2020年05月15日

芸能人も多数ツイート

森まさこ法相の答弁がまがりなりにも終って、今週末で採決か、という時に500万ツイートがメディアに報道されて、その影響もあって衆議院内閣委員会は、休憩中に野党による武田良太・国家公務員制度担当相に不信任決議案提出で散会、 採決は来週にということに、となっています。
年明けてから、新型コロナ騒ぎの中で、日本では「民主主義の危機」と言われる審議未了で通過していきそうな状況が続いています。

「検察庁法」の改正は検察OBたちが意見表明するという動きもおきてきてきて、また、芸能界の人たちの意見表明などのツイッターの広がりのおかげで話題になって、メディアがそれらを捉えて、問題性が表出されてきました。この動きには、それこそ「民主主義の危機」と同時に、「民主主義の希望」も感じられます。

しかし、検察庁法の前にも、「種苗法改正」についても、さほど問題もないように両院を通過していくことに多くの関係者の間では、不安が広がっています。食に直結するので、多くの人の生活につながるのに、慎重に議論を尽くしているのか、問題もないように通過していくようで、気になるところです。

今回も、よく思い起こしてみれば、新型コロナの「緊急事態宣言」の出され方も、緊急ではあっても民主主義の手続きを踏んだのか、あまり話題になりませんが、危機につながる側面を持っています。

週末、新型コロナ対策で感染者数が相当に減りました、そこにばかり私たちは目を向けているわけにはいかない、問題にも目を向けておかないといけません。
posted by Nina at 00:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3503)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)