2020年07月11日

マイ花壺

我孫子はバーナード・リーチが陶芸家としての道を確立した土地柄、そこで陶芸の先生にお願いして大作に挑みました。
そこれで大きな枝ものを生ける花壺を作りました。

我が家の小さな庭に植えた木々も大きくなり、次々に花を咲かせているので、壺に活けられたらいいなと願望がありました。
普段は玄関先に置いて、雨の時に傘立てにもなるデザインです。これは、商品化できるのではないかと・・・。

まだまだ、各地でコロナ感染者が増加し、過去最古とか発表があり、我孫子は部止まっていますが、隣の柏市も急に増えています。
コロナ禍、県境を越えて外出OKと言われても、基本はステイホームのようで、そんな時に癒してくれるのは
身近にある緑や花々の美しさが一番だと思うこの頃です。

あじさい
CIMG5148.JPG

ノウゼンカズラ
DCIM0017.JPG


<クリックで拡大>

CIMG5162.JPG

                   今年は裏庭ではミョウガが豊作です。

CIMG5170.JPG

 ブルーベリーは、昨年より大粒ですが、収穫は少量です。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3540)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)