2016年07月15日

千葉で集中豪雨

 関東地方では15日、上空に寒気が流れ大気が不安定となり、千葉県では局地的に大雨が降った。我孫子市では、市内我孫子北地区の計雨測所で午前11時前後に1時間に約81ミリの猛烈な雨が降ったと見られる。冠水多発地区の一か所、若松の住民より連絡を受けて、水があがっているのでいざという時の対処を急げとの警告を受けて取りあえず現場に向かった。午前の明るい時間帯であった事と比較的はやく雨あしが弱まってきたことで、住民は落ち着いた対応だった。何軒か様子を聞いて歩いたが、高齢者が多い地区でもあるため、状況を把握するために役所へいくと、市内各所でのデータを集計中だった。中でも我孫子北近隣センター 雨量計で 一時間81.5記録していたと、報告がきた。 瞬間では100ミリを超えたという事だった。 
やはり、このところ異常気象です。隧道、二か所 通行止としたと言う話であった。
CIMG1623.JPG

 その後、市では午後2時半に災害対策本部を設置、被害調査班11班体制で状況を把握し、更に午後6時45分に二回目の対策本文会議開催予定とのこと。

 気象庁は数年に1度の大雨だとして「記録的短時間大雨情報」を出した。千葉県警によると、市原市では15日午前、沿岸部を中心に約50カ所で道路が最大50センチ冠水した。
posted by Nina at 17:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3505)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)