2019年05月07日

我孫子市周辺のごみ事情:ごみが有料、有料指定ごみ袋

全国都市家庭ごみ有料化実施状況(2018 年 4 月現在) 有料化都市数 469 市(単純従量制 444 市+超過従量制 25 市)
全国 814 市区(町村を除く)に占める比率 57.6%

@ 手数料の料金体系 手数料の料金体系には様々な方法が考えられるが、大別すると「排出量単純比例型」と「一定量無料型」に分類できる。
料金体系の設定にあたっては、ごみ減量効果、市民の分かりやすさ、制度 運用面等を考慮する必要がある。

A 他市の状況 有料化を実施している 457 市のうち、430 市(94.1%)が排出量単純比例型を採用している。
(東洋大学 山谷修作教授ホームページ「全国都市家庭ごみ有料化実施状況の県別一覧」(2015 年 4 月現在)による)

千葉県内においては有料化を実施している 20 市中 18 市が排出量単純比例型を採用しており、野田市と君津市が一定量無料型を採用している。
有料化.PNG

◆徴収方法
@ 標準的な手数料の徴収方法
手数料の徴収方法としては、手数料を含んだ指定袋の販売による方式と、ごみ袋等に貼り付けるシールの販売による方式の2つがある。

A 他市の状況
千葉県内では、有料化を実施している全ての市町村において「指定袋」方式を採用している。


・指定袋の個数(枚数)や大きさ(容量)によって、排出量を把握することが容易であること
・収集時において手数料が支払われた適正な排出かどうか確認しやすいこと

柏vs我孫子.PNG

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3497)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)