2018年11月12日

進化する内装リフォーム

住宅の壁はかつては左官屋さんが塗り壁を施すというのであったが、今はクロス貼りとなっている場合が多い。10年〜15年くらいで貼りかえるほうが良いと業者はいうが、値段もそれなりにかかる。剥がした壁紙は、廃棄物処理などのコストがかかる。

そこで、クロスを貼り替えない、廃棄しないエコなリフォームを考えた壁紙革命を起こした会社があった。コストはクロス張替より4割ほど安くなり、新品同様に現在のクロスを染色してリフォームを考えた。



クロスの寿命は15年〜20年と言われています。クロスが寿命以内であれば、貼り替えと大差ない仕上がりになる、その施工をしてくれるエコメイトが我孫子にもある。頼んでみると、これから人の集まりが多くなる年末年始が明るく過ごせそうだ。ネット検索で、連絡してみて、詳細を聞いてください。

posted by Nina at 21:26| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)