2016年05月08日

蕎麦を味わう@我孫子

GW最後の日曜日となりました。爽やかな五月晴れ、日中はちょっと暑いくらいでした。
海津にいなは、結構、蕎麦&うどんは好きです。

近所のつくし野の「そば玄」は我が家から至近で、夏を乗り切る必須アイテム「ごまうどん」が特に好きです。事務所に来る人ごとに、食べさせて「おいしいでしょう?」とコメントを求めて、頷いてくれるので、また来た人にも食べさせたくなります。どうぞ、海津事務所に来た時には、ご一緒に。出前注文は一つからOKと言ってくれますが、それはちょっと気が引けますから、ね。秘伝のゴマだれには、胡麻の他に、クルミだとかも擂り混ぜて絶妙の味わいです。胡麻もクルミも健康にいいのですから、夏バテが吹っ飛びます。冬場は温かくして頂けます。病みつきになる美味しさです。

DCIM0321.JPG

DCIM0325.JPG

DCIM0328.JPG

天王台の大村庵は、車も止めやすく、量も納得できるので、色々、美味しくいただいてます。
ゆあーず隣のそば店は、かつての選挙事務所の近くだったのでそれ以来、良く行きます。
南青山のよもぎ庵は、かなり住宅街からも離れたところにある、料亭のような店構えの蕎麦&うどん店です。
上記写真は、入り口と店内で撮りました。
他に、若松の巴庵もさっぱり、上品なお味で、休日にお邪魔してます。

ご近所の自治会の方と蕎麦行脚で新木までドライブしたり、下記は南青山のよもぎ庵です。カレーうどんはかなり辛めで、注文した人は食べきれませんでした!?

CIMG1348.JPG  CIMG1345.JPG 2016013112140000.jpg

香川県に視察にいって、うどん県との理由がわかってから、愛郷精神とはこういうものかと恐れ入ったことがありますが、讃岐うどんで「ぶっかけうどん」を知ってから、歯ごたえがダントツな讃岐ブランドを選んでいます。

そして、我孫子駅周辺ですと、お気に入りの「きみ吉」に、よく行きます。下方の写真は、店に貼ってあった”かもーん”南蛮のご案内チラシ。つい食べるのに夢中になって、写真を撮るのを忘れてしまう訳です。連れて行った人は、たいていおいしーい、と言ってくれます。 おなかが空いて、駐車場が入りやすかったので、初めて入った時に、お得感のランチセットでえび天丼とせいろ(960円)と漬物が。えび天の揚げ方とタレが絶妙で、カリとしてて、プリッと美味しい!!!!! で、そう、あまり待たせない、頃合いで出てくるところも嬉しい。また、今回も食べてしまってから、チラシだけを撮影となりました・・・。 更に、気に入っている理由は、お店のBGMが、ジャズってこと。蕎麦とジャズの取り合わせが新鮮であり、細長い店内だがなかなかお洒落な雰囲気、卓をたくさんにしてないけど、なんだか入りやすく、座りやすい。お店の人が愛想がいい、しかし、何処が蕎麦屋なのかわからないような長ーい暖簾、看板もかけてないのに、回転良くこなしている。奥に座敷があって、ご自由にどうぞという仕掛けで、なんと蕎麦懐石もメニューにある。ご予約で4人以上、4000円前後のコースだとか。まだ、この上に未体験ソーンがあるのですが、4人以上の蕎麦好きと行ってみたいです!?

この近くには、三谷屋さんも、色々なメニューが、どれもお酒に合って、おいしーい。気さくなお店で好きですが、ちょっとお一人様では入りにくい感じかな。至近距離でありながら、それぞれ共存共栄で美味しいってことですね。

そして、南口は、なんといっても 弥生軒。ここに関しては、我孫子駅で立って食べるのが正統ですが、当然、時計をみながら、頂きますが、おつゆが美味しいので、結構いただきます。オタクとまではいかないが、レアな体験として、イベント会場で座って「唐揚げそば」を食した事もありました。立って食べても、座って食べても、デカイ唐揚げながら、さっぱりとしていて、唐辛子を振って、完食(ただし、シングル)、いつも通りの量なのに、通常価格より50円お安かったのもサービス精神の弥生軒のいいところです。

布佐の金むら、も美味しかった覚えがあります。もう一度行ってみたい蕎麦店です。

5月は、議員による委員会視察があり、地方に行く機会がありますので、そうしたところでもしっかり「おもてなし」の味を研究してこなくてはと思います。


posted by Nina at 11:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)