2016年09月25日

田園教育文化都市、市民会館閉鎖から9年

あびこ市民活動ステーション・我孫子市・我孫子市民活動ネットワークが事務局となり、開催に向けて三者が一体となったイベント「市民のチカラ」は25日3時まで、我孫子駅南口の「けやきホール」で。ブース展示や舞台での発表を中心とする「あびこ市民活動メッセ」と講演やパネルディスカッションなどの企画を行う「我孫子のこれからフォーラム」を行っています。

ひとつひとつ見て回ったら、それぞれの団体の皆さんから興味深いお話を聞けました。市民の長年の取り組みが、我孫子のチカラなになってきたのだなと興味深いものばかりでした。中でも、新聞で取り上げられた、市民会館再建連絡会の展示は目を引きました。すでに9年の月日が経って、検討ばかりで判断も進まずにいることには、今回の総務企画常任委員会の審議でも無所属の議員から強い意見が出て、執行部に反省が求められたところです。時を同じくしての新聞報道もあって、田園教育文化都市を標榜する我孫子の進むべき道を決めるべき時がきています。市幹部職員からは、市民委員会などでも意見を聞き、決めていきたいとの答弁があったのですから、この「市民のチカラ」の展示がひとつの機会に契機になって早急に対応が進むといい。

CIMG1840.JPG
posted by Nina at 21:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)