2018年09月14日

住宅都市として、投資先になる選択肢も考えてみる

一般的に、分譲マンションは賃貸マンションと比較して設備が充実していて住みやすい。賃貸マンションは「オーナーの収益性」を重視して設計され低コストに建てるのに対して、分譲マンションは住み手へのアピールを促し購入させる目的があるため、「住む人の居住性」を重視して設計されます。


マンションを購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。分譲マンションによっては、住宅ローンの月々の返済額が賃貸マンションの家賃と大きく変わらないものもあります。賃貸の家賃と大きく変わらない負担でマンションを自分の資産にすることができるのは大きなメリットでしょう。

一人暮らし用のマンションは都心に多く、価格が下がりにくい傾向があります。売却する場合も買い手がつきやすく、賃貸に出しても借り手が見つかりやすいというメリットもあります。マンション購入によって、「住む」以外にも、将来的に「貸す」、「売却する」という3つの選択肢を選べるようになります。

posted by Nina at 16:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)