2019年05月05日

粋な計らい、コウノトリのカップルへ

 兵庫県豊岡市生まれのコウノトリのペア(4歳の雄と6歳の雌)が営巣していると話題になっている。昨年は、卵はカラスに持ち去られ、近くの畑で割れた状態で見つかって失敗だった。ペアは今年2月下旬に福井健坂井市内で行動をともにする様子が確認されるようになった。その後、テクノポートの鉄塔(同市)や福井市波寄町の電柱など、さまざまな場所に営巣し始めたが天然記念物のコウノトリが「感電やけが、または住宅での停電の恐れがある」として北陸電力はそのたびに撤去してきた。

 すると地域住民らの「地元に定着してくれたら」との声を受け、北電は「安全な形で巣を作ってほしい」と、電柱の頂上に枠を組むなど安全対策を実施。しかし、ペアは対策を講じた場所から移動して別の場所で営巣。こうした「いたちごっこ」を40回以上繰り返し、4月19日ごろになってようやく“安住の地”を定めた。ペアは高さ14メートルの電柱の頂上に枝などを集め、3日間ほどで十分な大きさの巣を作り上げた。

 北電は「巣を残してほしい」という集落の声を受け、同23日、集落一帯を一時停電にして変圧器を別の電柱に新たに設置するなど、電気系統を変更する作業にあたった。巣の近くに住む女性(67)は「一時的な停電は大変だったけれど、電気工事までしてくれてうれしい。ひな誕生まで温かく見守りたい」。集落の区長(69)は「子どもが減る中、勇気をもらっている。毎朝顔を見られて本当にうれしい。無事に子育てに成功してくれたら」と願った。

 住民によると、この集落周辺の水田は化学肥料や農薬の使用の減らす環境配慮型の農業を行っている。田んぼでは餌となるカエルなど生き物の鳴き声が響いており、2羽は近くの畑や田んぼで餌を食べているもよう。交尾する姿も度々見られ、最近では巣に伏せる様子も見られるという。
 
 県自然環境課はペアを刺激しないように、150メートル以上離れた場所から観察することや、巣を見上げないよう呼び掛けている。住民たちは「事故が起こることのないように、静かに見守ってほしい」としている。

 5月5日は「こどもの日」だが、保育園児の声がうるさいから開園反対だとか、小学生の登下校の声がうるさい、学童が校庭で遊ぶ声がうるさいなどと、ご近所が冷ややかな声を子供にも向けるようになってきている現代社会がある。今年も15歳未満の人口は、前の年より18万人減り、1,533万人で過去最少を更新した。総務省の推計によると、国内の子どもの数は、男の子が785万人、女の子が748万人と40万人近く女子が少ない。減少は、38年連続となる。

それだから、ひなの育つのを喜び見守る温かい地方があるのは嬉しい話です。
 


参照:福井新聞社 2019/05/05
posted by Nina at 11:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)