2019年04月29日

安倍首相、米大統領に皇室行事を説明

 スーパーボウルは米国内で1億人を超える人が視聴する米国の国民的行事。
 トランプ米大統領は、安倍首相が訪日を招請した際に新天皇即位について「スーパーボウルと比べて、日本人にとってどれくらい重要なイベントか」と尋ねた。これに対し、首相は米プロフットボールの年間王者決定戦スーパーボウルの「100倍重要」と答えたという。トランプ氏によると、この説明を受けて、5月の訪日を決断したと、ホワイトハウスでの首相との会談冒頭に語って明らかにした。トランプ氏は会話があった時期には触れなかった。このことによって、令和初の国賓としてトランプ大統領を迎えることになった。

メラニア.PNG
安倍昭恵夫人と米フロリダ州の博物館見学(2018 /4 (c)AFP)

 4月26日はトランプ大統領の夫人・メラニアの誕生日だったこともあり、安倍首相と昭恵夫人は26日夜(日本時間27日午前)、ホワイトハウスでトランプ大統領夫妻と夕食を共にし、この日に49歳の誕生日を迎えたメラニア夫人を祝った。昭恵夫人からはお茶と急須、湯飲みのセットがプレゼントされ友好的な遣り取りのうちに話が進んだと報じられた。

外国出身のファーストレディは旧宗主国イギリス出身のルイーザ・アダムズに次ぐ史上2人目で190年ぶり。身長178cmのユーゴスラビア出身の元モデル。トランプ氏の三人目の妻。 ユーゴスラビア内戦の影響(現スロベニアは旧ユーゴでは比較的安定していた)で故郷を離れて渡米。2001年にはアメリカの永住権を取得し、2005年1月22日に90年代に知り合ったトランプと結婚した。結婚式にはクリントン夫妻が主賓で出席した。翌年には息子のバロン・ウィリアム・トランプが生まれ、アメリカの国籍(市民権)を取得した。 2016年アメリカ合衆国大統領選挙に立候補した夫の応援演説にも立ち、この選挙で夫のドナルドが当選を果たし、ファーストレディの傍ら宝飾品や腕時計をデザインしている。 移民出身ゆえに夫ドナルドの移民政策を批判しており、政治的思想は夫ドナルドに比べてリベラルとされる。


参照:時事コム(4月27日)



 
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)