2020年09月06日

bluestockings と「青鞜」

ブルーストッキング協会は、18世紀半ばにイギリスで非公式の女性の社会と教育運動の先駆けだった。このグループに関わる女性は、当時のほとんどの女性よりも多くの教育を受けており、子供の数が少なかった。当時、英国女性は男性だけが大学に通い、女性は針仕事や編みなどのスキルを習得することが期待され、ギリシャ語やラテン語を知っている人にとっては「生意気」だと考えられた。教育を受けた男性を招待しながら文学について話し合うために集まる教育に関心を持つ特権的な女性の緩やかな集まりをもった。

当時のロンドンではシルクのフォーマルな黒い靴下はくのがそれなりの男性の身なりだったのが、この女性たちの主宰するあつまりには深い青い色の毛糸の靴下を身につけてくる事が教養が高く知性を表すとの流行になり、婦人達のグループのシンボルとして採用された。

この話を知った生田長江が、"Bluestocking"の和訳で、『青鞜』の名をつけた。1911年(明治44年)9月、婦人月刊誌『青鞜』は創刊された。『青鞜』は小林清親が編集委員を務めており、1千部が全国で発行された。

創刊号の表紙は、長沼智恵子[2]が描き、巻頭を与謝野の詩が飾った。そして平塚が、高名な「元始女性は太陽であった」に始まる創刊の辞を載せここに初めて「らいてう」の筆名を使った。

1912年(明治45年)の新年号は、前年の『人形の家』上演に関連して、『附録ノラ』上に社員らの評論を特集した(雑誌上で文芸を、附録で婦人問題を扱った)。

社員には集散があり、尾竹紅吉(一枝。19歳)が1912年(明治45年)1月に、神近市子(24歳)が7月に、伊藤野枝(17歳)が10月に入社した。紅吉が五色の酒を飲んだことや叔父の日本画家・尾竹竹坡に連れられ吉原に登楼したこと、相愛の平塚に男友達ができたことなどを誌上で奔放に書き綴ったことで、市中の記者に批判の槍玉に上げられ退社に追い込まれると、ノラのような「目覚めた女性」を指していた「新しい女」のという見方から「ふしだらな女性」という見方が『青鞜』に向けられるようになった。

1912年(明治45年)5月ごろから翌年にかけて、多くの新聞・雑誌が、からかいを込めた「新しい女」特集を載せ、順調だった『青鞜』に影が差した。女子英学塾の津田梅子は塾生が青鞜に関わることを禁じ、日本女子大学校の成瀬仁蔵も「新しい女」を批判した。1915年(大正4年)6月号は、原田の堕胎論で発禁処分を受け、以後発禁期間が終了した後発行されていない。


青鞜側も、1913年(大正2年)の1月号と2月号の附録「新しい女、其他婦人問題に就て」で反撃し、岩野泡鳴、阿部次郎、馬場孤蝶、杉村楚人冠らは青鞜に対し賛意を表明がその2月号は、附録中の福田英の所論が社会主義的であるとして発禁処置とされた。



靴下から、ストッキング、パンストへの変遷は、一種日米争奪戦の感もあった。

米国には「ストッキングの日」という記念日がある。それまでアメリカのストッキング市場は、日本が安く産出する絹製のもので独占されていた。その後、1940(昭和15)年5月15日、アメリカのデュポン社がナイロン・ストッキングを全米で発売し、大人気になった

しかし、1941年には日本との戦争に突入したため、このストッキング自体が贅沢品であり生産は半減する。ナイロンは軍事目的、パラシュート素材として使われた。そして、1945年、戦後、絹に比べて格段に強いストッキングが絹の靴下に取って代わることとなる。以降、ストッキングは、ナイロン製のものに王座を明け渡し今日に至っている。

靴下のルーツを辿ると、原始人たちは、捕獲した動物の毛皮を衣服にしていたが、その毛皮を細く切り足に巻いて保護するようになったのが始まりのようである。靴下の発展は防寒衣料としての必要性のほか、聖職につく人が足を不浄な大地に付けないために着用し、布教とともに広がっていったとも伝えられていたそうだ。そして、手編みが広く普及していたことは、1395年頃の宗教画の中に、4本の木の針で聖なる子供の上着を編んでいる聖母マリヤが描かれいることからも明らかであるという。すでに、16世紀頃からアングロサクソン語のstock(木の枝)を語源とし、木の編み棒で編んだ靴下をストッキングと呼んでいたようで、その頃は男性用のものだった。それが、17世紀になって英国女王エリザベスT世が絹のストッキングをはいてから女性がはくようになったそうだ。

編機は手編みメリヤスが栄えていたエリザベス女王時代の1589年、イギリスの牧師、ウイリアム・リー(Willam Lee.1563〜1610)によって発明された。ウイリアム・リーは、エリザベス女王に特許を申請したが許可されず、パリに渡りさらに研究を続けたが、イギリス、フランスからはともに賛意を得られず、1610年失意の内に生涯を終えた。編機と技術は、弟ジェームスと徒弟らに継がれ、イギリスで製造が始められ、順次ヨーロッパ各国に普及していった。 その後、手動横編機の機械化がなされた後、1863年 、アイザック・ウィリアム・ラム(米)によって、今までのものの改良がなされたニット産業の新しい時代を切り開く画期的な横編機が開発される。そして、1864年、 ウィリアム・コットン(英)によって、編成作動中に生地を成型するための、「目減らし」と「目増やし」の出来るフルファッション編機を発明。彼の編機は「コットン機」の呼び名で現在まで伝えられている。

1900年代初頭まで、当時の洋服の流行は重たく高価なヴィクトリア朝風ベルベットあるいは錦であった。ところが、第1次世界大戦(1914年〜1918年)後、フランスのデザイナー、ココ=シャネルが洋服デザインに革命を起こした。その結果、細身で可愛らしい姿が流行したことから、1920年代にはアメリカでも上質の軽い絹製ドレスや下着が流行した。

それまで、西洋ファッションは、胸腰尻を強調したが、脚線美だけは追及することがなかった。これは、当時まだ、野暮ったいストッキングしか手にはいらなかったからだそうである。この状況は編機の発達により、脚にスムーズにフィットする絹製ストッキングの生産が開始され、アメリカ人女性は当時1足2ドルのストッキング(現在の40ドル相当)を購入するようになった。その後、1930年の大恐慌等により、絹製のストッキングの需要は落ち込んだが、ハリウッドが映画のなかで絹製ストッキングが注目され、お洒落な憧れの商品になる。1940代に入って、ナイロンの開発、そしてストッキングに利用されアメリカで発売され、絹の靴下製造で外貨を稼いでいた日本大打撃だった。そこでナイロンの特許が公示されるやいなや、商社はその写しや見本の糸を日本に送った。そして、大学や紡績会社の研究室で、小数点以下何_グラムという糸くずの分析が行われた。

米国の化学会社デュポンは、ハーバード大学のウォーレス・カロザースをスカウトして来て新繊維の研究を進め、1935年、石炭、水、空気から世界で最初の合成繊維「ナイロン」の開発に成功した。商品化のメドが立った1938年に発表した時のキャッチフレーズは「石炭と水と空気から出来ていて、鉄のように強くクモの糸のように細い」であった。「ナイロン」の語源は「ノーラン(伝線しない)」からだそうだ。当初は歯ブラシなどを商品化していたが、1940年5月15日、後にN-DAYと記録されるこの日、全米でナイロンストッキングが発売されセンセーションを巻き起こした。

マリリン・モンローの作品「バス停留所」(1956)や「ナイアガラ」((1953)にも、モンローのコケティッシュな魅力を引き出すアイテムとして登場しているように、女性の足の魅力を引き出した。ナイロンストッキングの透明感がさらに艶めかしく魅せたのだろう。映画「卒業」でも、年上の女性との不倫で振り回される大学生の主人公より、女性のストッキングをはく姿が映画の中で印象的に扱われていたのがいい証拠だ。


日本では、デュポン社からの技術導入により東洋レーヨン(現在の東レ)が1941年(昭和16)にナイロン6の紡糸に成功。そして戦後の1951(昭和26)年には、ナイロンの生産を始め、翌1952(昭和27)年には郡是製糸(現グンゼ)がナイロン製ストッキングを発売した。当時は、ナイロン100%の編み地を脚に後ろで縫い合わせたストッキングのことを言い、特徴は後ろに一直線に伸びた縫い目、シームがあることである。これがあることで脚を細く見せるという視覚的な効果もあったようだ。この当時は、ナイロンストッキングは輸入されてもいたが、1足1,000円という庶民にとっては高嶺の花。しかも、うたい文句では絹より細く強いはずが、よく伝線してしまうため、街には多くの伝線直し屋が生まれた。料金は1本につき5円だった。

ストッキングの厚さは普通「デニール」という単位で表されるが、デニールが大きくなると糸は太くなる。ナイロンの場合、1グラムのナイロンを均一に9000 メートルの長さに引き伸ばしたときの太さが1デニールである。ちなみに平均的な日本人の髪の毛の太さは50〜60 デニールほど。今のストッキングは、超薄手タイプの7デニールから厚地の70デニール 以上のものまであるらしいが、通常のものは、15デニールから20デニールくらいのものである。だから、このクラスでも、ナイロンの糸の太さは、髪の毛の1/3から1/4の太さである。断トツにアツギのシェアーが高った。

その後、マリー・クァントらが1959(昭和34)年に発表したミニスカートは、イギリスのモデル、ツイッギーがはいて一世を風靡した。1965(昭和40)年厚木編織(現アツギ)が、それまでの後ろに線のある靴下の常識に挑戦した。流行と相まって、シームレスの方が、シームをまっすぐに履く面倒がなくて楽なので、それ以後ストッキングは縫目が無いのが当たり前になった。パンティーストッキングにその座をゆずることとなる。ミニスカートは、ヒザ10~30センチなので、従来のガードルとストッキングの組み合わせによってできる隙間を覆うことができない。そこでストッキングの延長上にパンティーを付けた形のパンティーストッキングが考案されたのである。下半身の露出感を弱め、「何か」はいているという安定感を与えるこの新発明は、女性たちに、スカートの丈を短くしても決して肌が見えないという点でも急速に受け入れられ、パンストの普及がミニスカートの流行に拍車をかけるという関係式ができあがった。


参照HP: https://blog.goo.ne.jp/yousan02/e/2406cb25000a7e38af38abb24120de8e
posted by Nina at 02:20| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3612)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)