2016年08月25日

24日に閣議決定<慰安婦支援>財団へ10億円拠出へ

 政府は24日、韓国政府が元慰安婦を支援するために設立した「和解・癒やし財団」に対する10億円の拠出を閣議決定する。複数の政府関係者が23日、明らかにした。日韓の懸案だった慰安婦問題の解決に向け、速やかに手続きを進める必要があると判断した。24日午後に岸田外相が尹外相と会談し、伝達する予定。

 日韓両政府は昨年末、韓国の財団設立と日本の資金拠出を柱とする慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で合意。韓国政府は7月末に財団を設立していた。両政府は今月12日、財団の事業内容について大筋で合意しており、日本政府は閣議決定を受けて10億円を速やかに拠出する。

 財団の支援は元慰安婦や遺族への一定額の支給を軸に検討するが、日本政府は1965年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みとの立場で、医療や介護などを目的とした支援を想定している。


出典:
毎日新聞 8月24日【田所柳子】
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3505)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)