2016年08月28日

我孫子市浸水防止工事の助成制度のご案内

都市型水害といわれることが増えてきました。河川堤防のそばでなくとも、大雨により住宅、店舗、事務所、駐車場等に浸水被害を受けることも珍しくありません。そのため、浸水被害の軽減を図るために行なう浸水防止工事に助成がされます。

助成の対象となる経費
(1) 給湯器、エアコン、温水器等の設備機器のかさ上げ工事(機器本体の交換を除く。)
(2) 駐車場のコンクリート、砂利等によるかさ上げ工事
(3) 建物基礎部のかさ上げ工事又は敷地の盛土工事
(4) 玄関先、店舗内、事務所内その他の室内外の床面のかさ上げ工事
(5) 住宅等(この要綱の施行の日以後に設置された地下又は半地下方式の駐車場を除く。)、の出入口又は敷地内に防水板その他浸水を防ぐ設備の設置工事(設置工事に伴う内外壁の防水措置、コンクリート布設、ブロック積などを含む。)
(6) 敷地内への浸水を防ぐためのブロック壁の設置工事その他改修工事
※ 販売目的で所有する建物又は土地に係るものを除く。
※ 自己において浸水防止工事をした場合は、使用した物品及び資器材の購入に要した費用とする。

助成対象となる工事の経費(対象工事が複数ある場合は合算)の2分の1で、30万円を限度

工事実施前に助成申請手続きが必要です。
年度内に浸水防止工事の完了が見込まれること。
(ただし、工事などの状況により2年間を限度に継続して行なうことも可能。この場合も1年目に実施した分と2年目に実施した分の合計は、30万円が限度)
助成を受けた年度の翌年から3年間を経過すると新たな申請ができます。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)