2017年02月23日

韓国、ドイツ、日本の意識のずれ

イギリスBBC放送が行っている世界16カ国とEUを対象にした“国家イメージアンケート”が参考になる。
全25カ国を対象にした2013年の同アンケートを見ると、日本人の韓国に対する評価は、肯定派19%、否定派28%。意外にも、どちらでもないと考えている層が過半数を超えており、“嫌韓層”ともいえる否定派は、2割台にすぎなかった。では、2013年で最も韓国を否定的に評価した国はどこか。否定派65%のドイツである。
世界一、韓国を嫌う国・ドイツに比べると、韓国否定派が25カ国中13位という日本は、それほど韓国嫌いとはいえなそうだ。その次が、韓国否定派が約5割のフランス(47%)やメキシコ(45%)、4割のカナダ(41%)やイギリス(40%)と比較すると、日本人の韓国に対する評価は、相対的に悪くないのだ。

そこで、常に日韓関係はぎくしゃくしながらが、ドイツをはじめとした世界の嫌国意識からしたら、「それほど仲が悪いわけでもないのに…」と冷めた目で両国を見ているかもしれない。という、ネットオピニオンが目に入って、興味深かった。
http://s-korea.jp/archives/4255/5

その記事は、2016年1月ミュンヘンのスターバックスの店員が、韓国人女性が注文したドリンクのプラスチック製カップに、目の細い人を描いて提供したということが韓国ネットコミュニティーで問題になったことも書紹介していた。もっとも、「目の細い人」というのは、東洋人を蔑視するニュアンスがあるので、たまたまお客が韓国人だったので日本人女性であっても同じ目に遭遇した可能性もある。それ以前にも2011年7月、ドイツのマグデブルクに住む韓国人女性が2人の子どもを連れて遊園地に向かう途中、ドイツ人女性からタバコを投げつけられるという事件もあったのだと加えていた。日本人の女性は大騒ぎせず去るかもしれないが、その韓国人女性が抗議すると、そのドイツ人女性は彼女を殴打した。さらに大声で「目が小さい!」と叫びながら、韓国人女性の首を絞めたという。当然だが、そのドイツ人女性は逮捕されている。実は、当方はサンクトぺテルブルグで、こちらが東洋人だとみて、道の向こう側からキツイ目線で突然に非難されたことがあった。Euのベルギーにおいても、なんだか空気が思い感じをうけたら、ISのテロがおき、パリでも爆破事件など、有色人種に対する面白くない思いが鬱積しているのだろうかと、案じた。


ドイツ留学経験を持つある韓国人が、自身のブログで、「ドイツの人たちはとても秩序があり、規則的。それに比べて韓国人は、無秩序で、ラフな人が多い。私たちは、我の強い国民性をどんなときでも堅持する。さらに、自分たちの非を直そうとしないから嫌われていると思う」と、その理由を分析している。

また、韓国のネット民たちは、「韓日ワールドカップで韓国がドイツと対戦した際、“ヒットラーの子孫たちは去れ!”というプラカードを掲げたことを根に持っているのでは」「ロンドン五輪のとき、ドイツのフェンシング選手のフェイスブックに、韓国人がサイバー攻撃をしたことが原因」などと憶測している。

しかし、ドイツの韓国嫌いには、もう少し複雑な社会背景があるという見方もある。ドイツ在住のある日本人女性は、こう話す。
「ドイツの知人らの話を総合してみると、一つは、韓国企業がドイツ経済に影響を与えているという点にあると言えます。“経済至上主義”に映る韓国企業のイメージは、ドイツではあまり好まれません。もう一つ挙げるとすると、分断国家であるということ。統一を果たしたドイツにしてみれば、分断状況にあるコリアには“何か問題がある”という印象を持つ傾向があります」

そもそも韓国は1960年代、ドイツの協力を受けて経済発展を実現し、1990年代後半IMF経済危機に陥ったときも、ドイツに大規模な経済使節団を派遣してもらった過去を持っている。それが昨今、グローバル事業を展開する韓国企業が増え、ドイツの輸出業を脅かしているというのだから、ドイツからすれば恩を仇で返されたように映るのかもしれない。

ドイツと韓国は世界的に見ても輸出依存度が高い国家であるため、経済面での対立は容易に想像できる。
また先述の通り、朝鮮半島が分断状況にあるということも、イメージが悪い一因だという。

韓国は戦後補償問題について日本を非難する際、「日本に比べて、同じ敗戦国のドイツは……」と、ドイツを例に挙げて議論することが多い。前出のBBCアンケートでも、韓国人のドイツ否定派はわずか8%にすぎず、肯定派が76%にも上っている。韓国人は非常にドイツを好いているのに、ドイツはまったく逆という“片想い”が起きており、なんとも皮肉だ。

果たして、ドイツ人は日本人が思うほどは、日本を好きではなかもしれない・・・・。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)