2020年07月31日

全国1千人超え、岩手でも感染者発生

 31日までの3日連続で過去最多を更新した新型コロナウイルスの国内感染者は、東京、愛知、新潟、兵庫、鳥取、福岡、長崎、沖縄の8都県で過去最多となった。死者は東京、埼玉、千葉、大阪、福岡の5都府県で6人だった。東京都では、463人が確認されており、そのうち20〜30歳代の若年層は約7割(332人)に上った。40歳以上の中高年層も121人であった。
 
 29日には、全国の1日の感染確認が初めて1千人を超えていた。また、29日には全国で新型コロナウイルスの感染者が確認されていなかった岩手県でも、初めて2人の感染者が確認された。

 「誰でも感染する可能性がある。3月、4月を上回る流行がいま起きている」

 午後8時から岩手県庁で開かれた緊急記者会見。達増拓也知事は厳しい現状にあるとの認識を示しつつ、感染への注意と感染者を批判することのないよう県民に呼びかけた。

 岩手県によると、感染した2人は盛岡市の40代の男性と宮古市の30代の男性。盛岡市の男性は、22日に関東地方のキャンプ場に行き、友人3人と同じテントに宿泊。26日に帰って来たという。28日に友人の1人が陽性と判明したため、29日にPCR検査を受けた。キャンプ場は東京都ではないという。


参照:朝日新聞(7/29)読売新聞(7/31)
 
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)