでしたが、それも今では松戸でも出来ることになり、その用はなくなりました。何しろ、千葉県庁、その隣にある県議会にいくのには、電車のアクセス良くないの二の足になるのです。幸い、車で6号をひたすら行くとナビに従って1時間くらいです。

DSC01333.JPG

県庁脇にある建物が県議会で、その入口の展示も興味深いので是非一度訪ねていただきたいです。下記は、旧県議会の建物の模型です。なかなか立派な建物だったことが分かります。千葉県も空襲にあって、これら主だった建物が爆撃目標となり焼失しました。

DSC01335.JPG

米軍が県内で爆撃を行ったのは数回あったのですが、千葉市を目標にした空襲は、昭和20(1945)年6月10日と7月7日(七夕空襲)の2回。この空襲で、学校を含む中心市街地の約7割(約231ha)が焼け野原となりました。この2度にわたる空襲の死傷者は1,595人、被災戸数8,904戸、被災者4万1,212人に及んだ(昭和20(1945)年12月末の人口は、9万5,903人)とあるので、千葉軍都への攻撃がいかに激しかったかがわかります。

千葉駅前から南東方向に延びるメインストリート両側には大型店舗や銀行などのビルが建ち並んでいる。その大通りを300mほど行くと、京葉銀行本店のビル。その歩道上、車道際にあるのが、「千葉県女子師範学校 同附属小学校・幼稚園 跡」の祈念碑です。千葉機関区の県立千葉高等女学校、千葉市富士見国民学校女子師範学校(国立千葉師範学校女子部・附属小学校と幼稚園も)などが攻撃されたのは、女子部の敷地に日立航空機千葉工場の分散工場があったため、空襲の目標になったということです。女子師範学校の8人の生徒と、教師1人・雇員1人の10名が命を奪われ、多数の負傷者をだしたのは県民の多くは知らないでしょうが、我孫子の元女性県議がここの出身であったことから話を聞いていました。千葉市街地は焦土と化し、元京成線の千葉駅だったところは、現在は公園中央となっています。千葉市大空襲から復興したのを記念して、駅の跡地に公園が作られ、昭和55年に碑が建てられたと記されています。碑の裏面には駅周辺だけでなく、かなり広い地域(軍の施設があった場所など)が復興計画に含まれていたよことが分かります。


千葉の飛躍.jpg


千葉県の歴史をよく認識し、県議会の状況を知ったり、また千葉県内を旅して周るなどを通じて、自分たちが地元そして千葉に住んでいることを誇りに思うようになると良いと思います。もっと千葉ライフを楽しみたいと思いますので、さらにご紹介していきたいと思います。ご一緒に千葉を巡ってみようと思われる方は、ninakaizu@gmail.comへメール下さい。



posted by Nina at 11:02| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

chiba

毎日ブログを更新して、1年がたちました。みるふぃゆ(ミルフィーユ)とは千の葉っぱ、つまり千葉のことです。せっかく、千葉に住んでいるのですから、地元を良く知って、楽しく過ごすに越したことはありません。

そこで、色々調べて知ったことなどをご報告がてら書いてみたり、出かけたところを写真に撮って紹介もしました。最初はなかなか上手く行かなかった動画の掲載も、娘の友人たちの指導でできました! 

一年継続の記念に、ブログのデザインを変えました。また、これからもご覧になってコメントを頂けると嬉しいです(*^_^*)


さて、さて、その千葉県の知事選の候補者の告示(2/28)がされて、千葉知事選挙の掲示板にポスターが貼り出されています。

ところで千葉の魅力を私たち我孫子の県民は、千葉県をどう捉えているでしょうか?
なかでも埼玉と千葉、関東1都六県の首都圏では性格的にはいいライバル!?かもしれません。
しかし、大宮に新幹線のアクセスがあるのと比べると成田に国際空港、千葉には海外からの船が寄港するベイエリアがあります。

そうは言っても、千葉都民と言われる中の東葛地域では、県民であっても意外と千葉市に行ったこともない、房総半島を旅行することもあまりないのでは思います。郷土愛はその地域を知らずして生まれにくいですから、埼玉の魅力を語れる埼玉県人の数以上に、千葉の魅力を語れる千葉県人の数も多くあってほしいと思います。

その点で今回の知事選挙も重要なカギを握ると思います。特に、終末処理場問題を抱える我孫子にとっては、現状維持なのか、改変出来るのか・・・


子どもたちは社会科見学でバスで千葉市に行きますが、親のほうは一度も行ったことがないという人が結構いるのかもしれません。そこで、少しご案内しましょう。

千葉城史跡にある博物館とその内部案内図M1630002.JPG   M1630079.JPG 

M1630068.JPG

千葉の歴史は、興味深い明治の千葉.jpg M1630041.JPG M1630047.JPG  M1630052.JPG画像をクリックして拡大


◎今度の知事選は現職と2人の新人が立候補しています。
千葉県知事選挙の投票日は3月17日(日)です。期日前投票(けやきプラザなど)も利用できます。

2013年02月22日

福島へ 

上野の芸大で開催されていた「尊厳の藝術 The Art of GAMAN」展を見逃したことも気になって、巡回展を見る為に福島へ行ってきました。

M1620002.JPG  M1620015.JPG  M1620021.JPG M1620010.JPG M1620034.JPG



http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0151561/index.html

泊まったところはスキー場の前、せっかくなので10年ぶりにスキーを借り、人滑り!!パウダースノー、天気も暖かく爽快でした。ゲレンデは、スノボーを楽しむ若者や家族ずれが大半でスキーはマイノリティ―になったのだなあなどと思いながら滑り降りてくると、取材班がいて何やら韓国語が飛び交っていました。傍にいた方に聞くとNHK国際放送局で、韓国からのスキーツアーを取材しているとのこと。まだまた、韓国からの旅行者は戻って来てはいないとは言っていましたが、ツアー参加者の顔は満足そうでした。
因みに最近は環境省 放射能測定値が公表されており、福島はかなりの地点でチェックされており、
(会津) http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html
(いわき)http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area2.html
むしろ、いわきは北茨城市に近いが、会津の線量より高い。会津は柏よりもかなり低い値なのに驚いた。

ホテルから、会津町へ行き、電車をまっていると遅延、さらに来た電車は単線のために行きかう反対方向からの電車が途中で大雪で列車が動かなくなって!! 一時はバスで代行、との車掌の声をきいて目的地を尋ねられるなどして、社内の人々が次の駅につくのも夕方かという騒ぎになって一時間が過ぎたころ、幸いに電車は動き出しました。実は、3.11直前に福島の観光公社に就職が決まった健気に働いている後輩がいるので、会いに行ってこようとも考えていましたが、これでは行かれなくなってしまいました。

それでも、今、福島は、新島八重を取り上げた大河ドラマ「八重の桜」で観光客を掴もうとの地元の熱の入れようですから、あちこちにポスターが綾瀬はるかの貼られ、特別展を開催中でした。ドラマ館、県立博物館を見て、目的地の福島こむこむ館での「尊厳の芸術」展もみてきました。
段々、東北が近くて行き易い所になってきたように思います。

春の桜のころは、あちこちが花の国のようですね。
大河ドラマも見るので、福島や東北の人達の心根の深さを改めて思います。
京都もいいけど、東北の良さをもっと知る必要があるなぁと思います。
観光はその為にも重要な仕事ですから、後輩の熱心さを見習って頑張ろうと思ってます。



M1620036.JPG
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

東日本大震災、福島原発汚染の影響と国外事故の現状

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県が当時18歳以下の子供を対象に実施している甲状腺検査で、新たに2人から甲状腺がんが見つかったことが13日、県民健康管理調査の検討委員会で明らかになった。
 2011年度の甲状腺検査でこれまでに1人から甲状腺がんが見つかっている。
県立医大は、原発事故の影響の可能性は低いとしている。

出典:時事通信 2月13日(水)13時39分配信
--------------------------------------------------------------------------------
福島県などは11年度の検査(2012年9月11日)では、東京電力福島第1原発の事故当時18歳以下だった全県民を対象とした甲状腺検査で、1人から甲状腺がんが見つかったと発表していた。検査を担当した福島県立医大の鈴木真一教授は「放射線の影響で発症する期間はチェルノブイリですら最短4年で、それより早いことは極めてまれ」と述べ、原発事故が原因の可能性は低いとの見方を示した。

出典:時事ドットコム 2012/09/11-19:39)

      東日本大震災100枚の記録:
http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_quake&p=lat216&rel=y&g=phl


◆ NHKスペシャル シリーズ日本新生
 どうするエネルギー政策〜山積する課題を追う〜
 2月16日(土) 午後7:30〜8:45
        午後9:00〜10:13
http://www.nhk.or.jp/special/program/index.html



【ルポ 未だ進まぬ原発汚染の現状】

■チェルノブイリから25年(モスクワ支局長 奥山昌志)■
1986年4月26日の旧ソ連チェルノブイリ原発事故から25年。ウクライナ政府は「負の遺産」のイメージ転換を探り始めたが、原発周辺の放射能汚染は依然深刻で、強制立ち退きとなった住民11万人以上が帰還できる見通しは立っていない。ウクライナ政府のプレスツアーで3月末、同原発を訪れ、現状を探った。

http://www.jiji.com/jc/v4?id=chernobyl-tmi&p=chernobyl-tmi-jlp10676425

 炉心溶融事故が起きた原発4号機。コンクリート製の「石棺」で覆われているが、近づくと放射線量計が毎時5.24マイクロシーベルトを表示し、「ピッピー」と警告音が鳴り続けた。通常の50倍を超える放射線量だ。

 「石棺内部には溶解した核燃料が約180トン残っているが、放射能が外部に漏れないよう新たなシェルターを建設する国際プロジェクトが開始された」。原発の周囲30キロの立ち入り規制区域管理局のハロシャ局長は記者団との会見でこう強調した。

 事故直後に建設された石棺は老朽化が進んでおり、放射能漏れの懸念がある。このため、欧州連合(EU)や日本などの支援で新シェルター建設が計画され、昨年から基礎工事が始まった。
ただ、建設費15億4000万ユーロ(約1830億円)に対し、拠出額が6億ユーロ不足しているため、ウクライナ政府は今月19日に国際会議を開き、追加支援を求める。新シェルターは100年の耐久性を持つとされ、完成すれば安全性向上に役立つと期待される。

 しかし、近い将来、立ち入り規制区域内に住民が帰還するのは困難とみられている。原発職員ら約5万人が住んでいた原発近郊の町プリピャチでは無人のアパートや学校、レストラン、商店などが荒れ果てるままに放置されていた。

 コンクリートやアスファルトの割れ目に盛り上がるコケに線量計をかざすと、毎時2マイクロシーベルトを超え、土壌の放射能汚染をうかがわせた。

 避難先になじめず、居住禁止を無視して自宅に舞い戻った少数の老人らの存在は政府も黙認しているが、ハロシャ局長は「半減期の長い放射能の除染は難しい。地元の野菜や果物、キノコなどを食べるのは危険で、果たして帰還がいいことなのか慎重に考えなければならない」と述べた。

その一方で、事故から25年を迎え、ウクライナ政府は原発への「観光ツアー」の解禁で、「負の遺産」を観光資源として利用する道を探り始めた。

 ウクライナ非常事態省は、所定の手続きを取れば、研究者やメディア関係者だけでなく、観光客にも原発訪問を許可している。専門ガイドのユーリー・タタルチュクさん(38)は「今年は事故25周年や福島原発事故でチェルノブイリへの関心が高まり、訪問者が増えた。1日で8グループが訪問したこともある」と話した。

 しかし、こうした動きを批判する声も根強い。チェルノブイリ原発の元技術者で、大量被ばくで障害者認定を受けたアナトリー・コリャジンさん(61)は「事故原発をビジネスに利用して潤うのは一部の政府関係者らだけ。政府は被ばく障害者への医療支援の支出を制限しており、必要な手術が受けられないケースが増えている」と指摘している。

その一方で、事故から25年を迎え、ウクライナ政府は原発への「観光ツアー」の解禁で、「負の遺産」を観光資源として利用する道を探り始めた。

 ウクライナ非常事態省は、所定の手続きを取れば、研究者やメディア関係者だけでなく、観光客にも原発訪問を許可している。専門ガイドのユーリー・タタルチュクさん(38)は「今年は事故25周年や福島原発事故でチェルノブイリへの関心が高まり、訪問者が増えた。1日で8グループが訪問したこともある」と話した。

 しかし、こうした動きを批判する声も根強い。チェルノブイリ原発の元技術者で、大量被ばくで障害者認定を受けたアナトリー・コリャジンさん(61)は「事故原発をビジネスに利用して潤うのは一部の政府関係者らだけ。政府は被ばく障害者への医療支援の支出を制限しており、必要な手術が受けられないケースが増えている」と指摘している。

その一方で、事故から25年を迎え、ウクライナ政府は原発への「観光ツアー」の解禁で、「負の遺産」を観光資源として利用する道を探り始めた。

 ウクライナ非常事態省は、所定の手続きを取れば、研究者やメディア関係者だけでなく、観光客にも原発訪問を許可している。専門ガイドのユーリー・タタルチュクさん(38)は「今年は事故25周年や福島原発事故でチェルノブイリへの関心が高まり、訪問者が増えた。1日で8グループが訪問したこともある」と話した。

 しかし、こうした動きを批判する声も根強い。チェルノブイリ原発の元技術者で、大量被ばくで障害者認定を受けたアナトリー・コリャジンさん(61)は「事故原発をビジネスに利用して潤うのは一部の政府関係者らだけ。政府は被ばく障害者への医療支援の支出を制限しており、必要な手術が受けられないケースが増えている」と指摘している。当時のソ連政府が発表した死者数は消防士ら33人だが、大量に被ばくした事故処理作業員らが多数死亡。子供の甲状腺がん多発など深刻な健康被害ももたらしたとされる。

 原発の周囲30キロ圏では住民約12万人が強制立ち退きとなり、現在も立ち入り規制が敷かれている

■スリーマイル島原発事故32年 (ワシントン特派員 淡路愛)■
 米ペンシルベニア州ミドルタウンで1979年に発生したスリーマイル島(TMI)原発事故から3月28日で丸32年たった。サスケハナ川の中州にあるスリーマイル島原発で発生。2基の加圧水型軽水炉のうち、2号機の2次冷却水ポンプが故障し、人為的ミスも重なって露出した炉心が溶融。放射性物質を含んだ水蒸気が外部に漏れ出した。国際原子力事故評価尺度(INES)の8段階評価(0〜7)では「5」。

放射能汚染の脅威に直面した小さな町では今も原子炉1基が稼働、のどかな田園風景の中に際立つ存在感を放つ。住民は32年後の福島第1原発事故をどう受け止めているのか、現地で取材した。

 「TMI、チェルノブイリ、福島。次の犠牲は誰?」−。氷点下の未明、プラカードやろうそくを手にした住民約30人が原発入り口前に集まった。毎年3月28日に行われる抗議集会。参加者は事故発生時刻の午前4時前、今年は日本の被災者のために黙とうをささげた。背後の夜空にそびえる冷却塔から水蒸気が立ち上っている。

 「日本の事故で余計に心配になった。ここでもまたメルトダウン(炉心溶融)が起きるかもしれない」。主婦マリア・フリズビーさん(47)は不安げな表情で高校生だった当時を振り返った。「外に出ると空気が鉄のような味がして、肌がひりひりした」。住民の避難で街がゴーストタウンのようになったのを覚えている。

 事故以来、反核運動を続けてきたメアリー・オズボーンさんは、健康への悪影響はなかったという当局の説明を今も信じていない。当時のカーター大統領が「流出すれば原発産業を崩壊させたであろう情報を隠している」との疑念を語った。

地元大学教授らが反核の学者グループを新たに立ち上げるなど、福島を機にTMI原発を見つめ直す動きも出てきた。しかし、集会の規模が物語るように危機感を積極的に訴えるのは一部住民にとどまり、原発の街はおおむね平静に見える。

TMI原発では事故の危機収束後、放射能除去に12年、約10億ドルの費用を要した。しかし、「最大の課題は地域住民の信頼を取り戻すことだった」とラルフ・デサンティス広報部長は言う。事故当時、TMI原発には広報部すらなく、情報収集・公表過程での混乱が住民の恐怖と不信を拡大させた。

TMI原発のあるロンドンデリー郡区のスティーブ・レタビック郡区長も「大半の住民は改善された管理体制に信頼を寄せている」と太鼓判を押した。「日本の事故がTMI事故を思い出させるのは事実だが、地震と津波があった日本との違いも住民は認識している」とも指摘する。

 地元客でにぎわう中心部の飲食店。てきぱきと注文をさばく女性店員は「私にとっては過去の話」と言い切った。原発も地元経済を支える地域生活の一部。無頓着なわけではないが、「結局ここでの暮らしは続く」というのが本音だという。

(記事は2011年3月下旬の状況を時事ドットコムでまとめたものです)




posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

東アジア外交の昨今

neko.jpg
ロシアのプーチン大統領から佐竹敬久知事に寄贈される猫=昨年9月、秋田県提供

 写真の大ぶりの子猫はロシアやってきた長毛種のサイベリアン(シベリア猫)。検疫のため半年間、成田空港内の動物検疫所に留め置かれ飼育されていた。東日本大震災の被災地・秋田県に対するロシアの支援に感謝の意を込め、愛犬家として知られるプーチン大統領に県が贈った秋田犬「ゆめ」の返礼としてやってきた。外交特使とでもいう存在で、今月5日に駐日ロシア大使夫妻に伴われ、県庁に到着した。

 現在7匹の猫を飼う大の猫好きの佐竹知事は、佐竹北家21代目であり、元県職員から秋田市長など歴任し、全国市長会会長などを務め言うべき時には国にもモノを言う人だと地元での評価も厚いという。昨年10月に空港で猫と“面会”したそうで、「将来の飼い主と分かったのか、帰り際にケージ(オリ)に来て鳴いたのが可愛かった」と頬を緩めた。知事公舎の新入りとなるが、オリとトイレは購入済みとか。名前はロシア語の「ミール」(平和)と命名したことを明らかにした。ロシア側に贈った「ゆめ」と合わせ、「『ゆめ』がかなうには『平和』でなければならない」と話し、日ロ友好の発展に期待を込めた。ホームページでの動画掲載を検討しているという。

   ***  ****  *** **** 
 
ウチの猫も可愛い。エピソードは尽きないが、ある雪の日、お腹が大きくなっていたノラ猫を可哀そうに思って一晩玄関においてやることにしたら、翌朝に赤ちゃんを6匹産んでしまった。これはもらってくれる所を探さないとと躍起になって、全員の里親をみつけて、ほっとしたら一匹が戻ってきた。その時から20年がたって、人間の会話は相当に分かっていて、家族の中を取り持っていると話題の中心ですハートたち(複数ハート)




動植物と付き合うとこれもまたいろいろと教えられるものだと思います。
子供たちの非常に良い遊び相手をしてくれたことも、今さらに知ることになります。
万国共通に心が温まる繋がりが作られるのであり、極めつけはパンダが取り持つ交流というのもあります。

外交ルートを駆使して国交正常化へと向かった例として、「ピンポン外交」があります。舞台は、卓球王者の日本で、私も卓球が好きなので当時の記憶があります。

1971年(昭和46年)に名古屋市で行われた第31回世界卓球選手権は、文化大革命以来2大会連続で不参加だった中国の卓球チームが6年ぶりに世界の舞台に立った時でした。これは当時の日本卓球協会会長、アジア卓球連盟会長、愛知工業大学学長だった後藤ナ二が地元名古屋での大会を世界一のものとするべく、西園寺公一日本中国文化交流協会常務理事らと協議し、二つの中国の問題解決に必要な処置(台湾をアジア卓球連盟から除名)を取ることを決断、直接中国に渡り周恩来と交渉を行なった結果でした。文部省からのクレーム、右翼からの脅迫などもあったそうです。交渉は成立したものの、ンガポールで行なわれたアジア卓球連盟総会で、「中国加入・台湾排除」の提案には韓国、マレーシアなどの反対が出て、後藤会長は辞任した。こうした影の努力で、アメリカ合衆国と中華人民共和国との間で外交ルートが出来ていきました。

1971年7月、突如としてキッシンジャー米国務長官が北京を極秘訪問し、米中政府間協議を行ったのです。続いて1971年7月15日には、ニクソン大統領自身が中華人民共和国を訪問すると発表し、世界を驚かせた(ニクソン・ショック!)。

アメリカにとっては中国をパートナーとした新しい東アジア秩序の形成を模索するものでしたが、しかしながらキッシンジャーがその東アジア新秩序構想において日本抜きで事を運ぼうとしていることを察知した日本政府及び田中角栄は、アメリカの先手を取ってでき得る限り早く日中国交正常化を果たすことを決断することになります。田中の意を受けて密かに訪中する日本社会党委員長・成田知巳に田中の親書を毛沢東に渡す様に託し、田中の日中国交回復を真剣に目指している事を中国側に伝えます。1972年内閣総理大臣に就任した田中角栄は、同年9月に自ら中華人民共和国を訪問。9月29日、日中国交正常化が成立しました。アメリカの外交戦略の先手を取ったというのは日本の戦後政治史において例外的なことでした。

もう一つの歴史的ピンポン外交の舞台は、千葉県幕張メッセで1991年の開催の世界卓球選手権千葉大会。ここでは統一コリアチーム(朝鮮半島の旗)として出場、女子団体では優勝を果たしています。2000年6月に韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日総書記が初の平壌会談の結果、南北共同宣言が発表される流れを作ります。同年シドニーオリンピック、2004年のアテネオリンピック、2006年の冬季トリノオリンピック、2002年アジア競技大会、2003年アジア冬季競技大会、2006年アジア競技大会の開会式では、両国の選手団は統一行進(競技自体は別の国として参加)を行いスポーツの分野では統一の機運は出て来ていたところだったのです。果たして、ミサイル発射を強行すると宣言する北朝鮮の様子を伺いながら日本との外交を見直して頂けるものか、文化・スポーツ、動物たちの手を借りて、初の韓国女性大統領(2月25日就任)に平和な夢を東アジアにもたらしていただけるよう大いに期待したいです。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

ブランドを高めたいなら

インターネットが出てきてからは、世界が一変した。
安泰といわれている大企業も、何年か先には無くなっている時代であるが、一方で、現代はインターネットの時代で、たとえ無名であっても誰もが自己を演出してブランド化し、新たな会社の価値を示すことができる時代となった。

だから、価値あるブランド化することも可能だということは、自分のまちを磨き、自分のまちを高めることも可能だといえるだろう。つまり、新たな時代の革命が起きているということだ。個人の発想が生かせ、大組織に頼らなくても力を試せる時代が来たという革命ということなのだ。

頼りになるのは自分のまちの生き残りの知恵と技だけだ。自分たちのまちに魅力があると自信が持てるまちなら「ブランド化」ができる。

他との明らかな違い、価値のあるものをもっているとそのまちの人が誇れるものがあるならそれは凄いブランドとなる、それが大方の人の期待を裏切らないもの、人の心を感動させ、癒しを含もものなら、それがブランドと言えるものにあたる。

トムピーターズ氏はブランドの世界を次のように捉える。

■人びとの記憶に長く残る。
■日々、切磋琢磨し、達人を目指す。
■すったもんだがあるから人生は楽しい。
■意識して、変った人たちと付き合う(カッコいい人からカッコよさを学ぶ)

1975年頃から世の中が変わってきた、どの机の上にもコンピューターが置かれるようになり、それがネットワークで結ばれるようになり、USBも普及、インターネット時代に多くの世代参入がされてきた。

また、ロバート・ローターボーンによって、4P説から4C説が注目されるようになった。
売り込むのではなくて、「納得」(共感)=Like(いいね)という、のが重視される

確かに、4CのなかのCommunication という点でPRに優れている良い例としてはAKB48” が思い浮かびます。 売り込むのではなくて、納得してしてもらう(相手の気持ちを取り込む)。

ブランドの中でも有名ブランドのラグジュアリー市場について、実は日本は世界有数の規模であり、質の高い商品を見極める消費者がいながら、他市場のような高額ジュエリーなどを身に着けるという社会環境にはない欧米とはちょっと異質な庶民によるブランド品マーケットだともいわれる。

山田まさる著 「脱広告・超PR」によると、その本文でも「10年ではっきりしたことは、どの戦術を用いても、これまでの広告に代わるような「決定打」はなかったということでしょう。つまり、戦術レベルで新しいことに挑戦しても、戦略の転換を図らないと、一つひとつの戦術も活きてこないということが明らかになったのだと思います」(p39)とある。もう、あらゆる方法がが出尽くしてしまって、消費者にも情報が飽和状態で、PR費用をかけると物が売れるというわけにいかない、さりとて手をこまねいている訳にはいかない。

さらに、今のお客は覚えない消費者だというのでした。STORY,HERSなどの雑誌1ページ分に広告費が約250万円と聞いて、見開き、または4ページと連続する広告の費用対効果はどれほどなのか、それほどブランドを保持するのに投資がされているということでした。

それすらも手に入れるのにはブランド間の競争があって、且つどのような鮮烈な主張ができるか勝負となる
そのためのメディアプランニング、PRしてもらえるようにイメージを伝える作業など細やかに、大胆に、
ブランド戦略のかけひきがおこなわれているようでした。

以上、都内で行なわれたブランド戦略の講演会のまとめてみた。たまには、こうした情報収集もしながら、我孫子のまちづくりを考え直したいと思う。手賀沼の浄化を進める市民の悲願が、今や高濃度放射能焼却灰によって再び汚名を受けなくてはならないのは、何ともたまらないことだ。色々な分野の専門家の話しを聞き、勉強をしながら、考えてみたい。




posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | chiba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)