2018年03月28日

天皇皇后の11回目の沖縄訪問

天皇皇后両陛下は、27日から3日間の日程で沖縄県を訪問し、沖縄戦最後の激戦地、糸満市や、与那国島を訪ねられます。那覇空港に到着すると、そのまま沖縄戦最後の激戦地、糸満市に向かわれます。そして、18万人以上の遺骨が納められている「国立沖縄戦没者墓苑」で白菊の花束を供えて戦没者を慰霊し、集まった遺族らに言葉をかけられる予定です。

2日目の28日は、日本の最も西に位置する与那国島を初めて訪れ、島固有の与那国馬や伝統芸能の踊りなどをご覧になります。

最終日の29日は、沖縄本島の豊見城市で、沖縄が発祥の地で、2年後の東京オリンピックの実施競技になった空手の演武などをご覧になります。

両陛下の沖縄への訪問は、平成26年、戦時中に撃沈された学童疎開船「対馬丸」の犠牲者の慰霊などのため、沖縄本島を訪ねられて以来で、4年ぶり11回目になります。両陛下は、先の大戦で20万人以上が犠牲になるなどした沖縄の苦難の歴史を思い、毎回、戦没者の慰霊や遺族などとの交流に臨まれてきました。

来年4月の天皇陛下の退位を前に天皇皇后として最後になると見られる今回の沖縄訪問でも、最初に犠牲者の慰霊に臨むことになっていて、改めて平和への思いを表される旅となりそうです。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3653)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)