2020年03月12日

行政の推進力、実行力となる「畳み人」

『「畳み人」という選択』プレジデント社 設楽悠介・著(幻冬舎「あたらしい経済」編集長)に次のようなことが記されていた。

ビジネスにおいて「突飛なアイデア」という大風呂敷を広げる経営者やリーダーを「広げ人」と仮に定義するならば、僕が本書で定義したい「畳み人」は、そうしたアイデアを形にし、着実に実行に移す仕事人のことです。リーダーに対する「名参謀」や「右腕」のような存在と言ってもいいでしょう。広げ人が仕事のアイデアをゼロから生み出す「0→1の人」だとすれば、畳み人はその1を10にも100にもする仕事です。

会社のポジションで言うと、CEOが広げ人でCOO(Chief Operating Officer)が畳み人、また会社内の新規事業であれば、プロジェクトリーダーが広げ人で、それをサポートして現場メンバーとリーダーをつなぐNo.2のポジションが「畳み人」というイメージです。

前日本代表・長谷部誠選手や現日本代表の柴崎岳選手を想像していただけるとわかりやすいかと思います。

具体的には社長やプロジェクトリーダーである広げ人の一番近くで一緒にアイデアを組み立て、実行するためのあらゆる戦略を練り、チームを組成し育て、社内外の根回しもして、その事業全体を牽引し成功に導くのが畳み人の役割です。

世間的には「アイデアを生み出した人がすばらしい」と、広げ人ばかり評価される風潮もありますが、僕はアイデアを生み出した人と同じくらい、いやそれ以上にアイデアをきちんと実行させる畳み人をすばらしいと考えています。有名なアメリカの経営学者であるピーター・ドラッカーもこう言っています。

“Strategy is a commodity, execution is an art.”
(戦略はコモディティであり、実行こそアートである)

仕事においてアイデアや戦略は消費されるコモディティ(日用品)のようなものですが、それを実行することはアートのように価値があるとドラッカーは言っているのです。この言葉を借りると、本来の意味で仕事の真価が問われるのは、「アイデアや戦略をいかに実現するか」ということ。アイデアは実行されてこそ意味を持ち、ビジネスでの大きなポイントになるのです。

^^^^^^^^^^^^^^^

「畳み人」は大風呂敷を広げたようなビジネスアイデアを、きちんとした形に畳める人というたとえを基にした造語だという。
実際、どんなにいいアイデアがあっても、それを実行に移さない限りそれは「絵に描いた餅」になってしまう。
著者の設楽氏は、元々、就職や転職などの人材情報サービス大手のマイナビに在籍していて、ウェブデザインなどをやっていたという。

確かに、トップリーダー、社長は大風呂敷を広げる。だが、それをまともに実行する人材がいないところでは、そのアイデアは永久に日の目を見ない。アイデアを実行するときに必要なのが、今の組織にはない技術や、仕組みや、テクニックの導入だ。
外部の会社からしたら当たり前のような、ちょっとした仕組みやテクニックがわかっただけで、話が大きく進むことはざらにあるからだ。
今の仕事を卒なくこなすばかりだと、新たな発想も生まれないし、現状維持すら望めず、停滞に陥りかねない。だからこそ、実行できる力、推進体制をどう組んでいくかが問われる。そうなると、行政の畳み人は副市長ということだろう。

新型コロナウイルスのような、対応してこなかったことにも責任をもって対処することが期待され大変だが、市内に感染者が出ていないことには、行政に携わる者にとって3月議会の最中に有難い。本日の市内中学校卒業式は卒業生と保護者のみで、在校生、来賓は会場に参列しない申し合わせになった。議会は18日に今年度予算案などを最終議決する。





posted by Nina at 08:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)