2018年07月01日

文化歴史の積み重ね、守られた魅力を伝える:世界遺産登録22件目

6月30日、バーレーンの首都マナマで開かれたユネスコ世界遺産委員会で、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産への登録が決まった。今回の決定で、 日本の世界遺産登録は6年連続で、22件目になった。

 新たな世界遺産は、日本に現存する最古の教会である長崎市の「大浦天主堂」や熊本県天草市の「天草の崎津集落」など12の資産で構成されている。 「潜伏キリシタン関連遺産」は、17世紀から19世紀、主に江戸時代にキリスト教が禁止される中、ひそかに信仰を続けた「潜伏キリシタン」と呼ばれる人々の歴史を物語るもの。厳しい弾圧に耐えながらひそかに信仰を続けた原城跡や大浦天主堂など、12の資産で構成されている。 長崎県・中村法道知事:「世界の宝物となったわけですので、それぞれの地域の方々は、大きな誇りを持っていただき、しっかりと次の世代に引き渡していくことができるよう、私たちは全力を注いでいかなければならない」。 熊本・天草市民は、「10年余り待ちに待った遺産が決定した、来た人に喜んでもらうように決意しています」などと話した。

 弾圧に耐え、守り抜いた信仰の足跡が構成資産の一つ「外海(そとめ)の出津(しつ)集落」と「外海の大野集落」がある長崎市外海地区でかくれキリシタンの信者組織の代表、村上茂則さん(68)は「世界に誇れる遺産として認められた。先祖も喜んどると思う」と語る。組織の指導者「帳方(ちょうがた)」を務めた家系で、07年に継いだ。かくれキリシタンは禁教令が解かれた後もカトリックに復帰せず、潜伏期の信仰形態を維持した人々。「先祖は弾圧を受けても信仰が間違いではないと信じて続けてやってきた。必死になってつないできたものを途絶えさせたらいかん」 と、今も長崎県内に組織が残る。村上さんの「組」は近隣の二十数世帯、50人ほどで減少する一方だが、「命ある限りは守っていくつもり」だという。世界遺産の構成資産は禁教期のもので、「かくれ」の文化は含まれないが、登録決定は祈りの言葉「オラショ」とともに先祖に報告する。脚光を浴びることには複雑な思いもあるが、「これまでやってきたように静かに祈る。それは変わりません」。

 一方、世界自然遺産への登録を目指していた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部と西表島」については、登録が延期されることになった。

  今年2月、長崎県ブルーアイランズプロジェクトのナビゲーターに就任した福山雅治は、日本一の数を誇る594もの島々の魅力を発掘し、独特な風土、歴史、美しさを県内外に伝える取り組んでいる。福山は、故郷からのオファーを快諾し、5月上旬には構成資産の一つである五島列島の「久賀島の集落」も訪れていた。福山は「様々な歴史を知ることでこれからの人類の平和にも繋がっていく。今回の世界遺産登録は、そのきっかけを与えてくれることになるのではないでしょうか」と期待を寄せた。長崎市出身で被ばく二世であることを公表していた。ラジオでは以前から何度かそのことに触れていたが、2009年8月9日放送の『福山雅治のSUZUKI TALKING F.M.』ではその日が長崎原爆の日であることから、「父はもろに被爆した。母も厳密に言えば被爆しており、僕は被爆2世ということになる」と発言した。なお、その父は福山が高校2年生の時に癌のため亡くなっている。福山は高校を卒業して市内で半年働いたが、シンガーに成ろうと状況したのだという。POPシーンばかりでなく、俳優としても大活躍を見せ、一方でカメラマンとしても注目される。今後は長崎の島々の魅力伝道師として「僕の故郷は日本一の島の県」 と歌いついでいくことだろう。

 バレンタインデー前に発表される『恋人にしたい男性有名人ランキング2014』で福山雅治は前年の2位から首位返り咲きとなった。その年の2位には、若手俳優【福士蒼汰】がTOP10初登場で2位に付ける急上昇の勢いは『あまちゃん』(NHK総合)で知名度を高め、その前年の大活躍、特にドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)で披露した“壁ドン”に世の女性陣が悲鳴。流行語大賞になるほどのムーブメントとなった。ほかの上位ランキングを振り返ってみよう。やはり嵐の人気ぶりは凄まじく、【相葉雅紀】(3位)を筆頭に、【松本潤】(6位)、【大野智】(同率7位)、【櫻井翔】(8位)、【二宮和也】(9位)と全メンバーがTOP10にランクイン。それらを押えて存在感を見せつけたが、9月に結婚を発表して所属プロダクションの株価が暴落、女性たちの間では”福山ロス”なる現象が起きたほどの40歳を過ぎても長きに人気が高いのである。
posted by Nina at 07:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)