2019年10月23日

まつりごと

海外の人と話をしていると、結構、政治の話に なることもたくさんあります。
ところが、日本では、 なんとなく政治の話はタブーだったりする。

おかしい。
自分の国のことなのに。
自分たちに関係あることなのに。

でも、かつてのわたしも立候補などとは考えも及ばなかったが
出馬への決断、周囲からの了解、そして当選に向けての準備がいかに
大変なことか知ってみると、 政治なんてまったく無関心などと言わないで
一人でも多くの人が投票してくれるよう願いたい。
政治は無関心でいられても、私たちの生活に関係しているのだから
政治の成り行きを無視することは自身が不利になるということもある。

そこで、「どうしたら、楽しく政治に興味を持って もらえるか」
初当選以来、わたしの一大テーマでもある
なぜなら、我孫子ですら半数の人が選挙に足を運ばなくなってきた。

地域の課題が地元の議会・行政と関わっているのだから
みんなで考えようとの意識を持ってもらい、政治が生活に直結しているのだと
大事な選択なのだと、特に18歳の新有権者に棄権しないで投票所に行ってくれるよう
学校や地域で意識喚起して欲しい
posted by Nina at 15:53| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3300)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)