2018年07月23日

真夏の夜に、涼しい我孫子だった


23日は、熊谷(埼玉)で41.1℃と、5年ぶりに国内最高気温の記録を更新した。東日本は6月下旬から気温の高い状態が続いている。西日本でも、7月9日頃から気温のかなり高い日が続き、太平洋高気圧の圏内となり、記録的な高温となっている。気温の高い状態は、今後さらに2週間程度は続くとして、気象庁は熱中症などの健康管理、農作物や家畜の管理等に十分注意するよう呼びかけている。
.
 7月中旬の平均気温は、関東甲信は平年差+4.1℃、東海は+3.6℃、近畿は+3.4℃、中国は+3.1℃と、1961年の統計開始以来、7月中旬としては最も高くなった。この記録的な暑さは、8月上旬にかけても続く見込み。

 
水辺に囲まれた気温は他の場所と少しは違うものでしょうか。
我孫子市と柏市を挟んで手賀沼があり、さらに我孫子の場合は北側には利根川があります。
水が蒸発する際に、周囲の熱を奪うと言われ、手賀沼のような地域の一方の側に沿うよな水辺であれば、多少なりとも涼風を送ることがあるものなのかもしれません。下記のブログで全国の7月15日の時点における最低気温の列挙をしたなかで、我孫子は25度を割っている地区にリストされています。熱帯夜に唸るなっどは、これまでの我孫子では都心より絶対的に少ないと感じられていたことです。これって、今後はどの街に住むか、夏をエアコンを消しても、窓を開けて寝ると夏はそれだけで涼しい、うっかりすると寝冷えするから肌掛け常備という、都心ではありえない有り難いことだったと、この夏、思い出しております。この夏は異常です (*_*;

https://ameblo.jp/201102241530/entry-12390884714.html
posted by Nina at 18:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)