2015年10月31日

「ありがとう」はマジックワード

小林正観 『ありがとうの神様』(ダイヤモンド社)

朝起きて、ベッドから降りる前に「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう…」と100回言ったとします。すると脳は、混乱します。起き抜けで「ありがとう」を言いたくなるような現象が起きているわけではないのに、「どうして『ありがとう』なのか」がわからないからです。そして、合理的な理由や説明がないと不安定になって、「ありがとう」の理由を探そうとします。

「天気がよくて、嬉しい」「朝ご飯がおいしそうで、嬉しい」「お味噌汁に三つ葉(四葉?!)が入っていて、嬉しい」と、目にするものに対して、「ありがとう探し」をはじめます。先に「ありがとう」を100個言っておくと、「ありがとう」の現象がないのに、現象を一所懸命探そうとするようなのだと脳科学でも解明されてきているのです。

脳は、先に口にした言葉に対して、不条理・不合理を認めず、合理的な事実に当てはめて解釈しようとする働きがあるからです。 反対に、朝起きたときに、「つらい」「悲しい」「苦しい」「つまらない」「嫌だ」と20回言ったとします。すると脳は、それも合理的な理由を探しはじめます。

「どうして今日は雲ひとつないんだ。暑くてしかたないじゃないか」 「頼んでもいないのに、朝ご飯が用意されている、パンを食べたかった」 「味噌汁の具はどうして豆腐なんだ。ネギがはいってない」と、あらゆるものに「つまらない」「嫌だ」もしくは「つらい」「悲しい」「苦しい」「の原因探しがはじまります。

「ありがとう」と言いたくなるような現象が起きていなくても、まず、「ありがとう」を言う。一日中「ありがとう」と言っていれば、脳はずっと「ありがとう探し」をするわけですから、「ありがとう」に満ちあふれながら一日を終えることができるという好循環にいられるでしょう。

小林正観さんは、「喫茶店で、心の中でどんなに強く『コーヒーが飲みたい』と思っていても、『紅茶ください』と言ったら紅茶が出てくる」という。また、心の中で、「この人はとっても嫌いだ」と思っていても、出てくる言葉が「ありがとう」だったら、相手も感謝されていると思う。だから、心で考えるより、言葉の方が何十倍もすごい力を持っているということ。

宇宙の原理として、「投げかけたものは必ず返ってくる」。 先に「ありがとう」を言う人が得をするようです。英語でも、母親はこどもにThank you を言い忘れないように、”Magic word”っと掛け声するそうです。魔法の言葉を何回言える日になるか、この週末の過ごし方でトライしてみてください。

どうぞ皆様にもいいことがたくさんありますように      海津にいいな

posted by Nina at 08:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)