2020年12月07日

インフルエンサーの重要性

現代は、個人が一人ひとりメディアを持てる時代だ。情報発信がいくらでも無料でできる。
アウトプットがとてつもなく大事になっているということだ。

世の中で「伝わらなければ、無いのと一緒」ということ。
どんな素敵な商品であろうと、美味しいレストランであろうと、それが伝わらなければ、この世に存在しないのと同じことになる。


櫻井秀勲著『新しい時代は「逆転の発想」で生きる』(きずな出版)で、

緊急事態宣言の期間中には、新しい「人生ゲーム」も話題になっていました。「人生ゲーム」とは1960年にアメリカで発売されたボードゲームで、日本では1968年から発売されています。時代に合わせて、日本ならではのバージョンが出ています。最新版は2019年に発売された「令和版」です。

これまでは、お金をふやしていくところを、令和版では、フォロワーがどれだけふやせるかに代わっています。また、昔は、就職は1回しかできなかったり、人生の「コース」が決められていたりしましたが、それらは取り払われています。

これから大切なのは、お金ではなく、フォロワー(観察者)です。そして、あなたの考え方や生き方に、「いいね」を押してくれる人たちです。フォロワーが多くなれば、必要な分を集めることくらいは不可能ではないでしょう。現代は、フォロワーによってお金も得られるわけです。

昨今は「インフルエンサー採用」というのがある。インフルエンサーとは、インターネットやSNSで多くのフォロワーがあり影響力がある人のことを言うが、情報を拡散する力がある人を企業が採用したいということだ。フォロワー数が、数千人〜10万人程度の人をマイクロインフルエンサーといい、10万人以上をインフルエンサーと呼ぶ。

例としては、店舗のカリスマ店員がいる。
自社のブランドの衣服を着たおしゃれな店員が、SNSで発信し売り上げを伸ばす、などである。

現在では、インフルエンサーは広範囲に影響を与えることができるが、マイクロインフルエンサーの方がむしろ、狭い範囲に深く浸透しているので、ある分野では強い影響を与えやすいと言われている。

オピニオンリーダーという言葉から、インフルエンサーに変化している現状がある。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)