2020年05月11日

マスクの進化

マスクが手に入りにくい中で、台湾の蔡英文総統は1日、記者会見し、人道支援の一環として、新型コロナウイルスの感染が深刻な欧米など友好国の医療従事者向けにマスク計1000万枚を寄贈すると発表した。増産により台湾内で必要な量を確保しているほか、感染拡大も効果的に抑制しており、蔡氏は「今こそ国際社会に支援の手を差し伸べる時だ」と強調した。

台湾は、「一つの中国」原則を主張する中国の圧力で、世界保健機関(WHO)から排除されている。マスク外交により、国際社会における台湾の存在感を内外に示し、台湾が目指すWHOへのオブザーバー参加など国際活動の拡大に向け、各国の支援を仰ぎたい考えだ。
 
マスクは、米国に200万枚、イタリアやスペイン、フランスなど欧州11カ国に700万枚、外交関係のある友好国に100万枚をそれぞれ無償提供する。米国には今でも毎週10万枚を供与しているが、感染者が急増している実態を踏まえ、別途支給する。今後の情勢を鑑み、第2弾の国際支援も検討している。


出典:時事コム(4/1)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040100961&g=int

米国の公共のラジオネットワークである『ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)』が、手軽な方法で布マスクの効果を上げることが出来ると報じ、紹介した。米国ノースイースター大学土木環境工学のロレッタ・フェルナンデス助教授ら研究チームは、ナイロン製のストッキングを布マスクに重ねることで、15%〜30%、フィルター効果が向上フィルター効果が向上すると明らかにした。その効果は医療用の粒子除去率75%のサージカルマスクが、ストッキングを重ねることで90%まで伸びた。そのフィルター効果は、N95マスク(適切に着用した場合、粒子除去率95%)と同程度だ。

研究チームは、ボストン地域の病院に寄付するためにマスクを手作りしているボランティアの協力を得て、サージカルマスクのフィルター効果をテストする装置で研究を行った。手作りマスクのフィルター効果はそれぞれ大きくことなり、粒子除去率が30%未満しかないものもあったという。フェルナンデス助教授は、「ストッキングを重ねてマスクを密着させると、フィルター効果が向上します」「フィルター効果はマスクの素材だけが問題ではありません。マスクが顔にしっかりと密着することで、マスクの横から空気が漏れるのを防ぎます」と語る。

ストッキングを重ねるといってもイメージしにくいかもしれないが、まずストッキングを20センチ〜25センチ筒状にカット。そして、いったん首まで押し下げ、布マスクの上にストッキングを引き上げれば、顔にもしっかりフィットする。サイズが大きいストッキングの方が呼吸しやすいとのこと。



参考HP:
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/ストッキングで布マスクの捕集-ろ過-効果をアップする方法/ar-BB13gDn5






posted by Nina at 23:33| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3502)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)