2019年02月15日

スーパームーン観察区域、千葉ならOK

通常に見られる満月(新月)よりも大きくて明るく見えるという「スーパームーン」が2月19日の夕方から20日の明け方にかけて見られます。元々は、占星術で注目される現象でしたから、NASAのサイトでも地球と月の距離が◯km以内の満月という明確な定義はされておらず、これまでの傾向から、概ね月と地球との距離が36万km以内の新月をスーパームーンとしているようです。

2月のスーパームーンは1月にも見られましたが、先月よりも地球と月の距離が近いため、2019年で最も大きく明るく見える満月となります。時刻は19日から日付が変わってすぐの0時54分ごろ。今のところ19日(火)〜20日(水)の空の状態は、低気圧が西からやってくるため、全国的に天気は下り坂の予想です。低気圧の影響が少ない沖縄や、曇りだすタイミングが遅い関東や北日本ほどスーパームーンを見られる可能性は高いと予測されています。

我が家には、スーパームーンのようなまんまる顔の新生児(05:59生)がママの里帰りと共にやってくることに✨😃✌
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)