2019年02月28日

ドナルト・キーンさん逝く

24日に96歳で亡くなった日本文学研究者のドナルド・キーンさん、川端康成のノーベル文学賞事前選考に関わったばかりでなく、2人目の日本人として受賞することになる大江健三郎氏の海外翻訳のきっかけを作ったのも、他ならぬキーンさんである。フランス、中国など10の言語を操った天才が何かに導かれるように日本語を選んでくれたのは、私たちにとっても「幸運」だったとしか言いようがない。

親しい友人らの間では震災のずっと以前から「日本人になりたい」との思いは知られていた。「ワタシの目は青くありません。茶色なんです」。両目を見開いたキーンさんが私をじっと見つめたのは、日本国籍取得を法務省に申請していた頃だ。

 「ずっと外国人と見られてきましたが、ワタシ、日本人です」。審査が遅々として進まない状況に珍しくいらだちを隠さなかった。日本文学国際化のパイオニアとしての自負がそう言わせたのかもしれない。 ついに日本国籍を取得できたのが東日本大震災の時と重なったのだという。

 生涯独身を貫いたが、晩年は養子に迎えた文楽三味線奏者の誠己(せいき)さんとの幸福な日々を過ごした。既に自宅隣の弘法大師ゆかりの寺に「キーン家の墓」を建ててある。「黄犬(キーン)」という言葉遊びで、黄色い犬の“家紋”が目印。最期までユーモアを忘れない人だった









の新著が4月上旬、刊行される。多くの著作を残したキーンさんは、死の直前まで幾つかの書籍の出版計画を進めていた。多彩な研究・評論分野を物語るように、死後初めての一冊はオペラの魅力を伝える単行本だ。


 タイトルは「ドナルド・キーンのオペラへようこそ!われらが人生の歓び」(文芸春秋)。若い頃から米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に通い詰め、オペラ通としても知られたキーンさんのインタビューや作品論、観劇記録などを収めている。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)