2020年01月11日

ジョン・レノンが心癒した、5年間の日本滞在

ジョン・レノンの妻・小野ヨーコであることはよく知られることだ、彼が幼い息子ショーンと共に軽井沢などで日本体験をしながら東洋の文化に開眼したことは、やがて「イマジン」の俳句のような歌詞に昇華されていくことにも表れている。
下記は、ジョン没後10年の時期に放送された特集番組で、希少映像が紹介されている、日本語、歌舞伎までも興味をもったのは、日本人に魅力を感じるものがあったのだろう、軽井沢の万平ホテル、等などに彼の痕跡が残されて懐かしい。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3648)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)