2018年08月26日

女子水泳、日本勢初の6つの金メダル@ジャカルタ

ジャカルタ・アジア大会第7日(24日、インドネシア・ジャカルタ)競泳の女子50メートル自由形決勝が行われ、池江璃花子(18)が午前中に行われた予選では25秒09を記録し、全体1位で決勝進出。決勝では50メートル背泳ぎで世界新記録を出した劉湘(中国)との一騎打ちを見事に制して24秒53で優勝し、6冠に輝いた。日本勢史上初となる1大会で最多の六つ目の金メダルを手にした。

 池江は、23日に女子400メートルメドレーリレーに第3泳者で出場。3分54秒73の日本新記録を樹立し、5個目の金メダルを獲得した。1大会5冠は1970年バンコク、74年テヘラン大会で競泳女子の自由形などで連続5冠に輝いた村山(旧姓西側)よしみさん以来、日本勢44年ぶりの快挙を成し遂げていた。

 池江はレース後「本当に優勝できるとは思っていなくて一番緊張しました。絶対に負けたくないっていうのと、『負けるか!』っていう気持ちで泳いでいました。六冠を達成できてうれしいです。タイムは良くはなかったですけれど、自分の力を出し切れたので良かったです」と満面の笑みで答えた。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)