2020年01月12日

新春のTV番組

 長寿番組としても確立された「徹子の部屋」、1978年正月には長谷川一男(当時69才)が出演していた。 「ミーハー」という言葉は、実は林(本名・長谷川一男を使う以前の芸名)のファンのために作られたものだったという。二枚目俳優・林長二郎として松竹在籍時に美剣士スターとし大人気となった。 大映に移籍後も、トップスターであり続けた。300本以上の作品に出演。当時の女性が大好きな「みつまめ」と、「はやし長二郎大好き人間」を揶揄してできたのが「ミーハー族」という造語になったのだった。



 舞台やテレビドラマでも大きな活躍を見せており、晩年には宝塚歌劇『ベルサイユのばら』の初演で演出を行った。没後に、俳優では初の国民栄誉賞を受賞。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)