2017年08月21日

顔のツヤが大事

最近の化粧はツヤメイクというのがあります。顔のハイライトの部分に明るいパールパウダーを乗せて、顔にツヤ感を演出するというものです。どうも、観相学上からもそれなりの理由があるようです。運が向く、好感を持たれるには、手を尽くすのはいいことだと思うので、ちょっとご紹介です。

観相学、藤木相元 『運の作り方開き方』PHP文庫

顔には、その人の運がすべてあらわれ、そのときどきのツキの有無までわかります。こういった観相学を修めた人ではなくとも、毎朝、自分の顔を鏡でチェックするという習慣をつければ、どんな人でも運を見る目が養われます。 肌の色つやがいいねえ、などとよく口にしますが、この色つやが顔を見るときの一番のチェックポイントになります。いい状態、つまり運が向いているときは、まず顔のつやとなってあらわれます。

つやはその人の勢いをあらわすものですから、額がテカテカしていれば、ひじょうにいい運が向いてくる状態になっていると思っていいのです。これは、単に脂肪が浮いただけではテカテカといった光は帯びないのですぐにわかるはずです。ためしに、いま勢いのある政治家や財界人の顔をよく見てみればわかります。まず例外なく、顔に光を帯びています。

このつやは人の心に正直で、気持ちが「明」ならば、ホクロまでつやつやしてきますし、「暗」になっていれば消えてしまうのです。 「水もしたたるいい女」と、昔の人はつやのある女のことを表現しましたが、これは、人間の体の三分の二を占める水分をエネルギーとして燃やして発散するほど、恋でも仕事でも心の動きが活発である人ということです。

生きのいい人のことを「みずみずしい」というように、まさしく水がつやとなってあらわれているわけです。
したがって、心にハリのない人はつやもなく、しぼんで見えるということです。ですから、自分の顔につやがないと感じたら、朝、太陽を呑み込み、鏡のまえで笑うということを毎朝続け、明の体質づくりを心がけることがだいじです。 自分の顔をつやのないまま放っておくのは、みすみす運を逃がすようなものです。




posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
日記(3540)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)