2015年11月23日

農作業の一端を知る 

20日(金)、メーリングリストに来ていた要請で援農ボランティアに行ってきました。勤労感謝の本日、その報告がてら書いてみます。

今回は臨時募集は五人で増田農園からの依頼でした。援農ボランティアの研修を数か月受講した人たちが登録制で、通常はボランティアに行ける日を前もって申請します。海津にいなは、その第10期生として研修を修了。時折このような臨時募集も、最近はメール配信で目にするようになり、臨時募集に参加するケースが多くいです。

海津にいな以外は男性でしたが、男女関係なくできる作業でした。話を聞くと、研修を受けなくとも見学のつもりで、知り合いを誘うなども出来るようです。ともかくせっかくの我孫子暮らしなのですから、農業体験ができるのはなかなか得難いと思います。野菜から発せられる精気が体にたくわえられる感じが、なかなか良いですよ。皆様もどうぞ、トライしてみてください。

雨が降ってしまい、ハウス内のトマトの枯枝を抜いたり、レタスの苗を定植したりしたほか、途中からは予定していた野外作業でナスの枯枝を引き抜くこともやりました。

なんと、山盛りの野菜と新米までお土産に頂きました。予想外の収穫(?!)に一同感嘆の声、また来ま〜す 
 

ところで、ネット検索をしてみたら、農業に楽しいファッションも取り入れようとの夫人の発案で安倍首相と農業振興に一役との記事がありました。最近は山ガールの次の農ガールが人気になりそうだとか・・・
アグリート.JPG 出典:産経ニュース 7月26日

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3497)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)