2017年04月08日

さくらの春は観光推進の柱のひとつ

日本人が古くから親しんできたサクラの花見の季節は、ビールメーカーや飲料・食品メーカーにとって稼ぎ時。さらに近年は訪日外国人客の観光の目玉として人気を集めている。観光庁によると、2016年4月の訪日外国人数は208万1697人で、夏休みの7月(229万6451人)、中国の国慶節がある10月に続き年間3位(213万5905人)。また、16年の訪日外国人客の旅行消費額を見ると、花見シーズンの4―6月は9534億円で、7―9月の9716億円に次ぐ規模。メーカー各社の営業にも力が入る。

花見需要に関心を寄せるのは、ビールメーカーばかりではない。緑茶飲料大手の伊藤園は主力商品「お〜いお茶」で、サクラパッケージの期間限定商品を発売。濃い茶や絶品ほうじ茶など他商品でもサクラパッケージを展開。日本さくらの会が選定した“さくら名所100選の地”を紹介している。「花見も緑茶も日本人の習慣というイメージが強い。販売増につなげたい」(同社)と意気込む。

 明治は“おつまみ”や“弁当”に着目。酒を飲むと塩味が強い食品を食べたくなるのは、アルコールの利尿作用で塩分が体外に排出されるため。同社の「明治北海道十勝スマートチーズ」はうまみ成分を強めて、少ない塩分でも塩味を感じられ、「ヘルシーなおつまみでお勧め。花見期間中、ホームページでスマートチーズ活用レシピを公開している」(同社)。

 夢の街創造委員会(大阪市中央区)が運営する出前総合研究所では、スマートフォンの高度化を背景に花見客による出前注文が増えている。花見客への出前は、客のいる場所がわからない、代金でトラブルがあるというイメージが強かったが、全地球測位システム(GPS)の発達や「出前業者がクレジット決済サービスを導入しているため、スマホ決済できる利用例が増えてきた」という。
.
ソメイヨシノはサクラの栽培品種の中では比較的丈夫で、悪環境でもよく育つ
ソメイヨシノ最長130年、手入れ次第で長生き

 観光立国日本を目指す上で強力な武器になっているサクラだが、代表的品種であるソメイヨシノについては一部で「病気に弱い。寿命も一般的なサクラより短く、全国の花見名所が近いうちに一斉に枯死期を迎える」との意見や“60年寿命説”といった情報が流布されている。これについて、森林総合研究所多摩森林科学園の桜担当チームは、「まったくの誤解」と指摘する。「ソメイヨシノはサクラの栽培品種の中では比較的丈夫で、悪環境でもよく育つ。最長樹齢も130年と長く、手入れ次第で長く伸ばすことも可能」(同チーム)。

 サクラにはソメイヨシノ以外の品種としはエドヒガンザクラ、大島桜、旭山(あさひやま)、関山(かんざん)、鬱金(うこん)、御衣黄(ぎょいこう)などがある。エドヒガンザクラはソメイヨシノより開花日が早く、旭山や関山は八重咲きで大輪の花が特徴だ。大島桜の花は白色、鬱金や御衣黄などは黄緑色に近い。このほか、シダレザクラや個別の栽培品種などもある。多摩森林科学園は「花見の名所にソメイヨシノが多いのは事実だが、最近は多様化も進んでいる。京都は比較的ソメイヨシノが少なく、北海道や沖縄はソメイヨシノが育たないので他の品種を栽培している」と解説する。

 政府は先月28日、2017―20年度の観光立国推進基本計画を閣議決定した。16年3月に策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」を踏まえ、同ビジョンの数値目標である、訪日外国人旅行者数4000万人や訪日外国人の旅行消費額8兆円などを取り込み、目標達成のための施策を盛り込んだ。また、16年12月に成立した統合型リゾート(IR)推進法を受け、必要な法整備の検討を進めることを新たに明記した。

 この計画では20年までに、古民家を観光の核として再生、活用する取り組みを全国200地域で推進するとした。また、農村に観光客を呼び込む「農泊」をビジネスとして確立できる地域を全国で500地域創出。地方への観光客の流動を促進する施策を強化する。一方、大都市における観光施策では、夜間に観光ができないという訪日外国人の声を受け、伝統芸能や芝居、コンサートの開始時間の後ろ倒しや、美術館や博物館の夜間開館を推進する。 

posted by Nina at 21:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)