2018年02月05日

あびこんを結ぶ「アイバス」の運行スタート、平日6便

 我孫子市の観光拠点「水の館」とJR天王台駅を結ぶ巡回バスの運行がスタートしました。水の館には去年6月に、農産物直売所や農家レストランが新設されて以降多くの市民が訪れる賑わいの拠点となっていますが、平日にはこれまで公共交通機関がなく交通アクセスの改善が課題となっていました。

 我孫子市で1日から運行が始まった「アイバス」です。天王台駅北口を起点に水の館や市役所などを結ぶ循環バスで、土日祝日を除き1日6便が走ります。利用料金は、1回の乗車あたり大人200円、子ども100円です。
I.JPG

 1日のセレモニーでは、星野市長が「アイバスの運行で交通利便性が向上し、水の館の活性化に繋がる」と期待を寄せました。また、バスを運行する今井タクシー社長も、「市民に寄り添い末永く愛されるバスにしたい」と意気込んでいました。



参照:チバテレ(千葉テレビ2日放送)
posted by Nina at 01:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)