2017年05月13日

ドイツ人禅僧、『今日を死ぬことで、明日を生きる』

 先月、念願の座禅に参加した。我孫子の東源寺の境内で、毎月一度座禅会をしていると知人が教えてもらってから、ずいぶん経ってからだったからで、気候としてはベストシーズンだ。 
http://www17.plala.or.jp/tougenji/syakyouzazen.html

 日本仏教に魅せられたドイツ人禅僧、ネルケ無方は、日本人は世界一宗教にこだわりがないと言う。おかげで日本には宗教間の対立がほとんどない。日本人同士は宗教のことでいっさい喧嘩をしない。
仏教と神道が争うことはない。キリシタンの禁制はあったが、いまの日本人はキリスト教を否定しない。
つまり、日本人は無意識のうちに、日常生活の中で「禅」の教えを実践している。キリスト教と仏教の違い、欧米と日本の宗教観の違いを分析しながら、日本人が宗教とどうつきあっているのかを解明する

 新刊『今日を死ぬことで、明日を生きる』が発売された「。死が怖いというのであれば、怖いで結構。怖くて死ねないという人はいません。怖くても、人はちゃんと死ねるのです」と説く。

そもそもお釈迦様は、生きることは即苦しむことと言い切ったのです。(一切(いっさい)皆(かい)苦(く))
「いまを生きる」ということは、「今日が自分の最期の日になるかもしれない」と思って生きるということです。そうすることで、今日という日を、自分の人生の中で最善の一日にすることができるのだと訓える。

もし最善の一日ではなかったとしても、それなりに自分で頑張ったならばそれでいい。次の日こそ自分の最期の日、次こそ最善の一日にしようと思えばいいのではないか。過去を振り返り、過度に後悔する必要はないと諭す。

 2014年、安楽死した米国人女性が話題になった。末期の脳腫瘍で余命半年と診断されたこの若い女性は、婚約者もいながらのこの選択は、世界にも報道されました。 医師から処方された薬を飲み、自ら死を選んだわけで、世界に衝撃を与えました。安楽死を認めていない国が多いなかで、認めているのはヨーロッパではスイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの4カ国、アメリカではオレゴン州など4つの州のみ。日本でも安楽死は法律上では認められていない。

人は誰でも死んでいくときの痛みや苦しみから逃れたいと思う。「もし寝たきりになったら、安楽死を選びたい」と思う人も多いのでしょう。仏教的に考えると、死をそのまま受け入れるのが一番の安楽ですから、痛みがあるとしても、そのまま受け入れられるとされている。

だから、名僧の良寛さんは、「災難にあう時節には、災難にあうがよく候そうろう。死ぬる時節には、死ぬがよく候。これはこれ、災難を逃るる妙法にて候」と言っています。災難にあったときは慌てず騒がず災難を受け入れ、死ぬときがきたら静かに死を受け入れる、それが一番との安楽だというのです。

むしろ、安楽死は、痛みを否定しようとする思いからきていますから、すでに安楽ではありません。つまり仏教の立場では、苦しみから逃がれるために、薬を飲んで死ぬというのは安楽と言いません。実際に、もし末期がんになり、ものすごい痛みを感じるときは、痛み止めを欲するかもしれませんが、安楽死は選択しないつもりだとネル無方は語っている。

2002年より現職。曹洞宗「安泰寺」堂頭(住職)。
 ベルリン自由大学日本学科・哲学科修士課程修了。
 1968年、ドイツ・ベルリンの牧師を祖父に持つ家庭に生まれる。
 16歳で坐禅と出合い、1990年、京都大学への留学生として来日。
 兵庫県にある安泰寺に上山し、半年間修行生活に参加。1993年、出家得度。
「ホームレス雲水」を経て、国内外からの参禅者・雲水の指導にあたっている。

.
参照:5/12 BESTTIMES 文/ネルケ 無方
posted by Nina at 08:22| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)