2016年08月12日

中国船、領海での切迫した事情

中国漁船が11日、沖縄県石垣市の尖閣諸島沖の公海上で、ギリシャ船籍の貨物船と衝突した。ようやく中国は、翌日になって漁船沈没の遭難者を日本の海保が救助して、無事に送還させたことを報道し、中国当局も賞讃したというのが報道された。相変わらず中国は海域沿いで、多数の漁船を出して目に余る不信行為を繰り返してきていた。不信行為に対して、紳士的に国際法を護っている日本の善意にたいして行動を改める中国に変わって欲しいものだ。

日本の外務省は6日にも、東シナ海の尖閣諸島(中国名:魚釣島)の接続水域で中国の漁船約230隻と海警局の船6隻を確認し、中国側に抗議したと発表していた。これほどの多くの中国漁船が同接続水域に入るのは異例。海警局の船のうち、3隻は武装していたという。

外務省のアジア大洋州局長は同日午前、在日中国大使館の公使に対し、領海内に入らず、接続水域からも退去するよう求めた。さらに、一方的に緊張を高める行為だとして強く抗議した。

日本が中国に抗議をするのは2日連続。前日は中国の漁船と海警船が同時に尖閣周辺の日本の領海内に入ったとして、外務省の事務次官が中国大使を呼んで抗議した。

尖閣諸島をめぐっては、日本側は領土問題は存在しないとの立場を取る一方、中国側は領有権を主張している。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3397)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)