2017年06月14日

魅力あるまちづくり      〜ランキング第1位の文京区〜

文京区は「住んで幸せな街ランキング」で一位となっています。そこで、32回目となる文京青空ガレージセールを見学(5/14 )してきました。柳町小学校周辺の路上で250店近くが出店する区内最大級のガレージセールだそうです。通りを通行止め にして開かれるため、交通整理もして、車が通らないので小さいお子さんも安心な歩行者天国のようです。

先着順で出店者がきまり、区画割は抽選になります。大勢が参加希望するセールなので、売れ行きのいい場所確保となると倍率が高いのだそうです。因みに、柳町小学生の生徒も参加するブースもあって、「いっしょうけんめい作りました。買ってくださーい」などと、お店屋さんごっこのような呼びかけを市ながら、手作り品を売っていました。写真はガレージセールの入り口にあたる部分で、中心部にいくと結構な込み合いですが、こちらもカメラを向けるよりは、見て回るのに夢中になってました!

2017051409060000.jpg

2017051409070000.jpg

不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクストが、2016年11月17日(木)、社内シンクタンク「HOME’S総研」による『本当に住んで幸せな街ランキング』を刊行し、そこで一位となったのが文京区でした。http://toyokeizai.net/articles/-/159749?page=2

ガレージセールを見て回りながら、何やらその理由が分かる気がしてきました。モノを大事にしながら、学校を核に、地域の連携が継承していることが32年も続いてきた、通行止めにして行う行事は、マンパワーが必要です。老若男女、多くの参加者が集まるリサイクルが昭和の後半から続いてきていた。地域のつながり、ママたちのパワーが集まって、子供も元気なまちづくりがされている感じがしました。

『HOME’S』では、人の五感という、これまでにない尺度で都市の魅力を考えることを提案したレポートを発表したところ、反響が大きかったので、調査研究レポートを新書という形で刊行しということでした。 その中には「自分にとって本当に幸せな都市はどこか」、「住んでいる都市をより魅力的にするにはどうしたらいいか」を改めて考えるさせる内容に編集したそう。駅から近くて便利というだけではなくて、魅力を有したまちかどうかも重視されてきているということです。翻って、自分たちが住む街はどうなのか考えると、「住んで幸せな街」だと主張できるようにしたいし、そうならないといけない。なぜなら、若い世代は、スマホで住む街を選ぶ時代になっていくからです。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3390)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)