2016年01月15日

自民党内からも批判続出、発言撤回

TBS系(JNN) 1月14日(木)20時6分配信
 自民党の桜田義孝衆院議員が、党の外交部会などの合同会議で、慰安婦問題について、「職業としての娼婦、ビジネスだ」などと発言しました。この発言を受け、与野党や海外から批判が相次いでいます。

 「昨年の暮れから今年にかけて、例えば韓国との間、状況は様変わりしてきた。いい方向に動いてきた」(自民党 原田義昭衆院議員)

 日韓関係について「いい方向」との評価も出た。自民党の外交関連合同会議。しかし、カメラが退出した後、出席していた桜田義孝衆院議員から慰安婦問題について、驚くべき発言が出ていたのです。

 その後、衆議院の本会議場から姿を現した当人は・・・
 Q.発言についてどのようにお考えですか?
 「・・・」(自民党 桜田義孝衆院議員)

 自らの発言について説明することなく、足早に国会を後にしました。

 「お互いの感情をですね、逆なですることがないように、結果が出てくるように、我々の言葉遣いに注意をしている」(安倍晋三 首相・12日衆院予算委)

 慰安婦問題で敏感な反応を見せる韓国世論を念頭に、安部総理大臣も細心の注意を払う中でのこの発言に、政府、与党からは・・・
 「不適切な発言であったと。発言を取り消す。そのようにしてほしいと(桜田氏に)言った」(桜田氏と共に会議に出席した衛藤征士郎衆院議員)
 「自らの発言について、政治家は自らが説明責任を果たす、そこは必要だ」(菅義偉 官房長官)
 与野党から批判が相次ぎ、桜田氏は発言を撤回するコメントを出しました。
 「誤解を招くところがありましたので、発言を撤回させていただきます。ご迷惑をおかけしました関係者の皆様に、心よりおわび申し上げます」(自民党 桜田義孝衆院議員)

 桜田氏の地元では・・・
   「今微妙な時期なので、もう少し慎重に発言してほしいですね。撤回すればいいってものではないですけど」

 桜田氏の発言に対し、韓国外務省の報道官は・・・
   桜田氏の発言を「愚かな妄言」と一蹴し、「日韓合意が着実に履行されるような雰囲気作りが重要」と強調しました。(14日23:13). 最終更新:1月15日(金)10時4分

千葉8区の国政を預かる方として、残念な報道となってしまいました。
やっぱり、どうしても政治家には女性蔑視の発言、古い体質を是とするような発言が男性に多い。それなりに、歴史の観かたはあるけれど、未来指向、女性の地位をしっかりとさせてこそです。
クオーター制などの方法で女性の議員を多くするなど、世界標準に日本の政界を変えるように市民、国民も声を発してほしいと、千葉に在住しているだけに思うところです。



posted by Nina at 11:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)