2020年03月31日

志村けんさんの死去

志村けんさんの死去(3/29)を受け、交流を深めた動物園「阿蘇カドリー・ドミニオン」(熊本県阿蘇市)の宮沢厚園長は30日、記者会見を開き「動物も私たちも、あの笑顔に引き付けられた。動物園の運営にも多くの助言やヒントをいただき、応援し続けてくれた」としのんだ。
志村さんは2004年から、テレビ番組の収録で園を訪れるようになり、特にチンパンジーのパンくんとプリンちゃんをかわいがった。「動物は、自分を心の底から愛してくれる人を見抜く。(チンパンジーは)別れ際、志村さんにしがみつき、後を追うほどでした」と宮沢園長は振り返る。
16年の熊本地震では集客が落ち込んだが、志村さんは「復興を後押しするからね」。仲間のタレントと一緒に訪れたり、園内の案内看板に無償で自身の写真使用を許可してくれたりした。地震から1カ月後には、動物用のおもちゃを持って駆け付けた。コント形式のチンパンジーのショーは、志村さんから多くのアドバイスを受け、人気を集めていったという。
「動物は遊んでいるようで、実は毎日働いている」との視点から、園では「楽しく働く動物園」との新たなコンセプトを柱にした運営に乗り出しているが、「こうしたらどう?」と、助言もしてくれたという。
志村さんが最後に園を訪れたのは2月末。疲れた様子もなく元気だったので、新型コロナウイルス感染による入院のニュースは驚きだった。
「本当にお世話になりました。天国でゆっくり休んでください」。宮沢園長は話した。


出典:西日本新聞(佐藤倫之)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)