2016年11月02日

九州場所でGO!

大相撲秋場所で全勝で初優勝した大関豪栄道(30)=本名・沢井豪太郎、大阪府寝屋川市出身、東京都足立区の境川部屋は、11月13日初日の九州場所(福岡国際センター)で豪栄道が綱とりに挑む。

 前場所では、負け越せば大関から陥落するカド番で迎えていた。「勝ち越さないと、というプレッシャーはあった。勝ち続けると精神的に余裕ができて、逆にそれが集中力につながった」という。横綱白鵬が足のけがで休場し、綱とりの稀勢の里が早々に優勝争いから後退すると、代わって主役に躍り出た。相手を一気に持って行く持ち味に磨きがかかり、初優勝の重圧は「プロやからね。注目されなければ意味がない」と強気な発言ではねのけた。11日目の稀勢の里に続いて鶴竜、日馬富士の両横綱を破り、殊勲につなげた。大阪出身力士として86年ぶりに優勝し、初の栄冠を手にした。綱を手にする九州場所が期待される。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)