2020年07月12日

住みよい街、印西で市長選

 千葉ニュータウン(NT)の開発がされた印西市では大規模分譲が続き、子育て世代に人気が高い。都心と成田空港の中間地点にある印西市は近年は印旛村、本埜村との合併も行った。同市は経済誌の住みよさランキングで上位常連となり、毎年のように人口減少が取り沙汰される近隣自治体を尻目に、右肩上がりで人口が推移している。人口10万4668人、4万1835世帯が暮らす(6月末現在)。

 市には毎月80〜90人の出生届があり、市は毎年のように未就学児の保育施設は本年度の5カ所増設で官民合わせて35カ所となる。待機児童は前年度の94人から20人と大幅に解消。来年度の増設は未定だが、市の担当者は「小規模保育事業を検討している」と説明する。

 放課後児童クラブ(学童保育)も民間も含め32カ所あり、4カ所開設した。本年度の待機児童は13カ所ある市直営だけで43人から25人と半数近く解消した。担当者によると、来年度は市営3カ所の増設を予定している。

 全人口の約6割が駅周辺に暮らし、利便性の良いNT地区は、今や市の顔ともいえる。ドクターヘリを配備し地域医療を支える日本医大千葉北総病院があり、国道464号沿いにはホームセンターなど大型商業施設が充実。対照的に、NT以外の木下、印旛、本埜などの在来地区は人口減少や高齢化が顕著で、NTとの二極化は進む一方になっていた。

 市は3月、長年手つかずの懸案事項だったJR木下駅南口の工場跡地(約3・2ヘクタール)を取得。閑散とした木下地区は、古くは木下街道や利根川水運の中継地として栄えてきたので、再びぎわいを生み出す空間にしたいと、実効性ある活用方法を模索する。

 市内では新型コロナ感染者が31人確認されている。5月2日を最後に報告はないが、人口当たりの感染率は、感染者が100人を超える船橋、松戸、千葉、市川市よりも高い。クラスター(感染者集団)があったとはいえ、人口10万人以上の県内自治体でワーストだ。

 なぜ印西は感染者が多いのか。都心への通勤者が多いことを指摘する声もあるが、都内近郊の自治体は他にも多数あり、因果関係は分かっていない。

 市はこれまでに、新型コロナへの独自策に総額10億円超を予算化。子育て世代への給付金や収入が落ち込んだ中小企業の支援、予防対策で避難所用テント500張りやマスク20万枚を備蓄し、第2波に備える。


 NT一極集中の是正へ地域のニーズに応えられるか。北総線の高運賃問題、急増する子育て対策や感染率ワーストのコロナ対策など地域の課題は山積みだ。こうした中で、任期満了に伴う印西市長選は12日告示、19日投開票される。

  印西市長選には、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)が9日、印西市長選に女性党員(24)を擁立する考えを示した。当初、立花氏は「(被選挙権がなくても)公職に立候補する権利はあるのにおそらく受理されない。これは若者への迫害で、印西市だけの問題ではなく、国全体の問題。被選挙権の年齢引き下げと併せて、訴えていきたい。」としていたが、市区町村長の被選挙権年齢は「満25歳以上」のため、立候補が認められなければ自身が立候補すると事実上の出馬宣言をしていた。10日に行った都内での記者会見で「私が出るよりも、若者の代弁者が出た方が適任」などと説明し、「粟飯原の立候補が受理されなかったら新藤を出します」と話し、事実上、新藤氏が立候補する見込みだ。立花氏は自身については「優秀な党員がいるので今後、選挙には出ない」と明言した。

 新たに新藤加菜氏(27)が党公認で出馬する。新藤氏は5日に行われた東京・北区都議補選でアベノマスクブラのポスターで物議を醸したが、今回は「若者の声を代弁したい」とブラポスターも封印する。小柄な美女ながら、まずは何でもやってみる20代をすごしてきたようだ。2019年早稲田大学法学部卒までに、休学期間も含めて6年間在籍されていたそうです。

 高校は女子学院→不登校となっていたことがきっかけで留学を決意。カナダの高校留学(2010年〜2012年)でブリティッシュコロンビア州に2年間で卒業、英語ができる人は大学入試に有利とはいえ、ともかくけじめをつけて卒業、企業に就職ではなく、N国職員。急転直下の白羽の矢が立ち、告示4日前の完全な落下傘候補。北区での知名度ゼロのところにアベノマスクを皮肉ったブラポスターの効果があったようで、6000票を超える4桁の得票があったので、供託金(立候補の際に30万~100万を預け、得票率3.3%に達しないと没収)は戻ったが落選した。

 もしだめでも、次は女性弁護士を目指すのではないか。政策をじっくり練る時間もない立候補、不利な条件で投票率低迷の地方政治にどのような狙いがあるのか。準備がない選挙で落選した経験から何を学び、印西に住んだこともなく何を訴えるのか。むしろ、若い女性を含め若者世代からの反発もでるのではないか、同市長選は現職の板倉正直氏(73)と「73歳VS27歳」の46歳差の対立軸を打ち出しての一騎打ちになりそうだが、社会にどのような影響をもたらすのか注目される。現市長は「そうか。ともあれ選挙があることは良いことだ。これで印西市に注目が集まることはありがたい。頑張って選挙しよう。」と言っているそう。

 
参照:千葉日報(7/10)
   成田市議ブログ(7/11)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3540)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)