2019年06月13日

国際比較、日本の高齢者は現役世代

退職後の人生を楽しむためには、どこかで仕事の区切りをつける必要がある。もちろん働き続けることが、社会参加や生きがいづくりにつながり、健康維持などに役立つことも間違いない。アメリカでは「雇用における年齢差別禁止法」(The Age Discrimination in Employment Act of 1967)があり、40歳以上の労働者でも、年齢を理由に企業は従業員の採用・昇進などの差別や解雇を行うことができない。

日本でも、政府の未来投資会議は、希望する高齢者がより長く働けるように企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明している。働く高齢者を増やすことで人手不足を解消し、年金など社会保障制度の安定を図る考えだ。これまでも2013年に施行された改正高年齢者雇用安定法が65歳までの雇用延長を企業に義務付けており、定年を65歳まで延ばす企業も増えつつある。今後は「生涯現役社会」を目標に、さらに定年を延長する動きも出てきそうだ。

総務省『統計からみた我が国の高齢者』(平成30年9月16日)によると、60〜64歳では男性79.1%、女性53.6%、65〜69歳では男性54.8%、女性34.4%に上るというように日本の高齢者の就業率は、諸外国に比べると高くなっている。



posted by Nina at 05:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)