2020年02月03日

節分、豆まき、恵方巻

節分、豆まき、このごろは恵方巻が人気アイテムになってきている。
様々なお店やメディアでも取り扱われるようになったため、恵方巻きの認知度も拡大し、現在に至っています。

恵方巻きは関西の発祥で、有力な情報を時系列でまとめていたのを参考にすると・・・

1932年 …… 大阪鮓商組合が「節分の日に丸かぶり 恵方を向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる」と書いたチラシを配布。当時のチラシが「本福寿司」(大阪中央区)に残っていた。
1973年頃 …… 大阪海苔問屋協同組合が縁起ものだとチラシを、寿司屋に海苔を納める時に配った。大阪のデパートでも「幸運巻き寿司売り出し」と宣伝販売されていたらしい。
1977年 …… 海苔業界による街頭イベント「海苔祭り」が大阪・道頓堀で開催され、「節分の丸かぶり」を取り入れた「巻き寿司早食い競争」が行われた。これがマスコミに取り上げられ、全国主要都市の「海苔祭り」でも宣伝されるようになる。
1983年 …… ファミリーマートが大阪と兵庫で販売開始。
1989年 …… セブンイレブンが広島で恵方巻きの販売開始。翌年より販売エリアが広がり、95年には関西以西の地区、98年には全国エリアで販売するようになる。

恵方巻きの由来については、全国津々浦々に展開してきたコンビニ文化と相まって、宣伝が活発になり、バレンタインに次ぐ季節商品になってきた模様です。マンションでは豆まきも憚れ、恵方巻をお口に入れて福は内となるのが昨今のようです。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3346)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)