2017年03月02日

首都圏の保育園待機事情

「保育園落ちた日本死ね」から1年、待機児童問題の深刻な状況が続いています。首都圏では今年4月の入園を希望した人のうち、3人に1人が「保育園に落ちた」ことがわかりました。

 JNNは、保育所不足が深刻な首都圏の自治体を対象に、認可保育所への申し込み状況などを独自に集計しました。その結果、今年4月の入園へ向けた1次募集の申込者数は、回答があった27の自治体全てで、去年を上回りました。申込者の合計は9万7800人で、去年から7209人、およそ8%増加しています。自治体別で増加率が特に高かったのは、東京・中央区や目黒区、千葉県・市川市や千葉市などでした。

 一方、募集の結果について回答があった20の自治体では申込者7万9937人に対して、入園が内定した児童は5万3085人にとどまりました。内定率はおよそ66パーセントで、実に、3人に1人が「保育園に落ちた」ことになります。内定率が最も低かった江戸川区では申込者2962人に対して、内定は1370人と46パーセントで、最も高かった葛飾区でも78パーセントでした。

 各自治体で受け皿の整備が進む一方、申込者の増加に追いつかず、都市部では依然、保育所不足が続いています

出典:JNNニュース
posted by Nina at 17:19| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3397)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)