2017年08月29日

「Jアラート」での対処

 北朝鮮は29日5時58分頃、同国西岸から弾道ミサイル1発を北東方向に向けて発射した。電車に乗っている場合には、「Jアラート」(全国瞬時警報システム)により電車はが車しため、遅延の影響がでていた。今回、ミサイルは北海道の襟裳岬の上空を通過し、6時12分頃に襟裳岬の東約1180キロ・メートルの太平洋上に落下したとみられる。政府によると、日本の領土への落下物は確認されておらず、迎撃措置は取らなかった。まだ船舶や航空機への被害は確認されていない。政府は発射直後、1道11県の北海道・東北などの住民に「Jアラート」を通じて、避難を促していた。

 ミサイルが発射された場合、Jアラートの警報がテレビで放送されたり、国民保護ポータルサイトに登録の場合にはメールで接するなど状況は多様です。我孫子市HPでもその対処を5月の時点から「弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について」及び「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」等を掲載している。それぞれが、どう対応すべきか、自分で考えて、臨機応変に行動することが求められる。

 こうしたクライシス・コミュニケーションは、数分の時間との闘いで対処することになる。5分程度、もしくはそれ以内で、うまく対応行動をとれるか、その時間は数分にすぎない。その数分間でどうやって自分の身を守ることができるか、一人ひとりが事前に考えて備えることが求められ、運に左右されているとも言える。
 
7月4日には、 北朝鮮北西部から弾道ミサイル1発を発射し、また、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発にも成功したと発表した。ミサイルは約40分間、約930キロ・メートル飛行し、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。緊迫化する北朝鮮情勢を踏まえ、ミサイルが日本に落下する恐れがある場合、避難を促す全国瞬時警報システム「Jアラート」による警報音が鳴らされることになっている。

 その警報を耳にしたら、私たちは、どのように行動すればいいのか。危機管理に詳しい福田充教授に解説していたので要点をご紹介します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 Jアラートを管理・運営しているのは消防庁です。
 Jアラートによる緊急情報は、防災行政無線の屋外スピーカー、屋内個別受信機のほかに、ほとんどの携帯電話・スマートフォン、国民保護計画で指定されているテレビ放送やラジオ放送で流れます。

 自宅や職場の周辺で、防災行政無線の屋外スピーカーが聞こえる環境にあるかどうかは確認すべきです。Jアラートの警報を聞くことができなければ、万一の場合に必要な行動が遅れてしまう可能性があります。自宅や職場にJアラートの個別受信機がない場合は、自治体が発信するJアラートの携帯メールを受信できるよう事前登録を勧めます。

 ミサイルが発射されてから、Jアラートで住民に情報伝達されるまでに、もし5分かかったら、関東の場合、住民が避難するために残された時間は約2分しかありません。。想定される弾頭の可能性は、爆弾による通常弾頭、核兵器、化学兵器、生物兵器などがありますが、可能性が高いのは通常弾頭と核兵器です情報伝達に、もし8分かかったならば、ミサイルが着弾した後にJアラートの警報が鳴るという最悪の事態も考えられます。たとえ、Jアラートの警報が間に合ったとしても、対応行動に残された時間は長くても2、3分程度だと覚悟しておいたほうがいいでしょう。電車の場合は、車内アナウンスなどで車内で待機することを求められます。地下鉄であれば、核ミサイル攻撃の被害からも守られる可能性が高いため、落ち着いて待機することです。

 つまり、屋外にいるより、近くの頑丈な建物内に避難するほうが良いでしょう。そして、その建物に、地下施設があれば地下階に向かうことが大切です。地上にいるよりは、地下鉄や地下街にいるほうが安全なのです。屋内にいる場合は、破損する恐れのあるガラス窓から離れてください。

 飲食店が多い繁華街では、火災が発生する可能性もあります。炎や煙から身を守ることも考えなくてはなりません。煙を吸って一酸化炭素中毒になることを避けるために腰を低くしながら、口をハンカチなどで覆って冷静に避難することが大事です。


 もし、屋外にいて、周りに建物や身を隠すところがなければ、身を伏せ、持っているカバンなどで頭を守ることが大事です。子供と公園で遊んでいるなどの場合、近くに頑丈な建物やビルがなければ、公園のトイレや倉庫、小さい建物、身を隠せるぐらいの大きめの遊具があれば、そこに逃れるには役に立つでしょう。放射性物質や熱風から身を守るため、遮蔽性の高い場所に避難することで、爆風や熱風が体を直撃することから身を隠すことで生存の可能性は高まります。


参照HP:読売オンライン(7月14日)
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170712-OYT8T50006.html?page_no=4
 発射を最初にキャッチするのはアメリカの早期警戒衛星です。この衛星には高感度の赤外線センサーが搭載され、発射の際に放出される1000度を超える熱をとらえることができます。

 この衛星の情報をもとにおおまかな発射場所や発射の方向などが割り出され、追尾が開始されます。
海上自衛隊のイージス艦は日本近海に展開、追尾を行います。高性能レーダーで上空500キロ以上の大気圏外を飛行するミサイルをとらえる能力があり、万が一、日本国内に落下する場合「SM3」という迎撃ミサイルで撃ち落とすことができます。自衛隊はイージス艦と各地のレーダーサイトで、発射後、日本に向かうことがないか監視することになっています。一方、東京の防衛省などにPAC3の部隊を展開させ、イージス艦が撃ち落とせなかった場合は航空自衛隊の地上配備型の迎撃ミサイル、PAC3が地上近くで迎撃します。

 航空自衛も高性能レーダー「FPS5」を備えた国内各地のレーダーサイトで追尾を行います。このレーダーは青森県むつ市、新潟県佐渡島、鹿児島県下甑島、沖縄県糸満市の4か所に設置され、1000キロ以上離れた場所で発射されたミサイルを、上昇を始めた早い段階からとらえる能力があります。

 迎撃した際には、北朝鮮は宣戦布告とみなすという宣言をしています。
ただ日本の上空を通過する場合は、落下のおそれがないと判断した場合は迎撃ミサイルを発射することはないということです。

 アメリカ軍や自衛隊の情報は東京のアメリカ軍横田基地にある航空自衛隊航空総隊司令部に集約され、飛行コースや落下地点の解析が直ちに行われます。
posted by Nina at 08:44| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3540)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)