2020年04月12日

免疫力UP、ヒートプロテイン

外出自粛や在宅勤務で家にいる時間がたっぷりある今こそ、オススメのコロナ感染予防策があります。それは、お風呂に入るだけでストレス防御&免疫力アップが期待できる「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」。HPS研究の第一人者、伊藤要子先生にそのメリットを教えてもらいました。
世界中で猛威を振るっているコロナウイルス感染も、まさにストレスのひとつ。HSPを増やすことが、コロナに負けない体づくりにつながるのです。

<そもそもHSP(ヒートショックプロテイン)とは?>
「HSP (Heat Shock Protein=ヒートショックプロテイン)とは日本語では熱ショックたんぱく質と呼びます。
身体を構成している細胞は、普通に生活していても、加齢やストレスで傷ついてしまいます。それをせっせと直して元気にしてくれるたんぱく質がHSPです。体内にHSPが多いほど、ストレスに耐えられる強いパワーを持つことができます。さらにHSPには免疫増強作用もあります。


<HSPの効果をわかりやすく教えてください>
「少し前に、野菜の50度洗いがブームになりました。覚えていらっしゃいますか? たとえばレタスを50℃で洗うと鮮度を維持できます。
これは野菜を温めることでHSPが増えて、ストレスから身を守る力が増強されたから。これと同じ効果が人にも起きます。

ウイルスが感染した細胞を攻撃するリンパ球であるNK細胞やキラーT細胞を活性化することがわかっています。ちなみに、運動(有酸素運動を30分/日を1〜2週間)でもHSPは増えます。実際、免疫力を高めるHSP入浴法はがん患者さんの治療にも併用されています。
少し熱め&少し長めに湯船につかって身体の芯まで温めるだけ。
具体的には、40度なら20分、41度なら15分、42度なら10分。体温38℃を目指してお湯につかります。途中で休んでも大丈夫。

入浴後に、浴室で体の水分をしっかりふいて、靴下をはいて、部屋着を着て防寒してください。温かい部屋で10〜15分間は保温し、体温を37℃以上保つのがポイントです。細胞に熱がこもり入浴後1〜3日間はHSPが増加します。2日後がピークなので、週2〜3回のHSP入浴が理想です。大量の汗をかくので水分補給を忘れないこと。そしてくれぐれも無理しないように!」

世界でも日本人は座っている時間が長いという調査が出ています、筋肉の衰えを防ぎましょう。
こまめに『立ち上がって座る』を繰り返していると、1日100回はできそうです。塵も積もれば何とやらで、スクワット数十回分の運動量にもなるでしょう。立ち上がって用事を一回にまとめて済ませてしまうのではなく、こまめに分散させることで強制的に「立ったり座ったり」する時間を増やすこともできそうです。

ギリシャの心臓専門医が2019年に米国心臓病学会で発表した研究結果です(Sleep. 2003;26(2):117-26.)。
昼寝を終えたら、10〜15分、散歩に出かけます。特に何をするわけでもなく、ただぶらぶら歩くだけで、健康効果が得られるのです。 散歩で得られる効用としては、日光を浴びられること。日光を浴びると、体内でビタミンDが生成され、骨粗鬆症の予防になります。骨の材料は主にカルシウムですが、その吸着にはビタミンDが必要となるのです。また、日光によるビタミンDの生成は、風邪や呼吸器感染症(BMJ. 2017 Feb 15;356:i6583.)、肺炎、インフルエンザ(Am J Clin Nutr. 2010 May;91(5):1255-60.)などの予防だけでなく、がんの死亡率の低下にもつながります(BMJ. 2019 ;366:l4673.)」

ストレスは、血圧を上昇させます。そのタイミングでココアを飲むと言います。
ココアに含まれるポリフェノールには血管拡張の作用があり、血圧降下が期待できるとのこと (JAMA. 2007 Jul 4;298(1):49-60.)。
血圧が気になる方は、忙しくなってきたタイミングでココアや高カカオのチョコレートを食べることをお勧めされていました。ですから、高血圧を予防するためには、自分の血圧を目に見える形で表示し、 把握しておくことがまず大切なのです。血圧が高めで心配な方は、毎日、ご自宅で血圧を測定することをお勧めします。さらには、可能であれば、1日を通して24時間血圧を測定することで、何が自分にとってストレスになっているのか、血圧を上げている原因は何かを把握することができます」

D 歯磨きは1日4〜5回
「実は私は、1日に4〜5回も歯を磨いています。歯磨きやフロスによる口腔ケアは、風邪・インフルエンザの予防に役立つ(Int J Dent Hyg. 2007 May;5(2):69-74.)だけでなく、糖尿病や脂質異常症の対策にもなるという研究があるのです。これは、聖路加国際病院で2004年から2010年にかけて行った調査の結果です(BMJ Open. 2016 Jan 14;6(1):e009870.)。口の中を清潔に保つことは、体調不良にならない体を作るために重要なこと。ぜひ、まめに歯磨きをしましょう」歯の健康を保つことが、万病から身を守ってくれることもわかっているんですね。

大谷先生は、診察日には1日平均20枚ほどマスクを取り替えるそうです。
医療従事者以外の方はここまでこまめに取り替える必要はないかもしれませんが、「目安として1日4枚以上、外出時には取り替えてください」とのことでした。
posted by Nina at 00:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3742)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)