2020年05月25日

手洗いを続ける「新しい日常」

7週間におよぶ緊急事態宣言、残った7都県も含め全国解除との発表がありました。小池都知事は「新しい日常」ステップ1でのをお願いしますとの発言、19日まで県境を越えての都内との行き来は減らしてほしいとのこと。図書館が利用できるのは何より!あさってから、午後10時まで飲食店の開業がOK。その他、業界によっては感染の再発がないのを見て段階的に解除。

自粛解除後も、手洗いが重要です。感染する可能性の要所を抑え、きちんと続けていれば、神経質になることはなさそうです。

神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授が「どこにでもウイルスがいる前提で考える」で、どこかを触ったらアルコールで手指消毒をすれば大丈夫と説明しています。もし外でウイルスと接触しても、自分の手に付いているウイルスさえ死んでしまえば、目をこすったり、鼻を触ったり、ものを食べたりしても体内にウイルスが入ることはありません。アルコールで消毒でコロナウイルスは、すぐに死にます。ですから、どこにウイルスがいても結局は手指に着けていないなら関係ないです。コロナウイルスの場合は麻疹とは違い、飛沫の飛距離はせいぜい2メートルぐらいですから、感染をブロックすることは容易です。

床とか机とかからとウイルスが舞い上がることはない。例えば床にウイルスが付いていても、別に靴の裏を舐めたりしなければ感染しないわけです。靴にくっついてるウイルスが口まで飛んでくることはないですから。そこをちゃんとイメージできると、ウイルスにどう対処すればいいか正しく判断ができるようになります。街で普通に日常生活を送っているとスーツやシャツにどんどんウイルスが付いてしまう、という心配をする必要はありません。

ですから、症状が軽いか無症状の感染者は、病院に入院するのではなくて自宅で療養していてください、という方針がようやく取られるようになりました。その場合、感染者が脱いだ服にはウイルスが付いている可能性がありますが、ウイルスは熱湯で死にますので、熱湯に漬けて5分くらい置きましょう。その後は普通に洗濯機で洗濯しても大丈夫です。

例えば、医者は重症の患者の治療をするので新型コロナウイルスの患者さんを診るときにはガウンを着て、手袋をしますけど、靴は普段の靴のままで、履き替えません。履き替えると、むしろ、靴を脱ぐ行為のほうがウイルスに触ってしまうリスクがあります。要は、目鼻口につけぬよう、手指さえ清潔にし続けていればいい。

家の中の消毒をどこまでやればいいか、気になっている方も多いと思います。消毒したいのなら、手すりやドアノブなど手で触れるところを中心にして、床は普段のとおり掃除すればいい。見た目がきれいであればそれでいいでしょう。それよりも、手指消毒さえしっかりしていればどこを触っても問題ないので、家のドアノブをきれいにするという発想よりは、手指消毒をしっかりするという発想のほうがより正しいんです。

むしろどこにでもウイルスがいる前提なので、範囲が広すぎて全部は出来ないなら、効率よく手指消毒をして、鼻や口には触らないようにすることでリスクをヘッジしたほうが、疲弊を避け、より旨いやり方なんです。

上記は、『新型コロナウイルスの真実』(KKベストセラーズ)

全く症状のない感染者のケアのためにまで、たくさんの看護師や医師が目を血走って、寝不足で働かされている。そのせいで彼らが体調を崩したら、本来医療を受けるべき患者さんだって困りますよね。だから、やらなくていいことはどんどんやめて、意味のあることにリソースを集中したほうがコロナ対策でも正解なんです。



出典HP:
https://toyokeizai.net/articles/-/34766420数年間にわたって感染症の問題を取材し続けてきた木村良一氏が、『「新型コロナウイルス」―正しく怖がるにはどうすればいいのか―』(扶桑社刊)を出版、一般の読者向けにわかりやすくコロナの対処をまとめました。

インフルエンザの死亡者は年によっても異なりますが) 毎年1,000〜3,000人とも言わいます。間接的な要因まで含めると、多い年には1万人を超えることもあるとも言われます。同じくらいの感染力ともいわれるものの、ワクチンも治療薬も今のところありません。ただ、免疫がないので感染者数が増加し、致死率は低くとも死亡者の絶対数はかなりの値となることがあります。スペイン風邪の時のように、弱毒性であったのが変異していくこともあるからです。

新型コロナウイルスの感染の仕方や感染力は、インフルエンザをほぼ同じくらいで、長時間同じ空間で生活するなどの、いわゆる「濃厚接触」があった場合に感染が成立するとみられています。「ただし、感染者との会食で感染したとの報告もあり、感染させやすい感染者や、感染しやすい人がいるようなので、注意は欠かせません」

個人で行う対策は、手洗いとうがい、それに十分な睡眠と栄養摂取で抵抗力をつけること。
「人混みを避けることも大切で、これらも風邪やインフルエンザの予防と共通しています」

◎予防策としていちばんいいのは、手をよく洗うこと。
「外出先から帰ったら、家の中のものに触れる前にすぐ手を洗いましょう。自粛中の家の中で、感染者がいない状況なら、常に石けんやアルコール液を使わずに水だけで洗っても、スマホやショッピングバックに残っていたウイルスを触っても洗い流すことができます」 これなら手荒れも少なくてすみます。

多くの人は、感染リスクを避けるためにマスクを着用しているのだと思います。鼻や喉の乾燥を防いで水分を保つという利点は確かにあります。しかし、マスクを外すときに感染者の飛沫がついている可能性のあるマスクに直接触れれば、結局は接触感染してしまいます。それにマスクでは、目はガードできません」

「マスクの売りきれ、品薄はパニックのひとつ。マスクの効用を正しく理解していないからこそ起きる現象です。マスクを過信してはいけません。正しい知識をもたずにむやみに恐れると、パニックを引き起こして社会全体が混乱します」

「たとえば、知らずに感染していた人がマスクの内側に飛沫がたまっているにもかかわらず、マスクを外すときにその内側を手で触れば、当然の結果として手に多くのウイルスが付着します。感染していない人でも、外出先でマスクの外側にもつく、網目をかいくぐった感染者のウイルスが内側にも付着するので、マスク布部分に触れたら同じこと。マスクのヒモを外す方が良い。

直接マスクに触れた手でドアノブを触り、電車のつり革をつかめば、ウイルスが付着し、そのウイルスが他人の手につき、その人がなにげなく鼻や口、目を手でこすると、今度はウイルスに感染します。人は1日何度も無意識に顔に手をやっています。極小のウイルスは、鼻や口、目の粘膜の細胞から侵入します。


ですが、いつでも洗面所に行け、石鹸で洗えるわけではありません。手洗い手を洗いたくとも、すぐに手を洗える環境や状況ではない場合は、消毒スプレーや消毒ジェルなどを利用して、手を消毒しましょう。外出先で体内に侵入してこようとするウィルスを、喉の機能で防御しています。
喉に留まったウィルスを体内に流さないようにすることと、喉に留まっているウィルスを咳やくしゃみでばらまかないように、帰宅したらすぐにうがい薬でうがいをしましょう。

手洗い石鹸での手洗いと、うがい薬でのうがいを徹底して行うことで、新型コロナウィルスになることを予防出来ます。

うがいは喉まで入ってきたウィルスを咽頭部分に拡散しないよう防御しています。
喉に留まったウィルスを咳やくしゃみでばらまかないように、鼻に拡散しないよう、帰宅したら口をすすいでから、喉をうがいしましょう。

手洗い石鹸での手洗いと、うがい薬でのうがいを徹底して行うことで、新型コロナウィルスになることを予防出来ます。



posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3502)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)