2020年03月09日

目から鱗:ティーバックのリサイクル

害虫対策
使い終わったティーバッグやコーヒー豆は害虫が嫌うので、ティーバッグを土に埋めるもう一つのメリットは害虫を寄せ付けない効果がある。

分解のスピードアップ
堆肥の山にティーバッグを使うのも非常にスマートな方法。お茶の中の酸が堆肥の分解プロセスをスピードアップさせる。

水の保持
地中の花や植物の茎の近くにティーバッグを埋めると、植物や花がより多くの水を地中で保持するのを助けます。そうすれば植物はより健康を保つ事ができます!

雑草
ティーバッグは雑草の繁殖を抑える事ができるため、雑草にも効果的なのです。地中に使用済みのティーバッグを埋める事で、元気な植物や花の近くに雑草が生えるのを減らせます。

種の発芽
使い終わったティーバッグを土に埋めるのメリットは種に栄養を与える事ができる。お茶の葉はタンニンや自然の肥料になる栄養を多く含んでいる。ティーバッグ自体もバナナの一種であるアバカの茎の繊維から作られている。お茶は土の中で分解され、栄養を種に与える働きがある。どれだけ愛情を注いでも目を出さない種があるが、使い終わったティーバッグを土の中に埋めると、改善する。必要なのはティーバッグ、種、プラスチック製のプランター、水のみです。


モッタイナイ、再利用して且つリサイクル推進です!!
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3649)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)